2016.09.17-18 四国/剣山~丸石
- 2016/09/28(Wed) -
縦走 四国/剣山~丸石
日にち:平成28年9月17日(土)~18日(日)(前夜発)小雨
参加者:3名
アクセス:22:20JR森ノ宮出発→阪神13号法円坂→名谷JCT→垂水JCT→美馬IC
報告
 美馬に到着後、国道438号に入ると給油所がないので、近くのコンビニで24時間営業のガソリンスタンドを教えてもらい東へ15分ほど走った所で無事に給油を済ませた。1:30道の駅 藍ランドうだつに到着。明日の打ち合わせなどをしたあと仮眠。翌日分かったことだが美馬周辺は24時間営業のガソリンスタンドは少ないが朝早く7時には開店しているところが多かった。

一日目
 6:00起床、パッキング、身支度を整え7:00出発。途中、真っ赤な彼岸花が咲いていて秋を感じる。ぐねぐねと曲がりくねった国道438号をひたすら登っていく。道端に青紫色の紫陽花が何本も咲いていて驚いた。8:30見ノ越駐車場に到着。青空が広がっており秋の行楽日和!といった感じでワクワクする。
9:10登山口より入山。初っ端の剣神社に向かう階段で息が切れる。紅く染まった楓の葉が落ちていてまた秋の始まりを感じた。登山道の脇にブナシメジのようなきのこが生えていた。食べるには勇気がいるが美味しそうに見えた。
駐車場に着いたときは青空が広がっていたが、いつの間にか雲が広がり始めており西島リフト駅手前でポツポツと小雨が降り出した。遠くの山も雲に覆われていた。剣山本宮にお参りのあと10:40剣山頂上ヒュッテに到着。小雨が続きそうなのでここでレインウェアの上とザックカバーを装着。レインウェアの下は着ると暑そうなので見合わせる。
11:10剣山頂上に到着。土俵のような形をした三角点をバックに3人で記念撮影。いつの間にか雨は止んでいて日が差して眩しい。 さて次は今回の山行で一番のハイライトとなる次郎笈へと続く稜線を進む。雨は止んでいたが残念なことに霧で近くの登山道しか見えない。ジロウギュウ峠で道は二股に分かれる。水場に寄るため右に進む。水場で給水後、先に進むと次郎笈へ向かう登山道に合流した。せっかくなのでザックをデポして次郎笈に向かうことにする。デポ地点から15分歩いて12:30次郎笈到着。時々霧が晴れてすぐ近くの山が見えるが剣山までは見えなかった。
 次郎笈からデポ地点まで来た道を戻った。ここで再び剣山山頂で声を掛けられた男性に会った。「今日は天候が悪いためこの辺で帰ります。」とのこと。私達は丸石に向かって進んだ。笹が登山道を覆っていて、濡れて滑りやすくなった石や木の根っこが見え難く歩き難いため気を付けてゆっくり歩く。13:40丸石に到着。丸石を過ぎると樹林帯に入り雰囲気が一気に変わった。しっとりと緑いっぱいの素敵な登山道。途中で赤く熟した木苺を発見し試食した。甘酸っぱくて美味しかった。
14:05丸石避難小屋に到着。先客が2名いたがすぐに出発された。広くて綺麗な避難小屋だった。マットを広げて早速温かい飲み物、おつまみで一息つく。暫くすると20名の団体様が到着した。「ん!?このスペースに20人も入れる!?」と思ったが入り口でコーヒーを沸かし数人ずつ飲んでは入れ替わり立ち替わりして全員がコーヒーブレイク出来たようだ。全員分の水8Lとガスカートリッジとケトルを一人で背負ってきていた自称「召使い」おじさんがせっせと湯を沸かしコーヒーを入れていた。
 前夜が寝不足だったため夕食後は早めの18:30に就寝した。

二日目
3:00起床。本日の予定を話し合いながら朝食摂取。夜中の間に気圧が200hPa低下しているためこの先悪天候が予想された。三嶺山を目指してもガスで何も見えなさそう、明日の天気予報も雷雨となっている、などを考え本日は奥祖谷かずら橋の方へ下山することとなった。
6:35避難小屋を出発。パラパラと小雨が降っている。樹林帯の中を、気を付けて下っていく。下山するにつれ沢の音が大きくなっていき、ついに沢に合流した。7:35国体橋に到着。小雨とうっすらとした日差しで緑が鮮やかになり新緑の季節の気分で沢沿いを歩いた。
8:00奥祖谷かずら橋に到着。ここから見ノ越駐車場まで約7Km有名な酷道439号(こくどうよさく)の登りがだらだらと続き10:30駐車場に到着した。その後は剣山木綿麻温泉に入り、名物徳島ラーメンを食べて帰阪した。次は剣山~三嶺山まで縦走したい。

a-IMGP4090④


登山口にて
a-晴天の登山口です。①


a-リンドウ ②


リフト到着駅
a-霧雨のリフト到着駅 ③


a-IMGP4092⑤


剣山山頂
a-剣山頂上⑥


次郎笈はガスで展望なし
a-次郎笈頂上ガスで展望無⑧


a-IMGP4102⑨


丸石避難小屋
a-丸石避難小屋着⑩


小宴会
a-早速小宴会⑪


雨の中出発
a-雨の中出発⑫


a-IMGP4113⑬


国体橋を渡る
a-国体橋を渡る⑭


葛橋
a-葛橋⑮


a-IMGP4125⑯


最後の林道歩きは長い
⑰
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016.10.02 六甲トレーニング | メイン | 2016.09.22 ホワイトフェース/六甲ロックガーデン岩トレ>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/521-e0c58a0f
| メイン |