★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



2016.02.28 集中山行/堂満岳③

堂満岳集中山行 A班 バリエーションルート班からの報告です。
参加者5名
2月27日(土)中谷出合下(荒川峠登山口)付近にてテント泊(22時50分着)
2月28日(日)7時 出発-7時45分~10時30分 天狗岩探索-11時25分 荒川峠の方向を示す看板-11時50分 烏谷山付近-12時15分 荒川峠-12時35分 南比良峠-13時10分 堂満岳-14時 出発-15時05分 イン谷口
         
「天狗の呪い」か?
それは、今里駅から始まった!最初の集合場所の近鉄の八重の里駅に向かうため、電車に乗るが、今里駅で反対ホームにAさんの姿・・・同じ集合場所なのに何故?Aさんも私の姿に気づいたようで、お互い訳のわからないまま、手をふってしまう。(後に集合場所のメールが届いていないことが判明。結局、Aさんとは、JR茨木駅で合流)
夜に寒冷前線が通過し、一時的に雨降るものの、テント場に着いたころには、雲の合間から星が見える。2月ではあるが、雪は全くなく、気温も約5度と暖かい。さっそく、ビール、酒、焼酎につまみが用意され、宴会モードに一気に突入。和んだいい雰囲気になる。気持ち良く酔い、いつのまにか時間は、1時半になっていた。
朝、快晴。放射冷却で冷えるものの、風はなく、暖かくなりそうな感じ。ただ、すでに杉の花粉が飛び出しており、Aさんは、時々くしゃみを連発していて、つらそうだった。
登攀具を装着し出発。大岩谷から登る予定であったが、地形図を見ると取り付きから等高線がせまく、傾斜がきついことから、そこは避け、600m付近から登山道を外れ、藪こき開始。ただ下草は、まばらで大したことはない。西方向にトラバース気味に進み、高度を上げる。廃道になった登山道を見つけ、さらに登る。ところが、天狗岩らしきものが全く見当たらない。850m付近で一旦立ち止り、今度は南西方向に下り、探索。下降するにつれ、砂地も出てきて滑りやすく、足場も悪くなってきたので、アイゼンを付ける。さらにトラバース、下降を繰り返し、懸垂下降を2回して、沢に降りる。沢から上を見上げても天狗岩は見つからず。大岩谷付近まで下降するものの、そこまでは降りず。時計を見ると10時30分。すでに2時間半経過していた。B班(岩チーム)、C班(ピークハントチーム)とは13時に合流予定なので、時間を考えて、ここで天狗岩は断念。結局、最初に避けた等高線の狭い傾斜をのぼる羽目になってしまった。この間に気温は上昇。登ると、汗が出る。見通しのいいところで西隣にある尾根に目をやると、岩の塊が・・・「ひょっとすれば、あれが天狗岩では。でも地図と位置が違う」気持ちがすっきりしないまま、とりあえず、堂満岳を目指す。荒川峠には11時25分に到着。これなら、ゆっくり行っても余裕で間に合う。
この付近でようやく、雪も10~20センチ見られるようになる。ところが、進んでいたのは西方向で、烏谷山手前1000m付近まで来ていたことが判明。時間は正午。C班は12時過ぎには到着とのメール。B班は13時過ぎになると無線で確認する。ルートミスでこちらも13時過ぎになることが確実になる。そこから引き返し、荒川峠に着いた時に、さきほどの案内板が荒川峠ではなく、荒川峠の方向を示すだけのものだったことが判明。おかしいと思う方も何人かおられたが、探索でやや疲れていたのか、そのまま進んでしまった。
南比良峠からは登山道を外れ、堂満岳を目指して、最短距離を直登。ところが、尾根まで出てきたところで、またもや山頂と逆方向に進んでしまう。すぐに気付き、B、C班の皆さんと無事合流することが出来た。天気は快晴。春を感じさせる暖かい陽気で、とても気持ちがよかった。

ところが、まだすんなりとは行かなかった。
Tさんを先頭に4人が先に下山。1時間前に出発していたC班に追いつき、先にイン谷口まで下山するが、3人がなかなか降りてこない。イン谷口へ向かう看板を見逃し、湖西道路まで降りたとのこと。約50分後に合流できた。Tさんの車で、中谷出合に置いてある駐車地点まで送っていただく。さあ、帰りましょうかというところでAさんの「財布がない!」との声。冷やりとするが、シュラフの中にあることわかり、一安心。
もうなにも起きないだろうと思っていると、湖西道路の京都東インター手前の所で大渋滞に遭う。名神で事故があった影響だった。仕方ないので、京都南インターまで一般道使う。結局行きは1時間20分で行けたのに、2時間50分かかった。皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

まるで天狗に呪われたかのように、いろいろなことがあった今回の山行。
登攀は出来なかったものの、別の意味で印象に残るものとなった。
ちなみに、天狗岩がみつからなかったのは、もちろん天狗の呪いではなく、「山と高原地図」(昭文社)掲載ミスであった。(最新の2015年版は訂正されている)

Category: 雪山
Published on: Thu,  03 2016 20:52
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment