2016.01.09-11ジョウゴ沢と裏同心ルンゼ
アイスクライミング : ジョウゴ沢・裏同心ルンゼ
平成28年1月9日~11日
メンバー:3名
行程: 1日目 ジョウゴ沢
2日目 ジョウゴ沢~硫黄岳
3日目 裏同心ルンゼ

金曜日21時に森ノ宮集合。定刻通りT車で出発。道中の休憩も短時間で翌朝2時に赤岳山荘駐車場に到着。美濃戸口から駐車場まで、轍が深く車の底をすりそうだが、歩けば一時間はかかるので、駐車場まで車で行く。案の定、何度も車の底を擦るは、ぶつけるはで車が心配でしたが、故障もなく無事到着。駐車場まで雪はない。その夜は、酒も嗜む程度で三人で車中泊。
朝、7時に起きて、8時20分に赤岳鉱泉へ出発。赤岳鉱泉の道もやはり雪は少なくいが、赤岳鉱泉に近づくにつれて少しづつ雪も積っている。歩いて2時間ほどでアイスキャンデー出現。アイスキャンデーで曲芸のように軽やかに登る人を横目に赤岳鉱泉でテント設営。
今回の予定は、1日目はジョウゴ沢のF1~F3で練習。2日目はジョウゴ沢を詰めて稜線まで上り硫黄岳登頂、登山道で下山。3日目は裏大同心ルンゼで行けるとこまでアイスクライミング、大同心陵で下山。アイスクライミングは初体験のため、不安ではあったが、ワクワクする気持ちを抑えれない。
テント設営後、軽く休憩したあと、必要な荷物だけをザックに入れて、いよいよジョウゴ沢ルンゼへアイス初体験に向かう。。
赤岳鉱泉から硫黄岳登山道を歩き、大同心ルンゼ、裏同心ルンゼ、ジョウゴ沢ルンゼと3本目の沢と教えてもらっていたが、ジョウゴ沢ルンゼの札が登山道から間違えて沢にはいらないように張ってあるロープに札がかかっていた。
そこから沢にはいり、最初の滝、F1に到着。まずTさんに、アイスの基本を教えてもらい、もちろんTさんがリードでダブルロープで登る。つづいて私が登る。左手にTさんに借りたバイル。右手に自分にピッケル。見よう見まねでピッケルとバイルを振り回す。氷にかからないので余計に振り回す。無我夢中に。アイゼンもなかなかかからない。下で見ていたHさんにガニ股やから、前爪が一本しかかかっていないと注意される。自分ではまっすぐ蹴り込んでいるつもりだが、相当なガニ股なのか。
F1を登るとつづいてF2.F1より立っているし、高さもある。Tさんは難なく登るも、自分はここでも両手を振り回す。アイゼンかからず、ずりずり。ここで気づいたのが右手が軽くて氷にかかりやすいピッケル。左手にピッケルよりすこしかかりが悪く重いバイルが失敗だったこと。F2では左手がパンプしてテンション!テンション!を連呼。
F2を登ったあとのF3。高さもなく、なめ滝なので、今回は巻いてパス。
少し明日の下見もかねて上まで登る。途中右俣に入っていくと右又大滝が見えた。遠目で見てもあれも登れない。まだ登りたくない。本谷に戻りさらに登ると遠目に乙女の滝が見える。これも大きそう。近くまでは行かず、そこで引き返し下山。宴会スタート。Hさんが食担で美味しい料理を用意してくれて酒もすすむ。9時に就寝。

2日目、5時起床し、ゆっくり朝食を取ったあと7時前に前日のジョウゴ沢へ出発。
F1に着くと他のパーティがそのあと到着。山岳会のようで、いろいろレクチャーをしている。こっそり聞き耳をたてる。
ここで、Hさんにアイス用バイルを借りる。軽い!よく氷にかかる!
アイスは技術より道具やと、誰かが言ったとか言わないとか。
あまりに楽しくて、ちょっと遊びすぎで、昨日の疲れもあるのか、既に腕がだるい。
これが後々の上りに響くことになった。
F2になると、さすがにバイルは貸してもらえず、初日の道具で登る。やはり、アイス用バイルが欲しい。
前日巻いたF3も登り、それからさらに沢を登り、前日遠目でみた乙女の滝が見えた。手前のゴルジュの小さな滝を登ると、目の前に乙女の滝。近くで見れば見るほど、綺麗で壮大な滝だが、これもまだ登れない。
乙女の滝の手前を左、舐めた滝が凍っているので慎重に登り詰めていくと、これも綺麗な滝が出現。この日最後のナイアガラの滝。鑑賞だけなら、なんでこれがナイアガラ?って感じですが、登るとなると名前はどうでもいい。立ってます。ほとんど90度!
既に登っている二人組がいて、待ち時間もありそうなので、ここで大休憩。
しかし、トップで登っていた人がずり落ちて、あえなく退散。これを見たTさんが少し不安になる。でも登るのがTさん。後続のパーティーも到着。どうもガイドツアーのようである。Tさんは氷が固くアイススクリューに難儀してましたが、登ったあと、さすがにここは私の道具では無理と判断(絶対無理!)して、Tさんが自分のバイルを下ろして、使わせてもらう。ただ、半分ぐらいまで登ったとろころで、道具がよくても、腕がすでにパンプ状態。後続のパーティーからも、ガンバ!ガンバ!と声援がとぶなか、テンション!テンション!と連呼しながら登る(あげてもらう?)
登りきったところで、もう腕は限界。安全なところで一人まったりしていたが、下でHさんも悪戦苦闘のよう。声は聞こえるがどういう状態かわからず、一人コーヒーを飲む。
その後、稜線まで登り詰める。ところどごろ地肌も見える状態のなか、急登をのぼりつめると急ではあるが雪の深い広い場所にでる。そこから振り返ると阿弥陀岳、中岳、赤岳がくっきりと見え、赤岳付近から雪煙が舞い上がり風の強さがわかる。目指す硫黄岳をみあげると雪がついていない稜線から雲一つない濃い色の青空。ここですこし景色を堪能し、12時に硫黄岳山頂。時間にすこし余裕があるので、横岳経由で下山しようということになり横岳へ。しかしこれが失敗で想像以上の強風。たまに耐風姿勢をとりながら、体も斜めにしながら歩行も途中で断念。引き返し硫黄岳登山道で下山。ここで個人的なことですが、私が連休中に八ヶ岳に行くと友人に話していたら、行くかもって言ってた友人に、テン場で会い談笑。阿弥陀岳に登ってきて、翌日朝には帰る予定だと。山で友人に会うのも楽しいものです。この夜も宴会。ただ疲れもあり早めに就寝。

3日目は裏同心ルンゼ。5時起床、6時45分出発。前日会った友人が「予定がないので、見学させてほしい」とのこと。Tさんが快く了承してくれたので、友人は裏同心ルンゼF1まで同行し見学して帰る。
F1は高さ15m、緩傾斜50~60度。
先行パーティーがいたが、ここでトップロープで練習ということで準備中。私たちは上まで登るので、私たちも準備して、Tさんがトップで登り、私がミッテレではいり、最後はHさん。Tさんが登りビレー準備中にTさんのルートに先行パーティーの人が登ってしまい、仕方なく横にそれたルートを登る。まだ自分のルートを確認する余裕がなく、ランニングの位置を確認していなかったため、ランニングの回収に時間がかる。これも今後の課題。
すぐにF2 3段で長さ40m 3段とも高さはない。
しかし、この3段目、私が登っているときに最後のほうでザイルが氷にかかっていたので、横に移動したりしてたら、ピッケルがはずれ、2メートルほど落下。打撲などもなく無事でしたが、精神的には大打撲。
F3も登ったが記憶にない。
ここで今回のアイスを終了して大同心陵で下山しようということになり、ラッセルしながら大同心陵を探すもよくわからず、懸垂下降を5回ほどして、最初のF1まで下る。
懸垂下降では短いけど初めての空中懸垂あり。いつかもう少し長いのをやってみたい。
駐車場には16時着。時間も遅くなったので、風呂なし、SAでの晩飯。
大阪に21時30分着。
今回、初アイスクライミングということでいろんな経験、勉強になった楽しい山行でした。
私は技術うんぬんの前に、登る前の、安全確認、ルート確認など、まだまだ心に余裕がないので再確認したい。
残念なのは、赤岳鉱泉から下山中に、Hさんが足をくじいてしまった事。他人事ではなく、怪我のない山行をこころがけたい。早く完治してまた一緒に登りましょう。
足、腕の筋肉痛はなかったのですが、宴会時、楽しい話で笑いすぎての腹筋痛にはなりました。ありがとうございました。

s-111121.jpg


s-333113.jpg



s-2222212.jpg


この記事のURL | アイスクライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.01.17 比良αルンゼ アイゼントレ | メイン | 2016.01.24 2ルンゼ奥又/御在所アイスクライミング>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/447-6978484e
| メイン |