2016.08.13-15 コブ尾根・ジャンダルム飛騨尾根/岩登り
コブ尾根・ジャンダルム飛騨尾根登攀 報告
山行期間:2016年8月13日~15日(前夜発)
参加者:3名

行程:
8/12(木)21:00大阪~01:30ほうのき平(仮眠)
8/13(金)07:00上高地~10:00岳沢小屋10:45~コブ沢~コブ尾根末端15:30(幕営)
8/14(土)04:45 幕営地~マイナーピーク~10:30コブ1峰(登攀)~11:10コブの頭11:30~アルファルンゼ下降~13:00飛騨尾根T3取付(登攀)~17:20ジャンダルム~18:00コブの頭(幕営)
8/15(日)07:00幕営地~8:00天狗のコル~12:00上高地~(入浴・食事)~20:00帰阪

[報告]
3週間前は雨に降られてしょんぼり上高地をあとにしたが、今回こそは穂高を満喫したいと願いを込めて舞い戻った。
計画は上高地の風景の象徴である河童橋から見えるカール、岳沢の最も顕著な尾根であるコブ尾根を登攀、そしてそのまま穂高主稜線へと登り詰めて、岐阜県側にあるジャンダルム飛騨尾根を登攀するというもの。
出発前にOさんから「穂高の岩場」という本をお借りして予習したところ、グレード的にはさほど難易度は高くないと紹介があり北条・新村ルートとは異なって気楽な気持ちで参加した。

当日朝少々雨に降られたため、予定より少し遅れて上高地(1500m)を出発。 河童橋でこれから向かう岳沢を眺めてルートを確認する。梓川の先に広がる紫翠から彫刻のようにそびえ立つ穂高の鋭峰は何度見ても絵画のように美しい。
穂高のカールと言えば涸沢のほうが人気も知名度も高いが、重太郎新道しか一般道を配さないこの岳沢は人を容易に寄せ付けない気高さを感じて、私はこちらの方により魅力を感じる。

河童橋から梓川の右岸を10分ほど歩くと岳沢登山口の案内があり、岳川谷沿いの少し暗い樹林帯の登山道へと歩を進めた。
前回は雪のある時期に歩いたので気が付かなかったが、登山道脇のいたるところに風穴があり、中の氷が天然クーラーとして冷涼な風を作り登っていてとても心地よい。
荷物が多めなので途中でバテないか心配していたが、風穴のおかげで調子よく岳沢小屋(2216m)に到着。 小屋のテラスで登攀具を身に着け下山日までの水を各自6リットル準備する。
しばらく人工的な物とはお別れなので、小屋名物?のシャーベットを食べて栄養補給。
汗が引いたところでいざコブ沢へ。
突然ザックが6kgも重くなったので担いだ途端によろけた。少々先が思いやられたが、雪渓から吹き降ろす冷たい風に励まされながらのろのろと登る。 強者の先輩の両氏は「まだあと5kgくらいは担げそうだ」と恐ろしいことを言って登って行く。 一番体力のない私の水を担いでも良いと夢のような提案があったが、この先ほかに助けてもらわなければならない事態が多々ありそうなので心を鬼にして辞退した。
ほどなくして雪渓地帯に到達したが、今年は融雪がかなり進んでいてボロボロのスノーブリッジとなっていた。あちらこちらに崩落した雪渓の残骸が横たわっている。
Oさんの本によると、本来は右寄りに雪渓上を登り滝状ガーリーに取付くとなっているが、どうやらこの危なそうなスノーブリッジの下から取付かなければいけない様子である。
Kさんが中の状態を偵察、尾根に上がるルートを発見。
危ないのでコールがあるまで離れて待機しているよう指示があった。
ほどなくして上部からハーケンを打つ音が響いてくる。尾根への取付はそんなに容易ではないと分かりにわかに緊張した。
5分ほどして登ってくるよう合図があり恐る恐るスノーブリッジの中へ入った。 こうしている間にも雪渓はどんどん融けだしており、中は雨が降っているように水がしたたっていた。
冷や冷やしながらスノーブリッジを抜けて岩に取付くとこれがなかなか微妙なバランスを要するスラブ岩壁で、Kさんに確保しもらい登高。 そこから先はTさんの確保でホールドの乏しい岩棚と草付のトラバースを抜けた。途中Kさんのハーケンを回収できずに置いてきてしまい申し訳ないことをした(3日間でこの部分が一番の核心だったと思う)。
草原地に出たところで一息。再び重い荷物を背に傾斜のある岩屑の詰まったルンゼを登り高度を稼いだ。午後の気温上昇でガスが発生してきた頃、ようやく本日の目的地のコブ尾根の末端のスカイラインが見え安堵した。
初日のビバーク地(約2600m)は切れ落ちた稜線のわずかばかりのスペースだったが、昨年3人で訪れた奥穂南稜の格好のビューポイントだった。楽しかった南稜の思い出話をしながらテントの外でゆったり食事をとり、暮色のトリコニーが夕闇に消える様子を眺めて過ごした。
暗くなるとテントで少し飲みなおし就寝。シュラフ、マットがないので熟睡はしなかったが、誰もいないバリエーションならではの静かな一夜を過ごした。

翌未明、ヘッデンを灯して行動開始。起きてすぐのハエマツのヤブ漕ぎに息が上がったが朝のひんやした空気が気持ちいい。刻々と変わる曙景を眺めながらマイナーピークへ。一旦クライムダウンして登り返し、高山植物の咲き乱れる草原地に出た。前方に白く切り立った岩壁が見える。コブの1峰だ。
狭いテラスでクライミングシューズに履き替え登攀開始。
Tさんリード。出だし4mほどで垂壁が前傾していて、重いザックを担いでの登りはやや難しそうに見えた。ハングは直上せず凹角の右壁に移りクラックを使って登って行かれた。
コールがあり私とKさんが続いて登ったが、見た目に反して容易で快適な登りだった。2ピッチ目は傾斜の落ちたスラブからリッジの登りで、1ヶ所バランスを要したが慎重に通過。
1峰ピークはナイフリッジだったので念のためコンテで通過。 2峰への鞍部への下りは立っていて危なそうに見えたが、高度感があるだけで容易にクライムダウンできた。2峰はⅡ~Ⅲ級の容易な岩でフリーでガシガシ登り、懸垂下降で3峰へのコルに降り立つ。行く手に穂高主稜線を縦走する登山者の姿が見えあとひと登りで終了かと思いきや、3峰を懸垂下降してからの登り返しはガレガレの浮石地帯で緊張を強いられる登りだった。
コブ尾根の頭でゆっくりしたいところだったが、今日はこれで終わらない。
次はジャンダルム飛騨尾根の登攀が待っている。
ずっと重荷で登ってきたのでもうお腹いっぱいだ。天気が良いので私はここで待っていたいと小声で言ってみるが、Kさんに行動食とシュラフカバーを預かるので最後まで頑張りなさいと励まされ、稜線での昼寝は断念した。
飛騨尾根への取付に向かうべく、ジャンダルムの西側のアルファルンゼを下降。途中、岐阜県警の救助ヘリつるぎが目前で旋回、ホバリングをしているのが見えた。誰かが滑落したらしい。明日は我が身と気を引き締め直した。アルファルンゼは岩雪崩の巣窟で足の置き場に苦労した。小滝を2回懸垂下降したが、朽ちたハーケンを支点に振り子トラバースする際は吐きそうに恐ろしかった。小一時間の下降でようやく飛騨尾根T3に到着。飛騨尾根はコブ尾根のおまけだと勝手に想像していたら大間違い。ザイルを50mいっぱい使ってもガッツリ7ピッチを要した。ヨロヨロになりジャンダルム登頂(3163m)。頂はすっりガスに覆われ眺望がないものの、楽しい登攀内容におおいに満足した。コブ尾根よりも高度感を楽しめるルートだった。
飛騨尾根に以外と時間がかかったので、天狗のコルへ前進するのを取り止めてジャンダルム直下のコブの頭でテントを張った。設営完了と同時に雨が落ちてきた。前日より500m標高が高いため夜はほとんど眠れず、風雨の強まった深夜、寒さのあまり起き出してガスで暖をとる。残りのアルコールを一気飲みして夜明けを待った。
最終日は西穂高まで縦走の予定だったが、天気が悪いので岳沢へ下降することになった。
そろそろ支度しようとテントから外を覗くとみるみるガスが晴れてきており慌ててカメラを持って外に出た。
Tさん、Kさんもカメラを持ってそれぞれ好きな場所でしばし撮影タイム。昨日登った飛騨尾根の全貌、雲海に浮かぶ槍の穂先に感動した。
初めて西穂から縦走したときは、切り立ったナイフリッジの稜線上で圧倒的な威圧感でそびえるジャンダルムに立ち寄れたことを喜んだが、今回は飛騨尾根を登攀したうえに直下でキャンプ。ジャンダルムを貸切りで大満喫できるとは感無量だ。

その後またガスが上がり小雨がパラつき出したので、テントを撤収して下山開始。
濡れた岩場の歩行は心配だったが、2日間もっと歩きにくいところにいたせいか以外とあっさり天狗のコルに着いた。コルから岳沢への下降のほうが危険度が高く緊張した。
岳沢小屋に着いた途端、雨脚が強くなりしばし雨宿りして上高地へ戻った。

3日間の行程は、計画どおりに西穂まで行けなかったが、登りも下りもオールバリエーションルートで活動を終え、内容はとても充実していて良かったと思う。
普段ハーケンを使わないので、今後は練習の必要があると感じた。アルパインはフリーと異なり、登攀力やザイルワークだけ練習しても立ち行かない場面が多々あると2人の先輩を見て実感。 総合的な実力を身に付けたい。
本チャンで「登れませんはナシ」と痛感するのはいつもの反省(笑)。

重いし、コワイし、辛いことは多かったが、苦労した分だけの充実感と感動を味わうことができて今年一番の楽しい山行となりました。
ご一緒下さったTさん、Kさん、いつもたくさんアドバイス下さるOさん大変お世話になりありがとうございます。
そしていつも暖かく見守って下さる会員の皆様にも深く感謝いたします。


ac-IMGP0102.jpg
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.08.28 元越谷/沢登り | メイン | 2016.08.13 立山三山と奥大日岳>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/516-8882ede1
| メイン |