2017.01.07-09 赤兎山 

  
福井/赤兎山(1629m)
日程:平成29年1月7~9日前夜発    天候:晴れのち曇り
参加者:5名

1/7 小原林道ゲート~赤兎山登山口~テント敵地
1/8 テント~小原峠~赤兎山~テント敵地
1/9 テント~小原林道ゲート

s12-IMGP4902.jpg

 [一日目]
前夜に出発し現地近くにて仮眠。7:45小原林道ゲートをスタート。ゲートを越えてすぐに積雪があるが5cm程度。歩き始めて一時間程経った辺りでスノーシューを装着した。地味な登りが続くが、高気圧がどっかり乗っかったような青空が広がっていたため気分が上がる。林道をショートカットできるところがあればショートカットしたいが雪が少なく藪こぎになるのと、結構な斜度があるためなかなかショートカットできず。休憩を一時間毎、後半は30分毎に挟みながら徐々に高度を上げていく。
12:15赤兎山登山口駐車場に到着。駐車場脇のホースからジャンジャン水が出ていた。それぞれのプラティパスに給水する。後でこの給水が大きな時間短縮に繋がった。12:30赤兎山登山口に到着。登山道に入るとさらに雪が深くなった。水も担いで急に身体が重く感じた。
12:45テン場適地に到着。全員で雪を均し、傾きを調整する。テントを張り終わり中に入る頃には13:30になっていた。14:00昼食兼宴会開始。満腹で19:35就寝。

s12-002.jpg


s12-IMGP4873.jpg


s12-IMGP4876.jpg


s12-IMGP4877.jpg


[二日目]
3:00起床。朝食を頂き5:00出発。夜間に少し雪が積もっていた。登山道をスノーシューで登っていく。
沢沿いの登山道を登り渡渉を要する場所で沢から右に外れて南東斜面に流れる沢を進んでしまった。ロープが張ってある箇所があったが、この先に行くなということか、こちらに入るなということかよくわからずロープを跨いでルンゼ状の所を登っていった。GPSで確認した所、登山道を外れており軌道修正する。結局、元来た方向へ戻る形となり元の沢を渡って登山道に合流した。夜明け前で暗く、雪で登山道が隠れると道をロストしやすくなるということを経験できた。この間30分ほど掛かった。徐々に夜が明けていくと山の形が見えてきて目指す方向がわかりやすくなった。
7:00小原峠に到着。
s12-016.jpg


s12-019.jpg


s12-IMGP4884.jpg


ここもテン場になりそうだと思った。ただ、ここまで重い荷物を担ぐのはなかなか大変そうである。小原峠は赤兎山と大長山の分岐点になっておりここを右手の赤兎山に進んだ。急に斜度がきつくなり膝下ラッセルだったのがさらに大変になった。皆で先頭を交替しながら登っていった。この冬の私の目標の一つがラッセルを経験することだった。斜面では膝上ラッセルに感じる。目標が一つ叶った。こんなに雪があると有り難い。「有り難い」を通り越して有り難迷惑・・・。いやいや楽しい。8:05大舟分岐に到着。兎の様な丸みを持った女性的ななだらかな山容が山名の由来とされているらしいが、形だけでなく野うさぎは沢山生息しているようであちこちに昨日か今朝走り回ったような新しい足跡が沢山あった。
8:40赤兎山に到着。曇り空だが視界は良好で白山、別山、三ノ峰、大長山、遠くは大日ヶ岳まで良く見渡せた。

s12-035.jpg


s12-045.jpg


s12-IMGP4907.jpg



山頂の積雪は他人の夏の写真と比べると約80cmで女性の股上程度。皆で周辺の山の同定をしたり、環境省が設置した看板に別山しか書かれておらず白山が書かれていないのはおかしい、などと話しながら9:00下山開始。9:10大舟分岐。9:30小原峠に到着。小原峠~赤兎山間の登り1時間40分、下り30分。このラッセルで大長山往復は時間が足りないが手前のピークまでは時間の許す限り行ってみようということで9:40小原峠を出発した。

s12-IMGP4911.jpg



小原峠から大長山に向かうと雪質がところどころクラスト状に変わった。それまでは樹林帯または北斜面であったためふかふかの雪であったが南向きの斜面に変わったためだろうと考えながら後で調べてあれがサンクラスト、モナカ雪だったと知った。斜面のラッセルはなかなかしんどい上に進まない。交替でラッセルしながら10:35小ピークに到着。次のピークが苅安山と思われるがその前にぐっと下らないないといけない。10:55苅安山に到着。さっき登った赤兎山が良く見える。大長山まで行きたいのは山々だがこのラッセルと大長山手前の急登、午後からの降水確率60%で崩れる予報であったことなどを合わせて考え、11:00引き返すことに決定した。

s12-IMGP4916.jpg


s12-IMGP4920.jpg


s12-065.jpg


引き返し始めてすぐにHさんのスノーシューのバックルの部品が破損し、細引きで応急処置を行った。12:00小原峠、12:45テン場到着。次々と作り出されるご馳走を平らげ19:15就寝。

s12-IMGP4927.jpg


[三日目]
3:00起床。朝食はお雑煮だった。きのこ類からいい御出汁が出ている。パッキング、テント撤収後、5:30出発。5:36赤兎山登山口通過。5:45赤兎山登山口駐車場に到着。今日もホースから雪解け水がじゃんじゃん出ている。給水を行い出発。来たときより雪が積もって深くなっている。登りで通ったショートカット道は使わず林道をひたすら下る。一昨日のトレースが残っているがそれでも軽いラッセルが続く。徐々に夜が明けていき昨日登った苅安山と思われる山や赤兎山方面から日が射してきて美しい景色が広がっていた。
 道端にさっき通ったばかりと思われる狐の足跡が付いていると思ったら先頭のUさんが振り返り前方を指差している。見ると30mほど前方で狐がうろうろ歩いている。未だこちらには気付いていない。程なく向こうもこちらに気付いて固まる。暫くお互い見つめ合いになったがカメラを取り出しているうちに狐は逃げ出し急斜面を駆け上がっていってしまった。大きなザックを背負ったヒトが5人もいたら向こうもきっと怖かったに違いない。それにしてもあの身体能力は羨ましい。途中、鹿らしき足跡もあったが急斜面を下りて来て林道を横切り沢に向かって崖を一直線に下っていて、その蹄も羨ましく思った。途中でスノーシューを外し8:50駐車場に到着した。雪のような雨のようなものがときどきパラついていたためとりあえず車に乗り込みんだ。
 その後、近くの勝山温泉センター水芭蕉(650円)で汗を流し道の駅禅の里で買い物をした。後でわかったがこの道の駅には永平寺温泉禅の里が併設されており料金は500円であった。次回はここを使用してみたい。帰りは敦賀でソースカツ丼を平らげ帰宅の途についた。

今回もお天気に恵まれ雪も沢山あり念願のラッセル体験もでき雪山を堪能できました。皆様大変お世話になりました。ありがとうございました。
Category: 雪山
Published on: Wed,  18 2017 01:05
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment