2016.03.20-21 焼岳
行き先 北アルプス 焼岳
2016年3月19日夜~21日(日)
参加者 3名
当初、白山三峰の予定であったが、白山の天気予報があまり良くないので焼岳に変更する。
3月19日(土)19時大阪発で24時前に平湯に到着。テントを張り小宴会。
3月20日(日)ちょっと寝過ごし、7時前に中の湯温泉到着。7:50温泉の裏からアイゼンを付けて登山開始。20分程で噴火警戒情報の看板に到着。レベルは1で異常なし。山スキーの数人のパーティーが先行した。そのトレースを歩く。地図を見るが取り付きが分かり難い。Gpsで確認すると夏道登山道よりどんどん離れて行く。これはおかしいと思い引き返す。自分も山スキーをするが、山スキーは登山コースと関係なく、面白く滑れる所を行く傾向があるからだ。他にトレースが無いか探していると、一旦少し下降するが方向は夏道登山道に向かっているのを見つける。こちらが正しいと思って少し下降する。膝下まで潜るのでスノーシューに履き替える。トレースが消え、急な登りの斜面になる。コンパスとgpsで確認しても焼岳に突き上げているので、トレースが無いのもお構いなしに、急斜面をどんどん登って行く。雪が締まってきたのでスノーシューからまたアイゼンに履き替える。一時間程登ると、明確なトレースと合流する。どうやら引き返した道がもう少し先で急に湾曲し、ちゃんとした冬道になっていたようだ。一時間程トレースのない急斜面を登らせ、二人を疲れさせてしまった。ちょうど12時に標高2000mに達するが、ガスが出てきて視界が悪い。登頂しても展望は期待できないし、時間的に温泉に入れなくなるかもしれない。明日の方が天気予報も良い。本日はゆっくり温泉を楽しむ事とし、あっさりと下山を決定。1時30分に中の湯温泉へ戻る。

積雪で閉鎖になっている近くの林道にテントを設営して、いそいそ温泉へ。中の湯温泉は日本秘湯の会にも入っている立派な温泉旅館である。一時間余り入浴。露天風呂からの穂高の眺めも素晴らしく、泉質も良く、体の芯から温まる。この温泉だけでも此処まで来る価値はある。ロビーにはお茶と饅頭も用意して有り、ゆっくりくつろがせて頂く。ほっこりした体でテントに戻り宴会開始。今回、食担はTさん。前菜の焼き鳥に風呂上りのビールは最高に美味い。メインは野菜もたっぷりの豚汁。酒も車に充分積んである。

3月21日(月) 4時起床 ゆったりとフランス料理風の朝食を頂く。 6時20分 昨日と同じく中の湯温泉の裏から登山開始。昨日と違いトレースもしっかり付いていて、楽々である。青空も広がる。標高2000mを超えた辺りから、昨日は目にする事ができなかった、焼岳が真っ白な雪原から優美な姿を現す。活火山らしく南峰、北峰のピークの間から真っ白な噴煙も少し上がっている。

Tさんが少し疲れ気味。トレースもはっきりしているので、Aさんと私が先行する。Aさんは冬のアルプスのピークを踏んだ事がないそうで、なんとか今回は登らせてあげたい。中の湯温泉を出発する時に出会った男性が、早くも降りてこられた。しばらくすると、また駆け上がって戻って来られた。聞くとスマホを落とされたとの事。私たちを抜いてスマホを探しに、また登られて行った。すぐにAさんが踏み跡の穴に落ちているスマホを発見し呼び戻す。大変感謝しておられ、私たちの写真をヤマレコに載せるとか?
10時にピーク到着。真っ青な空に北アルプスの白い峰々。眼前に立ち上る真っ白な噴煙。期待した通りの素晴らしい展望を楽しむ。昨日12時で打ち切り、今日登頂したのが正解だった。

高度で100m程降りた所でTさんと合流。充分景色を楽しめた、との事で3人で記念撮影をして、下山開始。13時に中の湯温泉到着。
せっかくの良い温泉なので、またゆっくり入湯する。男風呂は誰もおらす゛貸切。15時大阪に向けて出発。
晴天の下焼岳に登れ、名湯に2回入り、美味しい料理に風呂上りのビールと贅沢で楽しい山行でした。

b-ya47.jpg



b-ya2.jpg


b-ya3.jpg


b-ya4.jpg


b-ya13.jpg


b-ya16.jpg


b-ya16.jpg


b-ya35.jpg


b-ya45.jpg


b-ya54.jpg


b-ya57.jpg


b-ya66.jpg


b-ya67.jpg


b-ya73.jpg


b-ya76.jpg


b-ya82.jpg
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.03.27 例会岩トレ/仁川渓谷 | メイン | 2016.03.20-21取立山~大長山>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/469-8d4d2472
| メイン |