2015.11.01 高島トレイル

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



やっぱり、秋の高島トレイルは外せない。尾根のブナ林を見たくて行ってきました。
3名の参加者で前夜発、朽木麻生で仮眠。翌早朝下山予定の横谷へ車をデポし、横谷口バス停始発の市営バスで終点の木地山へ。8時前林道ゲートを抜け林道木地山線から麻生川沿いに沢の渡渉を繰り返し高度を上げる。枯葉に覆われ踏み跡も薄い道はルートを見失いやすい。
木地山峠へは2時間弱。此処より高島トレイルを行く。桜谷山を越え与助谷山へ向かう尾根を取り間違い北東尾根を200m程降りて気付く。登り返して元のルートへ戻る。与助谷山到着12時。ここで昼食を摂っていると木地山で会ったお兄さんと交差した。我らと逆ルートのようだ。さらに駒ケ岳を目指して進むとこれまでの静かな山が賑やかになり頂上には30~40人の登山者が溢れかえる。頂上写真を撮り先へ進むが、またもやルートを取り間違う。
元に戻り駒ケ岳南尾根分岐を見送りしばらくで駒が池に到着。このところの少雨で池は床が出ている。
この辺りの紅葉が素晴らしい。黄葉のブナを楽しみながら尾根を外れて地図にはない林道を進んでいる。池原山分岐が無い。
林道は更に山腹を回り込みながら標高を下げて行く。またもルートの取り間違い。元に戻り主稜線へ支尾根から登ると池原山分岐に出た。林道は足谷口への下山路だったようだ。此処からは軽快に横谷峠へ16時。舗装林道を下り駐車地到着。
全行程約8時間、26km、迷った為か結構な距離が出た。高島トレイルはしっかりした標識もあるが、支尾根にはそこかしこに赤テープがあり、ポイント標識は支尾根分岐を外れた地点にあり間違いやすい。常に地図とコンパスの確認が必要です。

s-ブナの尾根(5)


林道木地山線から山道へ
s-林道木地山線から山道へ

渡渉
s-渡渉


やっと木地山峠
s-やっと木地山峠


ブナの尾根
s-ブナの尾根(5)


桜谷山
s-桜谷山


与助谷山へ
s-与助谷山へ


木地山バス停で会った男性と交差
s-木地山バス停で会った男性と交差


駒ケ岳頂上
s-駒ケ岳頂上 (2)


ここでルート間違う
s-ここでルート間違う


予定のルートへ戻る
s-予定のルートへ戻る


駒が池手前のブナ
s-駒が池手前のブナ


駒が池
s-駒が池


地図にない林道に間違い、尾根上の正規ルートへ戻る
s-尾根上の正規ルートへ戻る


これより横谷峠へ下降
s-これより横谷峠へ下降


横谷峠林道到着
s-横谷峠林道到着
Category: ハイキング
Published on: Fri,  06 2015 01:03
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment