2016.07.17-18 前穂高岳4峰正面壁登攀

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



今回は今年一番と言っても言い難しい登攀、前穂高岳の4峰正面壁、北条・新村ルートを登攀するためにやってきました。
状況により登攀は困難だった場合は奥又白池よりA沢を詰め前穂高岳に立つ計画です。
参加者4名
b前穂高岳北条、新村 039

直前のヤマテン情報では一日目は少し雨が降るが二日目は曇天予報の為決行となり上高地に入ります。
馴染みのタクシー屋さんに予約を入れ早朝5時すぎに上高地に入ります
3連休の中日、天気が悪いですが上高地には人は沢山居ました。
b前穂高岳北条、新村 001


キバナノヤマオダマキ
b前穂高岳北条、新村 002


河童橋から 高い山々はまったく見えません
b前穂高岳北条、新村 005

b前穂高岳北条、新村 004


クガイソウ
b前穂高岳北条、新村 008


b前穂高岳北条、新村 011


徳沢に着きました。 この辺りから雨が降り出します。
b前穂高岳北条、新村 015


新村橋を渡ります 今回行く北条・新村ルートの名。新村橋は昭和初期の名登山家、新村正一の功績を偲んで架けられた吊り橋であります。
b前穂高岳北条、新村 020


涸沢へ抜けるパノラマコースは積雪の為 まだ通行止めです。
b前穂高岳北条、新村 021


一般登山道も人が歩いていないので草が生え放題で衣類が濡れます。当初の天気予報と違い雨が容赦なく降り続きます。
雨と汗で全身濡れてきました。途中で撤退してきたパーティーと出会います。深夜2時ごろから大雨が降り出したとか・・・
やはり下界と山とでは随分天候は違ったようです。
b前穂高岳北条、新村 045


中畠新道の分岐に着きました。ここからは破線ルートで急傾斜の山道が続きます。
b前穂高岳北条、新村 026


中畠新道 標高2200mまで登ってきました、しかし雨・雨・雨で登山靴・靴下・シャツ・パンツの全てが濡れてしまいました。寒いです。今回は最軽量の荷物の為 テント・シュラフ・マットはありません。おまけに4名でガスセットは1個 このまま奥又白池に行ったとしてもツエルトビバーグでは低体温症になりかねません 無理をせずに徹底を決断、上高地に戻ります。
b前穂高岳北条、新村 033

中畠新道の分岐まで帰ってきました。
b前穂高岳北条、新村 039


クルマユリ
b前穂高岳北条、新村 044


上高地から歩き出して約10時間・・・再び上高地に戻ってきました。
カフェのトワサンク 暖かいコーヒーを飲み生き返ります お土産を買って帰ります。アップルパイが有名です。
b前穂高岳北条、新村 047


16時予約していたタクシーに乗り込み平湯に戻ります。タクシーの運転手さんに湯がきたてのとうもろこしを頂きました。
平湯の湯に浸かり、いつものあんき屋で夕食を取り帰阪しました。
また来年リベンジですね。
b前穂高岳北条、新村 050
Category: クライミング(岩登り)
Published on: Mon,  18 2016 10:36
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment