2016.07.23 木屋谷川沢登り/台高山脈

  
2016.07.23 木屋谷川(台高) 山行報告
<行程>
7/23(土) 曇り 気温20度前後 
大阪(6:00)-千秋橋車止め(9:00)-万歳橋入渓(10:15)-一本(10:50)-ワサビ谷出合(11:10)-12M滝高巻き - 昼食(12:10 - 13:00)- 奥山谷出会 - chockstone高巻き - 懸垂下降練習(16:30-14:00)- 帰阪
<参加者> 
6名

a-IMGP3748-17.jpg



<山行内容について>
千秋橋車止めに着き入渓準備を全員済ませ、数十分林道歩きして入渓地点万歳橋まで辿り着くとはや10時前でした。ここでFさんが、今日は国見までは到底無理やなあと宣言されました。
長らく沢靴に埃を被せていたので、遡行はじめると何もかも新鮮です。幸い気温は高すぎず水は冷たすぎず、ヒルの姿も見当たらず快適な沢歩き。一本取りますが思うほど進んでいません。休憩後まもなくやっとワサビ谷出合。きれいな二俣です。この前後辺りで、トラバースを足を滑らしてしまい、派手に落っこちてしましました。この山行で一番のアウトだったと思います。ザック半分以上水没したので、水から上がりながら、防水ビニール穴空いて無かったかな、と不安がよぎりました。初心者はしっかりザック防水して入渓すべしです。でないと電子機器がいくつあっても足りません。それより精神的ダメージが大きく、そのあとしばらく一歩岩上に踏み出すにもびくびくです。落ちてすぐ、後ろを歩いていたHさんが「怪我はない? 大丈夫、ここは落ちても大丈夫なとこだから」とフォローしてくださいましたが、結果はそうあれ、自身が「ここは落ちても大丈夫かどうか」という点に意識的でない状態で不用意な一歩を踏んでしまったことに大変ショックでした。これぐらいならいける、と足だけ安易に踏み出すと沢では痛い目に合う。感覚は経験と学習で身についていくでしょうか。盆連休の山行で手応えが掴めるか楽しみです。
やがて12Mの滝が現れました。美しいなあと思いましたが、周りのメンバーとくに沢熟練のメンバーにはそう映らないようです。私は人より無感動なことが普段多いのですが、この12Mの滝は普通に良い滝だと思ったので、周りの無感動にはむしろ驚きました。まあいいけど。これを高巻きしました。落石しそうで緊張感がありました。例会で高巻きは間を開けず繋がって間を開けないこと、と言っていたのを思いだしました。高巻きは容易だけど危険が多いから、多用すべきでないと言っていた意味も感じられました。高巻きでのロープワークは覚えたてのラビットノットをやってみたりしましたが、ほかにエイトノットについてはインラインのやり方を使うんだよと教わったり、また後のトラバースではカラビナ2枚使った確保(沢登り講習でそういえばやったこと有る)をさっぱり忘れてたりでお勉強でした。先頭を行ったリーダーが、どんな運びで他メンバーを確保する意図か、確保される側として待ち時間にイメージしておくべしとご指導いただきました。
高巻きを無事抜けると、良い時間だったのでお昼となりました。身体も幸い冷え過ぎることなかったので、のんびりと昼食をとりました。昼食後は切りの良いポイントで引き返すべしでした。ひょっこりと奥山谷出会に出ました。chockstoneも行きと帰り高巻きしましたが、「チョックストーン」という言葉は初耳でしたので何度も聞き返しました。間に岩が(宙に浮いた状態に)挟まっている、という意味だそうです。
懸垂下降練習の時間をとっていただいたのち、登山道を引き返しました。途中点線登山道を外れてしまい、沢下降をしましたが、Hさんが地形図を読みながらワサビ谷出会のあたりが登山道に距離が近く復帰しやすい云々ご判断で、なるほど勉強になりました。(実際ご判断の通りでした。)突き上げるのも標高差数十m内で傾斜が大した急でなく普通の斜面表面なら行けそうかな、とか感覚を場数を踏みながら意識的に身につけていきたいものです。登山道に出ると点線ながらしっかりしたもので、あっという間に入渓地点に降りました。林道歩きで千秋橋。駐車場で沢歩き装備をめいめい解除しても、ヒル一匹もなく平穏に感謝しました。沢超初心者の自分にはとても良い勉強、復習になりました。今年は間を開けず沢靴をはいて、安全に遡行できる技術・感覚を少しでも習得できるよう目指そうと思いました。ご担当・リーダー・メンバーの皆さま、楽しい山行をありがとうございました。

ここより入渓
a-ここより入渓3


a-IMGP3732-4.jpg


a-IMGP3733-5.jpg


3条5m
a-3条5m滝6


2m斜 右から
a-2m斜右から。8


2条3m
a-2条3m滝11


a-この後滑ってしまいました。13


本日の核心 12m
a-今日の核心12m滝-15


狭い廊下
a-狭い廊下20


a-IMGP3753-21.jpg


懸垂下降
a-懸垂で沢下降28
Category: 沢登り
Published on: Sun,  07 2016 20:50
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment