2016.02.28 堂満岳B班/集中山行
集中山行 B班からの報告です。

2016.02.28 比良堂満岳(集中山行 岩チーム) 
2/28(日) 晴れ 
比良イン谷口 集合(7:00)-取付き(7:45)-1本目・2本目(8:00-10:30)-3本目・4本目(10:30-12:30)- 尾根(12:30-13:00)
-山頂 昼休憩(13:00-14:00)-下山(14:00-15:30)- 帰阪(17時半頃)

<参加者> 
4名

<山行について>
集中山行は初参加でした。自分が直前に参加表明したため色々ご迷惑をお掛けしたのですが、その一人TUさんが「ドンマイ気にしないで、山頂で会えるのを楽しみにしています」と言葉をかけてくださいました。そうか集中山行とは、行程を遂げるだけでなく山頂で合流出来ないといけないのか。それはたいへんだと気づき、前夜21時早々に寝ました。
朝から良い天気で、7時にイン谷口でTさんと合流出来ました。Mさんが懸命に車を走らせて下さった結果なのでした。1本目の取付き点を目指して、Tさんが記憶を辿りながら急斜面を登ります。それに続いて登っていると、上部でTさんの大きな悲鳴がしました。ずっぽり雪を踏み抜いてカッパを大きく破いたとのことです。私もこの辺りでスキーパンツを破きました。さっくりとアイゼンが布を切る音がしました。こういうのを、ビニールテープ的なもので塞ぐ人やアップリケ的なもので塞ぐ人がいますが、私は結局糸で縫い合わせました。ええい、とても面倒くさかったです。Tさんは多分ビニールテープ派かなと思います。その斜面は実は誤りだということで、正しい取り付き点につづく斜面を登りなおしました。先に間違えた斜面となんともそっくりな形状で、翌年また来ても正しく見つけられる気はしません。
さて取付き点にようやく辿り着きましたが、メインロープを使ったセルフの取り方も、トップの確保の仕方も、前回αルンゼでやったことをすっかり忘れていました。Kさんに全部セットしてもらい、私だめだめだなあと思いました。せめてこの2つは次回岩山行までに手に覚えさせてしまおうと思いました。いつも次回までに間が開くから忘れてしまうけど、だったら覚えているうちに練習を継続しておくしかない!1本目からTさんがピッケルを自在に使って登っていきます。つづく私は登りはじめ早々にゆとりをなくし、ピッケルをすぐお荷物にして足下にぶら下げて登ります。次の一手、次の一歩に必死で、回収すべきランニングも目に入っていない。
2本目はTさんが前から登ってみたかったという、最初の辺りがテクニカルな岩場でした。1・2本目を登ったら、すぐまた3本目となり、気を張り続けるのにそろそろ疲れを感じました。しかしこの辺りで、後続パーティーの背後に他パーティーの掛け声が聞こえました。3本目は最初が一見やらしそうなトラバースぎみの登りでした。登り始めると手元も足元もしっかりした岩が無く、ぐらぐらしたやつだらけでした。早々ににっちもさっちも行かなくなりました。Kさんがすぐ後ろで的確な指示掛け声をくださいました。粘った後、早く決めにいかないと時間切れになるよと言われて確かにそろそろ腕も限界だけどああここは本当に落ちそうだ、手も足も何にも確実でないから落ちない方がおかしいかもと思いつつ、思い切って進みトラバースを抜けました。体力的な面以上に精神的な面で消耗しました。落石の危険を読んで、Kさんが間を開けず登って来られました。自分が決死の格闘をして抜けた直後に、Kさんが何なくそこを抜けてすっと姿を現したので、なんかワープして来られたような感覚を覚えました。ワープwarpとは使い慣れない言葉なのでgoo 国語辞書で調べてみると、SFで宇宙空間のひずみを利用して瞬時に目的地に達すること だそうです。そんな感じがしました。ところがそこを抜けた後も、ハングぎみな形状で手元足元に信用ならない岩ばかりしかない登りがあり想定外のショックでした。思わずわめいてしまいました。Tさんのところにやっとこさたどり着いて、ほんとに息も絶え絶えでした。 Kさんは続くMさんに、上部の私が抜け切るまで止まっておくよう指示されました。こういうのがリーダーの読みなんだよとTさんが言いました。この辺りで少し2パーティーの間隔が開きました。
4本目は下り登りのある少し長めのピッチでした。こういう時ロープの流れが悪くなりやすく注意が必要なようでした。やっとあまり緊張感の要らない(落石がない!)感じのところで気持ちにゆとりが戻りました。Tさんが上から時々写真を撮ってくださいました。「このアングルいいわ!」と嬉しそうに喜ぶTさんは、結構ミーハーな岩屋さんです。
5本目は危険が少なく、ロープはもう要らないとのご判断でした。尾根に出ました。こんなに登ってきたのか、と思うような景色が見え始めました。この辺りでTさんが13時集合に間に合うかもしれないと言いました。尾根を進んでさらに景色が広がります。開けたところで休憩し、後続を待ちました。風も無く日差しが暖かく、静かで穏やかで心が満たされました。そこでしか得られない心の平穏を山で感じるときがあります。結構長く後続が来ない間に、他のパーティーが姿を現しました。変わった組み合わせの4人組。随分して、やっとKさんMさんが来られました。カムが外れずすったもんだがあったそうでした。Mさんが何だか消耗気味です。無線で他2チームと連絡が取れたTさんが、どうやら山頂集合できそうだとKさんと話します。
稜線を詰めて登っていくと案外急で長い。先ほど休憩・補給できた私はおかげで苦ではなかったのですが、Mさんは大変な詰めだったようです。私は最近岩チーム参加の際は、補給できなくても補給できるよう、パンツの両ポケットを飴でいっぱいにしておきます。
山頂に出るとMAパーティーの皆さんが待っていて、温かく迎えてくださいました。MAパーティーの癒しのオーラに癒されました。その後沢登りパーティーが姿を現し、皆で集合できた喜びがありました。沢登りパーティーは独特のオーラが出ていて、皆さん口々にメイソウだメイソウだと言いました。山頂は他にも沢山パーティーがいてにぎやかでした。下りでお話しに夢中になっていると、最後の分岐をやり過ごしてしまいました。反省。

αルンゼに続いて、岩チームの皆さんにお世話になりました。参加させていただきありがとうございました。時々危険な岩場で、あれここは自分が来るようなところではなかったはずだぞと違和感を感じることがあります。でも山行が終わってみると、あれ何かこんな感じの楽しさはこれまでなかった種類だなと感じます。また行きたい、と思うしそのために練習しなくては、と思います。今は目の前・手元・足元でいっぱいいっぱいだけど、もっと色々技術があって広がっていけば楽しくなるんだろうなと思ったりします。
またよろしくお願いします。

以上

この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.03.06 賤ヶ岳 | メイン | 2016.02.28 集中山行/堂満岳③>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/460-a826c697
| メイン |