2016.04.29 木梶林道~国見山周回/台高山脈

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



9:12 木梶林道駐車スペース~11:40 赤ゾレ山~13:43 馬駈ヶ辻~12:26 国見山 (12:30~昼食)
13:20 国見山 出発~13:43 馬駈ヶ辻~14:35 木梶山(南峰)~15:10 木梶林道出合~16:14 スタート地点

木梶林道をギリギリまで車で入り、徒歩にて赤ゾレ山直登ルートへ取付くが取付きが判らず30分程ルーファイに時間を取られる。
渡渉後、アイトレ組はアイゼン、ピッケルを装備します。 私は重登山靴+60Lザック(20kg)歩荷。
直登ルートは勾配がキツく、前日の雨で足元が緩く緊張する場面もありました、木を掴んで支点を取ろうものなら腐っているので非常に危険です。P1176にて、ようやく台高山脈の縦走路がハッキリと見えるようになりました。
この日は気温が低く、5℃程しかなく、強風(風速15m/s)程で体温調節が難しかったです。赤ゾレ山到着時、今後のルートについて時間と体調を見て判断。駈ヶ辻まで行って最終的な判断を決定することにしましたが、結果的に国見山まで行きピストンで馬駈ヶ辻に戻る事になりました。国見山到着後、風を避けるために斜面を背に昼食を摂る。
昼食後、国見山から馬駈ヶ辻へ戻る時にようやく晴れ間が見えてきました。馬駈ヶ辻から地図とコンパスでルーファイをしながら下山ルートへ、木梶山へ向かう稜線はススキが美しく、素晴らしい景色だった。ただ遮る物が無く、この日一番の強風を受けるポイントでもありました。木梶山を通過後は急峻な坂をひたすら下るルートで緊張感があります。ウェットコンディションで足元が緩く、伐採後の切り株は腐っていて危険だった。木梶林道に出合、川で汚れたアイゼンとピッケルを洗い流し、16:14 無事にスタート地点へと帰還を果たしました。

s-RIMG5650.jpg


s-RIMG5601.jpg


s-RIMG5611.jpg


s-RIMG5616.jpg


s-RIMG5621.jpg


s-RIMG5627.jpg


s-RIMG5644.jpg


s-RIMG5653.jpg


s-RIMG5659.jpg


s-RIMG5677.jpg


s-RIMG5684.jpg


s-RIMG5687.jpg


s-RIMG5701.jpg


s-RIMG5709.jpg


s-RIMG5710.jpg


s-RIMG5719.jpg


s-RIMG5724.jpg
Category: アイゼントレ
Published on: Sat,  30 2016 18:29
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment