2016.04.17 第一回初級登山講習会/金剛山報告書
- 2016/04/23(Sat) -
行程 :金剛山登山口PK~妙見谷入口~妙見滝~金剛山山頂広場
    ~カトラ谷~黒栂谷道~金剛山登山口PK

天気は午前中雨で、お昼頃に低気圧と交わり一部地域では強風を伴う一時的な悪天候の予報も。
どうなる今日1日と不安はある中、行って、やってみないと分からない!と気分を奮い立たせる。
7:30JR森ノ宮駅集合11名→金剛山登山口PK8:50着。現地集合3名と9:10合流。
集合時間には小雨が降っていたものの、車で現地に向かうほどに晴れ間が出てきて、集合した時には
晴天!金剛山登山口PKにて身支度を整えた後、装備に関して、歩き方、山岳会に加入するとは、コンパス赤々合わせの簡単な説明をした後、あれれ??雨がパラリパラリ。皆でレインを着て、Tさんの動的ストレッチを経て9:40出発。

金剛山登山口PKからバス進行方向に歩き10分程で妙見谷の入口ゲート。先頭を歩いているのに体験の方と話ししていてゲートをスルー。皆に呼び止められて、失敗失敗。Tさんに先頭を代わってもらい、10分程更に歩くと、Mリーダーがレイン着用の為で熱くなっている状態を見て、温度調節の声掛けをしてくださる。またもや失敗。私がせねば!妙見滝までの道は細くなっている個所、梯子など出てくるが、体験の方も問題なく通過。10:20妙見滝に到着。ここで休憩を取り、アイゼントレーニングメンバーはアイゼンを着用。10:30妙見滝の右側の巻き道を上がる。この後は沢道がスタート。
水量は少し多い感じがするが、特段状態は悪くなく、すべり易い事に気を使ってもらいながら進む。
岩が滑る為、最前列と最後尾の開きが出てきた為 Sさんが休憩1本の声を。11:00休憩。
10分ほど休憩を取る。1本とは5分、大休止で10分である。余力十分なメンバーが時間を余らせていた事もあり、休憩時間の取り過ぎに注意を頂く。少し進むと沢が2方向に分岐している地点につき、
ここで地図確認の時間を取る。この後20分ほど沢を登ってゆくと、どんどん急登へ。沢が切れ、
笹が見え始め尾根までもう少しの感を出すが、まだまだ急登が続き、汗をふきふき登って行く。
左に千早本道の階段道が見え、間もなくゲートに到着。12:00着。山頂公園に進み12:15から昼食開始。途中、ぱらりと降っていた雨もこの頃には全くなく、ジリジリ暑い雰囲気を漂わせる青空に。風が強い事を不安に思ったが思いの他、山頂でも風に吹かれず気持ちの良い昼食時間となる。
12:50、ゆっくりと食事を終えた後、リーダーさんが例会でタイムアップとなったロープワーク等で聞きたい事、知りたい事があれば・・・と体験時間を作って下さる。ひょんな事から、シュリンゲによる簡易ハーネスの体験や、ダブルフィギアエイトノットの変形版を作ってみる事を体験者の方も含め実践。あーでもないこーでも無いと、楽しい時間を過ごす。
13:35下山開始。カトラ谷へ。2週間前とは異なり、バイケイソウは伸び、また緑も豊かに。
ニリンソウ群生地もちょこちょこ咲いていて目を楽しませて貰う。整備された道から谷道、梯子下りを経て、14:30下山。PKで、Tさんによる下山後の静的ストレッチを実施。
皆さんの協力と笑顔で良き1日となった初級講習会の終了となりました。

121212333.jpg
この記事のURL | 初級講習会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.04.29 木梶林道~国見山周回/台高山脈 | メイン | 2016.04.17 第一回初級登山講習会/金剛山>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/480-df2b482a
| メイン |