2016.07.27 雨飾山

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



参加者4名

雨飾山---ロマンチックな名前の100名山---以前から気になっていた。去年の秋、すぐ近くの妙高~火打に登ったが、雨飾には日程的に登れず残念に思っていた。
かなり遠いし、一山だけ、ぽつんと取り残してしまったようで、なかなか来れないだろうなぁ~と思っていた。しかし意外と早く、今回企画する事が出来た。

22日夜9時大阪発で23日の朝5時前に登山口の駐車場着。5時30分登山開始。 しばらく板敷の水平道を歩く。横には綺麗な沢が流れており、水芭蕉も咲いていた。イワナもいるそうだ。鳥も囀り、大変気持ちの良いコースである。やがてブナの森となる。登山道にもブナの根がゴヅゴツ、網のように張り出している。見事な大木が多数林立している。豪雪の為か大体の木は根元が少し曲がっている。緑がまぶしい。ブナの森の限界を超えると荒菅沢までの約150mの下りとなる。 沢には登山者が数人休まれていて、私たちも一本取る。沢からは急登となるが、可憐な高山植物が咲き乱れて、私たちを迎えてくれた。
みんな夢中で写真を撮っている。

笹平に出るとお花畑が広がっていて、トンボが空をのんびり舞っている。 Nさんがストックを空に突き立てていると、先にトンボが停まった。9時15分にピーク到着。ガスで展望は良くなかったが、綺麗なお花畑には大満足。 雨飾は紅葉が美しいとは聞いていましたがお花も大変綺麗でした。2000mに満たない山ですが、変化に富んだ、綺麗なコースで、人気が有るのも納得できました。
13時20分に下山し、雨飾温泉で汗を流す。帰路の高速道路も空いており、その日のうちに大阪に帰る事ができました。
約25時間で往復1000キロ走行し、ゆったり雨飾山に登り、温泉も楽しめました。
 bam83.jpg




登山口
bam2.jpg


bam5.jpg


bam7.jpg


bam8.jpg


ブナ林
bam19.jpg


アジサイ
bam23.jpg


荒菅沢
bam31.jpg


ヨツバヒヨドリ
bam35.jpg


シモツケソウ
bam42.jpg


ヤマボタルフクロ
bam43.jpg


オミナエシ
bam44.jpg


ヤマハハコ
bam49.jpg


カラワナデシコ
bam53.jpg


シモツケソウ
bam54.jpg


ウツボグサ
bam67.jpg


ハクサンフウロ
bam69.jpg


bam73.jpg


ミヤマシシウド
bam78.jpg


bam90.jpg


bam83.jpg


オオギバボウシ
bam87.jpg


bam92.jpg


山頂
bam106.jpg


下り ブナ林
bam118.jpg


無事下山
bam126.jpg


bam127.jpg


夕食
bam129.jpg
Category: アルプス登山
Published on: Sat,  30 2016 19:53
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment