2015.10.10-11 前穂高岳北尾根中止
- 2015/10/12(Mon) -
前穂高岳北尾根を計画し、奥又白池まで行きましたが雨天の為登攀を中止しました。
10/9 21:00大阪発~01:20平湯
10/10 05:40アカンダナ~06:30上高地~08:50徳沢~13:30奥又白池
10/11 7:10奥又白池~10:00徳沢~12:00上高地~20:30自宅

※帰宅してから調査した所、10/12の槍ヶ岳や穂高山荘は積雪があり視界が悪く登山が困難な状況で殆どの人が下山されたようです。また、岳沢小屋の情報では、小屋より上部は行かないように規制されていました。

<報告>
Kさんから、事前のヤマテン情報を頂き、登攀日に当たる二日目、三日目は積雪を伴い、稜線では強風となり大荒れとなるとの情報でしたが、当日の私は仕事が忙しくメールも良く見ていませんでした。Hさんと合流すると「中止の連絡がないのでひとまず来ました。」と言うことで私も安易に考えていましたがHさんの意見でピッケルとアイゼンを装備に急遽追加する。
平湯に着き、どうするか相談する。日帰りの焼岳も考えたが、ひとまず行ける所まで行こうと実行に移す。アイゼン、ピッケルを装備しアカンダナを出発、明日の天候が悪い為か、三連休にしては上高地は混雑もなく静かでした。まずまずの天気の中、徳沢に着く。事前の調査で奥又白池の水場が枯れているとの記事があったので徳沢で一人当たり3リットルの水を担ぐこととする。ずっしりとザックが重くなった所でパノラマコースの分岐を目指す。今年は既に涸沢の紅葉も終わっているようで徳沢から少し上がった所の紅葉が綺麗だ。松高ルンゼを左手にみながら破線ルートの奥又白池を目指す。いきなりの急登、Ⅱ級程度の岩登りも出てきて、喘ぎながら登高していく。
徳沢から約4時間、奥又白池に着く。本来なら今日中に5・6ノコルまで行くつもりだったが、明日の悪天も考え、A沢を登高するプランも考慮し、この日は早々にビールを飲み18時前には完全に就寝した。そして深夜未明、雨が降り出す。
 
10/11
予報では早朝からミゾレの予報だったが雨なので行動不可と考え、12時間も継続して寝てしまう。Hさんと最近は2人で行動する事が多いが、普段2人とも睡眠時間は少ないのだが山では途中起きる事もなく12時間も連続して寝れるという特技を身に付けてしまった。6時起床、雨は止む事無く降り続く。よく見るとテントが浸水していた。テン場は水はけが悪いようだ。積雪ならA沢を登るつもりだったが、天気予報では明日は強風を伴うと言う事で早々に撤退を決める。びしょびしょのテントをザックに掘り込み中畠新道を下降していく。地図には熟達向けと記載されている通り、一般登山道より難易度が高い。慎重に下り3時間足らずで徳沢に着く。徳沢に着くと、雨にも関わらず沢山の人が居た。さすが登山の前進基地。ここから上高地までの2時間は普段と変わらず大勢の人一緒に歩く、行く人、帰る人。みんなこんな雨の中、何処に行くのであろう?12時、上高地。ゆっくりお土産を買い、温泉に浸かり、飛騨牛を食し、渋滞もなく、20時すぎに自宅に戻る。


奥又白池は小説「氷壁」の舞台でもあり、クライマーにとってのベース基地。そして何よりも静かで雰囲気がいい場所だ。ロケーションは最高で、眼の前に前穂高岳北尾根の岩峰が聳え、三本槍や、開けた梓川側には常念山脈が穏やかに連なっている。いわば天上の楽園の感じでゆっくりと時間を過ごせたのはクライマーにとって贅沢な時間だった思う。
20キロ近い荷物を担ぎ、いいトレーニングにもなったし、今後のルートも確認出来たので次回はしっかりと登攀をしたいと思うのであった。

s-2015.10.10-11 奥又白池 062

10/10 上高地、昔より入浴施設が多くなったと思う。インフォメーションでは、3分100円のシャワーなんてのもありました。
s-2015.10.10-11 奥又白池 002


河童橋からの穂高の紅葉
s-2015.10.10-11 奥又白池 003


明神岳
s-2015.10.10-11 奥又白池 015


Hさんはいつもの通り 徳沢園でソフトクリーム(寒くないのかなぁ?) 横尾方面に行く大勢の人を横目で見ながら人気の少ない新村橋を渡りパノラマコースに入ります。中畠新道分岐あたりの黄葉の紅葉が綺麗。
s-2015.10.10-11 奥又白池 031


中畠新道に入っていきます。青色が松高ルンゼ、赤色が正規の道。(少し分かりにくい)
s-2015.10.10-11 奥又白池 033


振り返り、梓川を見下ろすと紅葉が綺麗。
s-2015.10.10-11 奥又白池 037


北尾根の岩壁が迫ってきます。
s-2015.10.10-11 奥又白池 041


後方に常念山脈
s-2015.10.10-11 奥又白池 044


奥又白池手前で 5・6ノコルへのルートを確認する。記録をみればおそらくこの赤色のルートあたりだろう?
s-2015.10.10-11 奥又白池 049


池に着いた。テントが3張、のちに全員で8張となる。
s-2015.10.10-11 奥又白池 057


早く着いたのでウロウロしてみる。
後方は常念岳
s-2015.10.10-11 奥又白池 061


水場を確認しにいく、なんだ~水が流れる! ここまで5リットル以上を担ぎあげたのに・・・
s-2015.10.10-11 奥又白池 064


我々もテントを張る。
s-2015.10.10-11 奥又白池 069


s-2015.10.10-11 奥又白池 071


10/11
昨夜はアルコールがよく回り、12時間も睡眠してしまった。雨の為テントも浸水してきたし撤退を決め早々に下山する。
徳沢を過ぎ とぼとぼと歩いていると・・・・珍しい動物に出会う。タヌキかと思いきや後で調べたら ニホンアナグマでした。
s-2015.10.10-11 奥又白池 083

そして河童橋へ
s-2015.10.10-11 奥又白池 092


いつもの あんき屋でお肉を食べて帰りました。
s-2015.10.10-11 奥又白池 096

この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2015.10.04 蛇谷ヶ峰ハイキング | メイン | 2015.10.04 六甲縦走路ハイキング>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/415-c2ef464f
| メイン |