2016.02.28 集中山行/堂満岳

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



山遊楽会、今月の例会山行は比良の堂満岳で集中山行が実施されました。
集中山行とは、各登山口から色々な形態で山頂に登り詰め山頂で集中すると言う事です。

A班 沢登班 5名 大津市大物/車止め~大岩谷~天狗岩 ~荒川峠~南比良峠~堂満岳~イン谷口
B班 登攀班 4名 イン谷口~1ルンゼ~堂満岳中央稜~堂満岳~東稜道~イン谷口
C班 登山班 5名 イン谷口~大山口~ダケ道~北比良峠~金糞峠~堂満岳~東陵道~イン谷口
 
まずはB班の登攀班からの報告です。
2P目の核心部を抜ける
s-2016.02.28 集中山行 019
堂満ルンゼに雪はありません。こんな状態で登攀が出来るのか?一抹の不安を感じながらも前に進めます。
登山道はまったく雪はありません。
s-2016.02.28 集中山行 004


堂満ルンゼ入口の堰堤でいつもならアイゼンを付けるのですがアイゼンなしでそのまま登っていきます。
前回来たときにルートファイティグに失敗したので今回は慎重に向かいますが・・・またしても違う尾根に取り付いてしまい失敗、再度1ルンゼに下降していき、タイムロス。行ったり来たりでようやく取り付き部のルンゼを詰めていきます。
s-2016.02.28 集中山行 009


1P目、アイゼンを付け登攀していきます。雪のあるときよりもホールドがきっちり捉えられるので難しくは感じなかったです。
s-2016.02.28 集中山行 013


2P目、前回来たときは右に巻いてしまったので今回は直登。左クラックは岩が脆く、右から身を乗り出して乗り越っす所がⅣ+で多少苦戦する。
s-2016.02.28 集中山行 015



2P目を乗り越っすと快適な尾根になる
s-2016.02.28 集中山行 019


4P目(チムニールートを選ぶ)、本来なら2P目が核心部なのだが、雪がないので3P目の出だしでかなり苦戦、チムニーに入ると落石の巣となりまったく気が抜けなく、とても慎重を要する登攀となりました。
s-2016.02.28 集中山行 024


4P目、今回のルートで一番立っている場所ですが、ホールドが多く落石さえしなければ楽しいクライミングが出来ます。
s-2016.02.28 集中山行 022


時計を見たら、11時を超えていたので約束していた沢班と無線の交信を試みるが、こちらはまだ沢状地形に入っているため交信は出来ませんでした。6P目を快適に登っていく。
s-2016.02.28 集中山行 025


稜線に出たら武奈ヶ岳が綺麗に見ました。ここでザイルをなおす。ようやく沢班と無線の交信が繋がりました。
s-2016.02.28 集中山行 033


ここから一気に堂満岳山頂を目指す。
s-2016.02.28 集中山行 037


予定通り、約束の13時に堂満岳に登頂。
s-2016.02.28 集中山行 038


今回のメンバーでした。さてさて、A班、C班と合流は出来たのでしょうか?
続きは次回のブログで・・・

s-s-2016.02.28 集中山行 040



Category: 雪山
Published on: Sat,  27 2016 17:37
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment