2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



今年のゴールデンウィークは前半、後半とも山は大荒れになりました。前半だけでも5名が遭難し多数の人が救助された模様でした。原因は想定外の悪天候との事、平地では穏やかでしたが山は荒れた模様で、私達もきを引き締めます。

後半は言うと、3日、4日は低気圧が発達しながら近づき暖かい南風が強まる予報でした、予定では四国、剣山の縦走予定でしたが当日に急遽、東方面に変更をしました。天気を考慮し、無理のない山域を選んだ結果、奥秩父の金峰山、瑞牆山へ出向く事となりました。

大阪から少し遠いですが金峰山、瑞牆山とも百名山で、標高は2500m程度。ベースとなる富士見平へは駐車場から1時間、そこから両山へのアクセスが容易い場所でもあります。
3日は平地でも相当風が強かったようです、もちろん山も強風が吹き荒れていましたが金峰山に登頂。低気圧が去った4日は晴天に恵まれました。

瑞牆山から八ヶ岳連峰を仰ぐ
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 141

3日9時
天気図を見る限り3日の奥秩父はなんとか夕方までもってくれそうだが4日は昼前まで雨が残りそうな気配だったが・・・
s-2016-05-03-09-00-00-large.jpg

急遽場所を変更したので仮眠時間は1時間足らずでしたが皆元気 瑞牆山荘より登ります。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 003


ネコノメソウ
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 013


富士見平でテントを張ります
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 018


バイカオウレン
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 029


大日岩に立ち寄りました。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 039


s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 049


s-OI000027.jpg


雄大な富士山
s-OI000050.jpg


そこから金峰山を見ると・・・ まだまだ遠い
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 037


稜線に出る手前で登山道が凍結していました。慎重に歩いたので、念の為に用意していた軽アイゼンは使いませんでした。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 057


稜線に出るとかなりの強風。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 062


五丈石に到着。風が強くゆっくりしていられない
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 075


金峰山2595m
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 082



立ってらないほどの強風に煽られ金峰山から慎重に下ります。
矢印をクリックすると動画が見れます。



テント場に戻り、富士見平小屋ビールで乾杯
ご飯を炊き、沢山の豪華な食事を頂きました。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 096


5/4 夜は強い雨風がテント周辺で舞います。
朝6時の時点ではまだ雨が降っていました。昨晩決めた通り、ゆっくり朝食をとりテントを片付け下山準備をしていると、急速に天気が回復、予定より出発がかなり遅れましたが瑞牆山に登る事になりました。

桃太郎岩
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 106


この辺りは岩につっかい棒をしている光景がよく見られます。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 110


富士山が綺麗に見えます。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 115


大ヤスリ岩
帰ってから調べてみるとしっかりとした、クライミングルートがあり、A1で登れるみたいです。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 119


瑞牆山 2230m
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 125


富士山をバックに記念撮影
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 133


山頂からは八ヶ岳、南・中央アルプスなど大展望が楽しめました。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 149


下山後、瑞牆山の山容を撮影。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 165


岐路、お風呂に入り食事をして帰宅しました。
悪天にもまけず百名山を2座登頂出来きたのはラッキーでした。
s-2016.05.03-04 金峰山、瑞牆山 166
Category: アルプス登山
Published on: Thu,  05 2016 00:51
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment