2016.09.17 笠捨山
参加者5名

この連休は南アルプスの塩見岳の予定であったが、台風接近の為中止し、近場の山に変更とする。
しかし全国的に天気が悪そうで、何処に行くか随分悩む。ピンポイントで降水確率を調べていると十津川村の17日の降水確率が低い。日本で一番広い村で、世界遺産の大峰奥駈道の一部や果無山脈等が有る。果無山脈----て無性に行ってみたい気がする。16日21時に集合地に行き、みんなの意見を聞く。30分余り話すが、 何処が良いか分からないとの事。結局、十津川にでも行こか---という事になるが、テンションは下がったまま。意外と早く2時間余りで十津川に着き12時前にテントを張る。

17日起床し、雨雲レーダー、天気予報を見て、笠捨山に日帰りで登る事にする。登山口に移動し7時30分登山開始。30分程で稜線に出て一息入れていると、蛭を見つけて大騒ぎ。2名が人生初めて蛭の洗礼を受けた。しばらくは樹林帯の尾根歩きが続く。山岳信仰の修験道らしく祠や仏像が所々に見られる。地図を見ると地蔵岳の手前で危険のマークがついているが、一、二ヶ所位と思っていた。しかし地蔵岳の手前から、ちょっとした岩稜地帯の様相を呈し、鎖場が次々と出てくる。
大峰は奥が深いなぁ~と感じる。地蔵岳を超えると、さらに急峻な鎖場が続いている。これ以上先に進むと日没までに戻れないので、地蔵岳で集合写真を撮り、12時30分より下山開始する。
16時前に車道に降りて、蛭チェック。自分も足を咬まれていた。道の駅でこんにゃくを食べて、十津川温泉に行く。
温泉地だけの事は有り、源泉かけ流しで露天風呂も有り、大変良いお湯でした。良く冷えたビールを買って谷瀬のオートキャンプ場に行きテントを張る。美味しい料理を頂き幸せ。 18日朝から雨なので帰阪する。果無山脈はお預け。大峰奥駈道、果無山脈、是非歩いてみたいものです。参加の皆さんお疲れ様でした。

a-ok28.jpg

                             


a-ok14.jpg


a-ok18.jpg


a-ok27.jpg


a-ok33.jpg


a-ok49.jpg


a-ok52.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.09.22 ホワイトフェース/六甲ロックガーデン岩トレ | メイン | 2016.09.17 拇岳 赤いクラック/小豆島>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/519-104e0a28
| メイン |