2016.11.06 岩籠山ハイキング&観光

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



ハイキング 岩籠山 山行報告書
【日程】2016年11月6日(前夜発)
【行程】11/5 (土) 市橋登山口で仮眠
    11/6(日) 市橋登山口~市橋登山道⇒夕暮山⇒岩籠山⇒インディアン平原~駄口登山道⇒駄口登山口
【参加者】計8名
【記録】
登山前日は少し早く集合して、近江八幡で船に乗って「八幡掘めぐり」観光と敦賀で地元の漁師さんの料理店で漁師料理を楽しみました。
朝はMさんが玉子20個を使って一人一人にオムレツを作ってくれました。作るのもとっても上手ですごく美味しかったです。
今回の岩籠山は、野坂岳、西方ヶ岳とともに敦賀三山に数えられる山のひとつ。
市橋登山口から市橋登山道を歩きます。何度も沢を渡りながらの沢沿いのルート。魚も元気よく泳いでいる綺麗な川でした。最後に沢沿いを直登すれば稜線のコルというところで、ロープが張られて通行禁止になっており、指示通り右側の尾根を巻いて稜線の肩に出ました。
稜線に出たら、予定のコースから反対の方向に夕暮山があったので、寄ってみました。出発から2時間半で到着。名前からすると夕暮の眺望がいい山なのでしょう。前日の夜に少し雨が降り、当日は曇りだったので、その景色は想像するのみ。
元来た道に戻り反対の稜線づたいを歩くのかと思いきや、山腹を巻くように下ってから登りなおし、30分で岩籠山へ。山頂がこじんまりしていたのと、インディアン平原と言う名前への想像膨らむ期待で、20分ほど歩いたインディアン平原に移動して昼食をすることに。
インディアン平原は、なだらかに起伏する草原にいくつもの花崗岩の巨石が点在していました。どんどん雲が減り昼食後にはとってもいいお天気。景色がより良く見えました。
帰りは駄口登山道を使用しました。登りの沢と打って変わってブナ林などの中を歩きます。紅葉まっさかりとはいきませんでしたが、色づいた木々の中を楽しく散策できました。
1時間半で駄口登山口に到着。出発前に車1台を下山口に回しておいたので、登山口の車もすぐ回収でき、温泉へ。温泉を満喫した後は、遅めの昼食?早めの夕食?お勧めのヨーロッパ軒のカツ丼!ソースがしゅんでて、量も多くて、おなかいっぱい。帰りの車は混んではいましたが、そんなに遅くならずに帰ることが出来ました。
山に行くために大阪から遠い地域に行っても、その地域の観光や料理とはあまりご縁がなく、そういうものかと割り切っておりましたが、全て楽しめてとてもいい時間を過ごせました。

s-iw45.jpg



s-iw1.jpg


s-iw12.jpg


s-iw20.jpg


s-iw24.jpg


s-iw32.jpg


s-iw35.jpg


s-iw40.jpg


s-iw46.jpg


s-iw53.jpg


s-iw55.jpg


s-iw60.jpg


s-iw66.jpg


s-iw67.jpg


Category: ハイキング
Published on: Sun,  13 2016 21:01
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment