2015.10.24 伯耆大山/三ノ沢から剣ヶ峰
伯耆大山には夏、秋、冬と時期を問わずよく出かけます。冬季には兼ねてより念願の剣ヶ峰にも登頂出来ましたが南壁からは登った事がなく、また南壁の紅葉は大変綺麗だと聞いていたので是非とも紅葉のいい時期に登りたいと思い計画しました。
6時間足らずの山行でしたが、予想通りの紅葉の素晴らしさ、絶景の三ノ沢カール、緊張感たっぷりの縦走路、360度の大パノラマ、ギザギザの稜線、景観のいい山容、歩きながらその瞬間、瞬間の素晴らしい景色にうっとりした山行でした。

(注意)このルートは一般登山道はありません。またこの周辺では滑落、死亡事故も多発しており入山には経験者の同行をお勧めします。また、本コースも含め稜線上は正式には登山道として認めておらず立ち入り禁止区域もあり慎重な行動を有します。
すれ違った人でヘルメットも被っている方は見かけませんでしたが稜線にあがるまでは落石も多く注意が必要です。稜線上では休憩できる個所も少なく場所によっては靴幅ぐらいしか道は無く、道の両サイドは常に崩落し続けています。人のすれ違いは特に注意が必要です。また天気の悪い日は入山しないこともお勧めします。

7:00文殊堂~三ノ沢~9:30槍ヶ峰~天狗ヶ峰~10:00剣ヶ峰~13:00文殊堂

s-2015.10.24 大山 038


s-2015.10.24 大山 086

大阪を夜出発し、3時間半で文殊堂に着き、そこで仮眠をします。文殊堂はトイレはありません。
ヘルメットを被り、念の為に登攀具も身に着け三ノ沢を詰めていきます。
s-2015.10.24 大山 004


紅葉が綺麗な三の沢を歩いてきます。
s-2015.10.24 大山 008


幾度のなく堰堤を超えていきます。これが最後の大きな堰堤です。
s-2015.10.24 大山 012


堰堤を超えると三ノ沢カールです。まるで涸沢カールを彷彿される景観です。この景色を見るだけでも価値ありです。
s-2015.10.24 大山 033


ガラ場を詰めていき右よりの草付に入っていきます。
s-2015.10.24 大山 038


足場の悪い急登を登りきると稜線は近いです。眼の前に鋭峰の槍ヶ峰の岩肌が迫ってきました。
(帰宅後調べてみるとやはりこの鋭峰が槍ヶ峰のようです)
s-2015.10.24 大山 058


槍ヶ峰よりキリン峠方面を見下ろす。急峻な岩峰が続いていました。こちらのルートも相当危険な様子です。
s-2015.10.24 大山 061


槍ヶ峰から剣ヶ峰を目指します。縦走路は道幅が狭く、また砂地が多くとても滑りやすいです。
s-2015.10.24 大山 070


南側は登ってきた三ノ沢、鋭角に切れ落ちている。
s-2015.10.24 大山 073


天狗ヶ峰に到着
s-2015.10.24 大山 077


剣ヶ峰は近い。
s-2015.10.24 大山 080


s-2015.10.24 大山 086


現在、伯耆大山の山頂は弥山(標高1709m)となっていますが実際には剣ヶ峰(標高1729m)が最高峰です。
s-2015.10.24 大山 112


ここから弥山までの縦走路は通行不可です。昨年冬季に歩いたラクダの背がどうなっているのか見に行きました。
奥に見えるが弥山です。多くの人が見えました。
s-2015.10.24 大山 102


やはり崩落が激しいようです。
s-2015.10.24 大山 103


ちなみに昨年の2月に歩いた時の様子を比較してみました。
s-ddssdosia 081


s-ddssdosia 083


s-ddssdosia 086


やはり、どちらも危険には変わりありません。一旦戻って弥山をバックに集合写真。
s-2015.10.24 大山 101


今日は風も少なく穏やかな日です。昨日はTさんの誕生日。またまた先週に引き続き山で誕生日会を開きました。
パンプキンケーキ
s-2015.10.24 大山 097


昼食を終え 来た道を戻ります。
s-2015.10.24 大山 110


見れば見るほど鋭峰が続きます。(遠くからみるとよくこんな所を歩いてきたのかとびっくりしました)
まるで穂高の様です
バックには登山禁止の山 鳥ヶ山(からすがせん)が目を引きます。
s-2015.10.24 大山 113


慎重に下っていきます。
s-2015.10.24 大山 115


s-2015.10.24 大山 117


槍ヶ峰まで戻って集合写真
s-2015.10.24 大山 129


下りの砂地は滑ります。慎重に・・・
s-2015.10.24 大山 132


振り返ると本当に美しい・・・ まるで絵はがきの様でした。
s-2015.10.24 大山 144


s-2015.10.24 大山 145


何度も振り返りながら下山しました。
s-2015.10.24 大山 151


s-2015.10.24 大山 156


s-2015.10.24 大山 167


s-2015.10.24 大山 170


以上、心癒された山行でした。
この記事のURL | 一般登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2015.10.24 六甲ミニ縦走 | メイン | 2015.10.11 表妙義山縦走>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/420-2c1e7b5b
| メイン |