2016.01.24 2ルンゼ奥又/御在所アイスクライミング
- 2016/01/24(Sun) -
予定していた赤岳主稜の登攀はメンバー欠員でまた来年計画するとし、行き先を変更し御在所へアイスクライミングに行く事にしました。ただ折しも、記録的な大寒波が予想されていた日、直前まで決行か中止かと思われましたが直前の天気予報で大丈夫だと言う事で決行になりました。
鈴鹿スカイラインゲート~裏道~藤内沢出合~マイナスの滝~2ルンゼ奥又(3P)~ロープウェイ山上駅~裏道~ゲート前

快晴の元 アイスクライミングで御在所岳に突き上げる
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 081

1/24 早朝5時20分 鈴鹿スカイラインのゲートに車を停め真っ暗の中歩き出す。
藤内小屋までヘッドランプで歩き小屋前で夜が明けてきた。(伊勢湾が綺麗)
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 004


藤内沢出合で登攀の準備を歩き出す。すぐに目に飛び込んでくる中又の滝(なかなか凍らなく繋がらなく登れる対象になりにくい滝)
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 013


一ノ壁、第一ルンゼを左にみながら第二ルンゼに向かう。尾根をまたぎ沢状に入っていく。
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 017


s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 020


マイナスの滝に向かう
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 024


s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 033


マイナスの滝
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 036


滝の前で記念撮影
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 041


今回、初心者も居るのでマイナスの滝は登らず右から巻いていく。
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 044


沢状から尾根に取り付くつもりが・・・・深雪のラッセル、踏み抜き、笹原の急登でかなり苦戦する。
おまけにルートが分からなくなりこの辺りで1時間強のタイムロス。しかしながら新人にとってはいい経験になったと思います。
ラッセルの仕方、深雪の登り方などいい練習になりました。
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 046


ようやく2ルンゼ奥又に到着。
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 048


取り付きまで念のため、ザイルで確保
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 053


1P、フォロー 高度感が出てきますが めちゃくちゃ寒く、あまりに寒いので震えて手足がいうこと効かずに時間がかかってしまう。
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 054


2P目 1P目にもたもたしていたら後続パーティーが登ってくる。
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 059


3P 滑滝 40m
傾斜も緩く 思い切ってパイルを振れました。
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 062


ここから登山道までラッセル
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 071


雪稜登攀のようで気持ちがいい
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 073


13時 ロープウェイ山上駅
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 081


裏道から以前登った アルファルンゼを見上げながら下山しました。
s-2016.01.24 2ルンゼ奥又 090
この記事のURL | アイスクライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.01.09-11ジョウゴ沢と裏同心ルンゼ | メイン | 2016.01.16 白倉岳>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/446-ea50f55a
| メイン |