2015.10.10-12 妙高山・火打山/ピークハント
紅葉登山 参加者5名
10/9  大阪21時30分に集合。新潟目指して名神、北陸道をひたすら走る。
担当者は今回片方の目の調子が悪く、女性方に運転して頂く。到着が遅くなると駐車場、テン場が一杯になるのが心配だったが、女性方の上手な運転で順調に5時過ぎに笹ヶ峰登山口の駐車場に到着。既に多くのの車が入っていたが、問題なく駐車出来た。

10/10 6時まで車の中で一時間弱仮眠し、7時出発。登山口からブナや白樺の樹林帯。紅葉していて大変美しい。
十二曲がり、富士見平経由で、11時前には高谷池ヒュッテに着くが心配が的中し、テン場は既に一杯で全く張るスペースが無い。
小屋の受付に行ってロープの外に張っても良いか聞くと、別のスペースを教えて頂いた。正規のテン場から少し登った所で平坦で水捌けも良い。大混雑の湿った正規のテン場より遥かに快適である。テントを張りサブザックで火打のピークハント出発。
天気も良く、荷物も軽く、紅葉も美しい。山上の庭園のような美しい天狗の庭で記念撮影。火打山頂13時30分着。
山頂からは黒姫、戸隠、北アルプスも見渡せる。明日登る妙高も堂々と佇んでいる。
テン場に戻り、火打登頂を祝って乾杯、楽しい宴会が始まった。

10/11 夜半から激しい雨。起床予定の4時になっても降っている。4時半頃に起き出してゆったり朝食を頂く。
トーストにバナナとかを載せたの物で、パサパサせず食べやすく大変美味しい。色々な新しい料理が食べられて幸せである。
しかし雨は止まない。六時半頃にやっと雨が止んだので、素早くテントを撤収する。正規のテンバは泥でぬかるみ、酷い状態になっている。テントの撤収も大変なようだ。 出発が7時過ぎと予定より一時間余り遅くなったが、「妙高にも登るぞ!」と気合を入れて
黒沢池小屋に向けて出発。小屋で不要な荷物をデポし妙高目指し8時30分出発。美しい黒沢池を眼下にしながら、登っていく。稜線に出ると少し風が有りやや肌寒い。11時に妙高山頂着。朝起きた時は雨で無理かもと思ったが、雨も止み、登れて大変嬉しい。黒沢池小屋に戻り荷物を回収し下山開始。時折青空も見える。ぬかるんでいるところも有り、ゆっくり歩いて、笹ヶ峰登山口に17時到着。雨に打たれた後の紅葉はひときわ美しかった。 
笹ヶ峰でテントを張る事もできるが、濡れた状態でテントを張るのも鬱陶しいし、とにかく温泉に入ってさっぱりしたい。検索してもらうと20~30分程の所に温泉が有るので笹ヶ峰を後にする。なかなか良い温泉で着替えて奇麗さっぱり。
あとは今晩のテン場を探すだけ。コンビニで酒類を補充し、走りだすと、すぐに快適なテン場を見つけれた。 時刻は既に20時前になっており、お腹も減っていて、これから食事は作るのも大変なんで、レストハウスで食事する。テントに入り、打ち上げの乾杯。目標の2座にも登れ、温泉にも入れて、なんとも幸せな気分。10/12はベンチでゆったりと朝食作って頂き、大阪に向け出発。
富山のSAで鱒の寿司を買い、福井のSAで海鮮丼を食べて、渋滞にも遭わず15時前に大阪到着。 
火打、妙高とも百名山に相応しい名山でした。遠方の百名山2座を登頂でき、楽しい秋の連休となりました。 
                    
s-mi3636.jpg


s-mi111.jpg


s-mi444.jpg


s-mi101010.jpg


s-mi202020.jpg


s-mi3333.jpg


s-mi3534.jpg


s-mi4545.jpg


s-mi5858.jpg


s-mi6464.jpg


s-mi7171.jpg


s-mi8686.jpg


s-mi105.jpg


s-mi135.jpg
この記事のURL | 一般登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2015.10.18 岩トレ 一ノ壁&後尾根/御在所 | メイン | 2015.10.04 蛇谷ヶ峰ハイキング>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/417-3f952675
| メイン |