2016.08.13 立山三山と奥大日岳
- 2016/09/04(Sun) -
立山三山と奥大日岳
2016年8月13日~14日
参加 2名
12日前夜  19:30茨木―13日1:00立山駅駐車場

13日立山駅 6時40分発ケーブル―室堂―雷鳥沢キャンプ場9:00-9:40テント場出発―大走コースへ12:00大走分岐点-13:20富士の折立-13:50大汝山―14;30雄山―15:10雄山出発―16:30テント場着

14日 4時起床―5:40テント場―8:00奥大日岳―10:00テント場―みくりが池温泉入浴―13:00室堂―立山駅―23:00帰阪

 私は3月以降山とご無沙汰だったので、今回はすぐにテント場に着いて、なおかつ3000mのアルプスを楽しめるコースにしてみた。
 前夜発、立山駅の駐車場で車中仮眠、5時に起きて駅へ行くとすでに行列で、6時40分発のケーブルに乗ることができた。室堂を経て、とりあえず雷鳥沢キャンプ場でテントを張っておく。
 今日は立山を巡る。雷鳥沢から大走りコースを行く。いつもゆっくりだけど、久しぶりだからさらにゆっくり登った気がする。朝から快晴で暑かったが、稜線に近づくにつれ雲が出てきた。その分涼しくなって歩きやすかった。稜線に上がってしまうと大したアップダウンもないので久しぶりの3000mの稜線をゆったり歩く。雄山では、頂上神社は何回も行っているのでUさんのみ行っていただく。雄山周辺は人が多く、さすがに観光地というかんじだったが、一ノ越を雷鳥沢のほうへ曲がると、一気に人も少なくなり落ち着いた気分になれた。テント場にもどり、これまたのんびり二人でだらだら夕食タイム。
 2日目は奥大日岳まで往復する。この日も天気が良く、このコースは初めて歩くので、楽しみだった。雷鳥沢から新室堂乗越までとそのあとの尾根道も花がいっぱいの道で、昨日の岩の多い道とはまた感じが違う。その中でみごとに群生しているチングルマは花がすっかり終わっていて、(いつも少しぐらいは残っているのに)ちょっと花も見たかったなと思う。登山道はとても歩きやすく、近づくにつれ剣岳の姿もよく見えてくるのが気持ちいい。朝早いので、昨日より眺望もよく、奥大日岳に到着。今日はここまでなのでゆっくり眺めを楽しみ、下山した。この先の縦走もまたしてみたい。
 テント場に帰って片付け、みくりが池温泉で汗を流して、人の多い室堂はさっさと行き過ぎて帰途につく。帰りは渋滞ありだったが、山は終始、好天で、のんびり山の空気を味わえた。もう少し長居できればよいのだけど・・。   
この記事のURL | アルプス登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.08.13-15 コブ尾根・ジャンダルム飛騨尾根/岩登り | メイン | 2016.08.27>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/515-b7f00821
| メイン |