2016.04.09 再度山ハイキング/六甲

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



再度山周辺ハイキング報告
実施日:2016年4月9日(日帰り)
参加者:4名
行程: 8:30三宮~9:00新神戸~布引滝~10:00市ヶ原~10:30高雄山~11:00再度公園~12:00大龍寺~12:30猩ヶ池~再度山荘~15:30元町

再度山は六甲山地西部に位置する山。すぐ近くに人気の摩耶山や菊水山があるが、縦走コースから外れているので、今まで知りもしない山だったが、登山を再開するにあたり地図を見ていて「ふたたぴ」という山名が目にとまった。
ダジャレ感覚で適当に選んだ山だが、さすがは神戸の山、ロープウェイやドライブウェイからの路線バス利用などエスケープルートが豊富で、ポンコツになってしまった左足を連れて歩くには安心である。
休んでいる間、Aさんからしばしば経過を訊ねて頂き、治ったらご一緒下さるとのことだったので早速連絡。 ただの低山ハイキングと言えども久しぶりの山と思うと気弱になり、O師匠を無断でリーダーにして準備は万全。Yさんもご一緒下さることになり明日は楽しいに違いないと思うと前夜はワクワクしてなかなか寝付けなかった。

当日8:30三宮。電車が遅延したため数分遅刻して駆けつけると皆様すでに集合済で申し訳ない出発となった。
登山口のある新神戸駅方面に向かってゆっくり歩いて行く。
市街地では終わりかけの桜も布引滝のあたりまで来ると満開。芽吹いたばかりの新緑も美しく先へ先へと心は急ぐが、行く手はひたすら階段。
どうも左足の踏ん張りが弱く一瞬不安になるが、おしゃべりしているうちに登り終えてひと安心。
五本松ダムまで来ると桜に加えてハナミズキの白い花が加わり眺めがより一層華やかになった。足元にはタチツボスミレが清楚に咲いているのも春ならでは。
今回は筋力、体力とも低下しているので、行動時間をコースタイムの1.2倍で計算していたが、軽荷なのと登山道が歩き易いこともあり市ヶ原まで50分で歩くことができた。
予定では市ヶ谷から再度東谷方面に分岐し高雄山を目指すかか、具合が悪ければそのまま大龍寺に向かおうと考えていたが、足に不具合はない。天気も景色も良いのでもう少し歩けそうだ。皆で地図を確認して地蔵谷からトゥエンティクロス方面に半時計回りに高雄山を目指すことにした。
地蔵谷出合手前で5mほどの渡渉。安定した置石があり簡単そうで皆は別段何も意識せず通過していくが、多少不安のある私は油断は禁物。一人だけやたら慎重にゆっくり渡り密かに安堵した(汗)。

遠回りして北側の尾根から高雄山に取り付いたお陰で、ピークに着くと目前の木々から瀬戸内海が垣間見え解放的な気分になった。
しばし休憩の後、一路再度公園へ。
この時、予定とは違うルートで登って来ていたのを忘れて頭の中で用意していた方向にうっかり足を進めてしまうが、すぐにOさんに違うと指摘され地図を確認。危うく市ヶ谷へ戻るところだった。(まったくもう!)
再度公園の修法ヶ池の畔でもう今年は見納めになるだろう満開の桜を堪能。清潔なお手洗いを拝借し再度乗越から大龍寺へ向かった。
再度山は弘法大師が唐に渡る前後に2度この寺で修業したことに由来して名付けられた山で、奥の院からすぐ上が頂上。奥の院には弘法大師作の亀岩なるものがあるらしいが、行く手には目眩いがするほど延々続く階段....
協議の結果、この山門を再度山と解釈することとし皆で合掌。大師様の通った有り難い大師道を下った。
猩ヶ池まで来ると聴き覚えは無いが、カエルのような鳴き声がする。でもカエルにしては上品な声である。
Oさんがモリアオガエルの鳴き声だと教えて下さった。
自宅に帰りYoTubeで動画を見てみたが、私はカエルが苦手なので声だけ聞いて検索するのは止めておけば良かったと少々後悔(笑)。
再度谷沿いの大師道はやがて舗装道路となり諏訪山公園へ繋がった。元町へ足を伸ばし、土産の肉まんを購入。皆余力があるので徒歩で三宮へ戻り帰阪。
別れ際にAさんが復帰祝いにと日本酒を下さった。今日一日ずっと密かに担いで歩いてくれたのだと思うと、泣きはしないが感激した。大事にいただきます。ありがとうございました。
また、入会何の興味も無かった岩登りの楽しさを教えてくださり、毎月の岩トレから絶叫のアブミ登攀、そして今回のリハビリハイクと色んな山に一緒下さり、山を通じて色々なことを教えて下さる博学な師匠のOさん。お世話になりっ放しで恐縮ですが、まだまだ教えて頂きたいことが山ほどあります。これに懲りず今後もご指導よろしくお願いいたします。ひょっとしたらいつか恩返しできる日が来るかも知れません。 皆様大変お世話になりました。

b-sdsdsdjpos4.jpg



b-11111111.jpg


b-dsdjpsdo3.jpg
Category: ハイキング
Published on: Sat,  09 2016 00:52
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment