2016.03.20-21取立山~大長山
- 2016/03/25(Fri) -
2016.3.20~21 取立山~大長山
参加者 3名

お正月合宿以来、久々のテント泊山行に行って参りました。
ここのところしっかり歩けていなかったので体力面で心配していましたが予定の赤兎山を距離の短いコースに変更していただき、少々の不安を胸にアイゼン・ピッケル・ストック・スノーシューのフル装備をパッキングしました。

20日 6:20 いつもの場所にてピックアップ。10:00 東山いこいの森駐車場 
ここに着くまで勝山市内でもほとんど雪を見かけず、桜も咲いていて大丈夫かな~?と心配になるが標高が上がるに従い雪も増え一安心。11:00 出発気温が高めで腐れ雪のためスノーシューを装着し、ジグザグの登山道を休憩しながら一気に1100mまであがる。時折薄日が差すものの晴れる気配はなし。登りきったら後は緩やかな尾根を取立山まであと600mの表示。
13:50 取立山着 1307m晴れていたら気持ちいいだろうな、と思える開けた山頂ですが、あいにくの曇り空。
少し回り道をして取立山避難小屋着。やったね、貸切♪
たこ焼き、チャプチェ、煮込みラーメンなど美味しく頂きながら少し寒くなってきたのでテントを張り3人で贅沢に広々。
21:00就寝。気温は結構低く雪がチラホラ降っていました。

21日 4:00 起床 相変わらず山の朝は早い・・・
6:30 出発 前夜の冷え込みでクラストしていたのでこの日はアイゼン装着。登山道に出たところで荷物をデポし、身軽になります。
ガスが出ていますが天気は回復傾向の予報なので綺麗な樹氷を楽しみながらアップダウンを繰り返しまずは鉢伏山へ。
9:00 鉢伏山着 1549m ここから大長山が見えますが、200m下って300m登り返さなければなりません。思わず気弱になりすぐそこの烏岳に行って帰ろう、と提案しましたがアッサリ却下。しぶしぶ歩を進めます。この山は地元の方にも人気のようで、たくさんの登山者・山スキーヤーがおり、マイペースな私達をサクサク抜いてトレースをつけてくれるので迷うこともなくありがたかったです。
色々な記録によると鉢伏山から大長山まで、まっすぐ登ってしまうと大長山の山頂手前で傾斜がとても急になり大変だということなのでやや東の尾根つたいにコースをとります。
それにしても、この300mの登り返しはかなりな斜度で私はピッケル出しておけばよかった~、と思いながら登っているというのに、アイゼンなしで登っていかれる方も多かったです。
斜面を登りきると大長山はもうすぐです。人が結構大きく見えるのを心の糧にし、もうひとがんばり。
10:30 大長山着 1671m
ガスも晴れつつあり、雲の切れ間に北東に白山、別山が見えます。南南西には経ヶ岳、その奥には荒島岳、南には当初予定の赤兎山。360度の展望が開けふんわりなだらかな山頂で、なるほど人気あるのも解るわ。
個人的には経ヶ岳がかっこよかったので一度登ってみたいな、と思いました。
11:00 大長山発
一歩進むごとに晴れていくようで、何度も立ち止まって写真を撮りながらトレースをたどって戻ります。この頃には宇宙まで続いていると納得する青空に昨夜の雪化粧が真っ白に映え、この冬一番の雪山を堪能しました。気温は徐々に上がり樹氷がパラパラと音を立てて落ちていきます。
12:30 鉢伏山 14:00 デポ地 ここでアイゼンからスノーシューに履き替え。
15:40 林道終点 帰りの高速は3連休最終日とあってかなり混みました。
21:30 帰阪

久々のテント泊で少し不安でしたが、天気に恵まれ大満足の山行でした。

b-IMGP3101.jpg


b-IMGP3052.jpg

林道終点ここから登山開始
b-林道終点、ここから登山道


東山憩いの森からスノーシュー入山
b-東山憩いの森からスノーシュー入山


b-IMGP3048.jpg


b-IMGP3053.jpg


b-IMGP3065.jpg


b-IMGP3068.jpg


b-IMGP3078.jpg


b-IMGP3083.jpg


b-IMGP3088.jpg


b-IMGP3092.jpg


b-IMGP3094.jpg


b-IMGP3095.jpg


b-IMGP3099.jpg


b-KIMG0204.jpg


b-ぐんぐん高度を上げる


b-傾斜がでてきました。


b-KIMG0258.jpg


b-やっと着きました大長山

この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.03.20-21 焼岳 | メイン | 2016.03.12 霊仙山/福寿草ハイク>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/468-f81952c5
| メイン |