2016.01.24 安曇川八幡谷/比良

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



平成28年1月24日比良山系/安曇川八幡谷
参加者 3名

1月23日現地近くにてテント泊
1月24日7時30分大津市葛川細川町/車止め~7時40分八幡谷堰堤~12時40分1000M地点で昼食~
     13時30分細川尾根~15時車止め 

私にとっては、復会後初参加を飾るにふさわしい山行となった。
八幡谷には、11年前に入会1月後に今回と同時期(平成17年1月23日)に行って以来。当時は積雪がかなりあり、参加者全員で代わる代わるラッセルしながら尾根まで辿りつくという全員の協力がなければ、成しえないもので、私の山に対する考え方を変えた山行の一つである。今回はSさんにお願いして、企画していただいた。

出発前に10年あるいは20年に一度と言われる大寒波が西日本に来るとの報道が盛んに流れる中、気を引き締めての出発となる。
21時30分大阪を出て、現地近くにてテント泊、まずはビールで乾杯、その後は熱燗で2時まで宴会。やはり前夜発のこの時間がなんとも言えずいい。

翌日6時起床。雪は全く降っておらず、それどころか、月が出ていた。風もそれほど強くない。道路は道端に残雪があるだけで、普通に走れる。
葛川細川町に車を止めて、7時30分に出発。八幡谷堰堤に着いても積雪は10センチ程度で極めて少ない。「ひょっとすれば、ラッセルなく、尾根に辿りつくのでは・・・それでは物足りなさ過ぎる」と思っていたが、そんな心配は無用で徐々に雪の量も増え、標高600M付近になると、いよいよラッセルなしには、進めなくなった。Sさんと交代しながら2人でトレースを作る。あたり一面銀世界。雪の沢筋を歩くので、どこが沢なのかわからず、時折足を突っ込み、抜けなくなることもしばしば。斜面では、前面にたちはだかる雪を取り除きながら、全身使って踏み固める作業を繰り返しながら前進。氷点下5~10度の気温ではあるが、汗が流れ暑い。800M付近で休憩する時には、昼前になる。ラッセルが続く為、時間がどんどん経過し、場合によっては、撤退する可能性も出てくる。しかし、2人で黙々とラッセルを続けて、ようやく細川尾根が見える場所に到着。尾根に出ると強風に遭う手可能性があるので、その付近で、平な場所を探し、ツエルトを張り、カップ麺を食べて体を温める。その場所は、風は弱いとはいえ、氷点下10度前後あると思われ、お湯もすぐに冷め、やがて凍るような寒さだった。救いは朝から雲ひとつない快晴が続いていること。大寒波は本当に来ているのかと思わせるほどの素晴らしい天気だった。昼食後10分足らずで尾根に辿りつく。時間的に厳しいので武奈ケ岳はあきらめ、尾根を下降。風は思ったほどたいしたことなく、むしろ陽が当たり暖かい時もあった。

雪は前回より少ないとはいえ、やはり深いところでは50センチ以上はある。
3人とわずかな人数ではあったが、撤退することなく成し遂げれたことは、とても満足いくものだった。Sさんは、相変わらずの体力でたんたんとラッセルする姿にはあらためて驚かされた。Fさんも遅れることなく、きっちり同行され、2人には感謝でした。
ありがとうございました。

s-P12400244.jpg


s-IMGP2760.jpg


s-IMGP2765.jpg


s-IMGP2770.jpg


s-P12400299.jpg
Category: 雪山
Published on: Wed,  27 2016 21:41
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment