2016.01.10-11 持籠谷山1120M/福井県
- 2016/01/17(Sun) -
今シーズンは暖冬でどこも雪が無いとのことで雪を求めて福井へ。前夜20時過ぎ大阪出発。4時間ほどで現地近くに到着。仮眠を取り翌朝真名川ダム駐車場へ移動。
1月10日(日)
7:55駐車場出発。駐車場には全く雪が無く気温も暖かい。10分ほどで持篭谷山の尾根末端より取り付く。登り始めはやや急。バリエーションルートのためすぐに藪漕ぎが始まる。標高560mで積雪5cmほどになり雪を踏み踏み登っていく。標高700mで積雪20cmほど、標高850mで積雪30cmほどになり壺足で進む。標高1000m手前で積雪量膝下になり、軽いラッセル開始。徐々に積雪量が増し膝上ラッセル&藪漕ぎ。小枝がビシバシ顔に当たる。13:30持籠谷山手前でテントを張るのにちょうど良いスペースがありテント設営する。本日の宿が出来上がればあとはおつまみをいただきながら宴会開始。お鍋で身体が温まりお腹も満腹。その後も宴会は続き22時就寝。
1月11日(月)
6:15起床。朝食をいただき8:25出発。夜間に雪が降り積もり膝上ラッセル。場所によっては腰の高さのラッセル。ラッセルの仕方のレクチャーを受けながら9:00持籠谷山到着。雲が晴れ遠くに荒島岳が見える。9:10持籠山から引き返し9:30テント場へ戻る。テントを撤収し10:15下山開始。昨日のトレースを辿りながら下山する。途中、昨日の私たちのトレースの上に動物(形状からカモシカ?)の足跡が付いており、それがかなりの距離続いていた。よほど私たちの足跡が気になったのか。13:30登山口到着。13:40駐車場に到着。
初めてのラッセルと雪上テント泊。気温も暖かく風も殆ど無い状態であったため寒さを感じることなく楽しい雪山デビューとなった。

晴れ間の荒島岳
s-晴れ間の荒島岳2
真名川ダム
s-真名川ダム到着


晴れ間の荒島岳
s-晴れ間の荒島岳1


ガスの中のテント
s-ガスの中のテント


テンバの周囲は花盛り
s-テンバの周囲は花盛り


持籠谷山へ向けラッセル
s-持篭谷へラッセル1


もうすぐ山頂
s-もうすぐ山頂


エビのしっぽ
s-えびのしっぽ


山頂でほっこり
s-頂上でほっこり
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.01.17 比良中谷アルファルンゼ | メイン | 2015.01.09-11 ジョウゴ沢より硫黄岳&裏同心ルンゼ/アイスクライミング>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/442-d590769a
| メイン |