2016.03.12 金糞岳北東尾根
平成28年3月12日(土)金糞岳北東尾根 (快晴のち晴れ)
参加者 3名

3月11日(金)浅又林道途中の空き地にてテント泊(23時50分着)
3月12日(土)7時30分~8時30分 浅又林道往復~8時45分  徒渉~9時05分  取り付き~10時05分 858m地点~
10時50分 1050m地点~12時15分 金糞岳山頂(~13時15分)~14時35分 浅又川支流~14時50分 徒渉~   
15時05分 駐車地
         
今回の山行。いきなり試練が、待っていた!それが2回も・・・

暖冬で雪はあまり期待できないものの、一応スノーシューを持参。
現地へは、滋賀県側からではなく岐阜県側から入り、浅又林道途中にある広い空き地にてテント泊。空を見上げると満点の星。ただ、かなり冷え込んでいて、気温はマイナス1度。テントを組み立てると、早速お楽しみの宴会。外は寒くても、最初の乾杯の冷たいビールは、やはり旨い!その後、酒、焼酎と、結局2時まで飲んでしまう。
翌朝は6時前に起床するが、放射冷却でマイナス4度まで下がり、シュラフで寝ていても寒かった。まわりの山は雪がほとんどなく、スノーシューは置いていくことにする。朝食をとると車で移動。林道入口に通行止めの看板があったものの、ゲートはなく、行けるところまで進む。積雪で道が埋まり、轍が無くなった所で駐車。30~50センチの雪がある。装備をして、出発。天気は快晴。紺碧の空で気持ちがよい。地図を見ながら進むが、取り付きにつながる分岐が見つからない。30分歩いたところでKさんのGPSで高度を確認すると、かなり登っていることわかり、東の方向を見ると金糞岳らしきピークが・・・行き過ぎていることがわかり、来た道を引き返す。いい足慣らしになる。取り付き付近の場所はすぐにわかり、いよいよ出発という所で、われらの前には、水量がそこそこある浅又川が・・・資料には「徒渉があるのでサンダルが便利」と書いてあったが、もちろんそんなものはない。そのまま進めば、膝下まで水に浸かるので、びしょびしょになってしまう。3人でどこか渡れる所はないかと探すものの、其の甲斐なく。あきらめたKさんは、靴下を脱ぎ始める。まさか・・そうです。裸足で氷水のような川の徒渉を始めるのです。私も観念し、靴下を脱ぎ、気合いを入れて、徒渉。「カチ~ン」そんな音が頭の中に聞こえたかのような冷たさでした。
徒渉地点(550m)からはいきなり急登。林道にはあった雪もこの付近にはない。つい先まで冷たいといっていたのが、一転暑くなり汗も出る。風はほとんど無い。高度を上げるにつれ、藪が徐所に増えていく。標高800m前後から藪こきとなる。木が密集しているため、前進が困難になり、時折、枝が顔にピシッとあたったり、シュリンゲが枝にひっかかり抜け落ちる。Sさんは花粉症でつらそうだった。この藪は900m付近でなくなり、あたり一面銀世界となる。50センチ前後の積雪だが、ここ数日の冷え込みで雪は締まっていのるので歩きやすい。1000mを超えると遠くの雪山がきれいに見える。伊吹山も見える。天気は快晴が続いているうえ、苦労して登ってきたせいか、景色がさらに美しく見える。と同時に「復会して本当によかった」と思え、Sさん、Kさんと山に登れる喜びを感じずにはいられなかった。この付近はテントを張るのにもいい場所で、スノーシューも楽しめる。1211mから山頂までは、西に琵琶湖、北東には御嶽山、乗鞍岳をはじめとする山々が連なる景色が広がる。1時間の林道歩きのロスがあったものの、山頂にはほぼ予定通りの時間に着く。多少雲が増えたものの風はなく穏やか。スコップで穴を掘り、ツエルトを張るものの、ボンベを点けると暑くなったので、外す。山頂では、360度の展望が楽しめ、素晴らしい景色であった。
下山は一気に下るが、雪が融け始めている所があり、足をたびたびとられた。藪こきは、ピシッ、ズボッ、ピシッと、顔に枝があたり、足は雪に取られるの繰り返し。ようやく登りと違う浅又川支流に降りる。ひょっとすれば、帰りは徒渉せずにすむかも・・・そんな願いはむなしく、行きよりもさらに長い裸足の徒渉をするはめになってしまった。

ともかく今回も印象に残るいい山行となりました。Sさん、Kさん、ありがとうございました。

b-P31201055.jpg

b-6666666.jpg


b-777777.jpg


藪漕ぎ
b-88888.jpg


b-P31201011.jpg
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.03.20-21 中山尾根&阿弥陀岳北稜/冬季雪稜登攀 | メイン | 2016.03.13 岩トレーニング/蓬莱峡>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/464-04080bd8
| メイン |