2017.02.11-12 高島トレイル 三国山、笹ヶ峰 スノーシュー
参加者5名
行程:2月11日三国山、9:30黒河林道分岐→13:00撤退開始→14:00ツエルトを張り休憩→15:15黒河林道分岐  気温約ー4℃ 天候:雪 風:微風

本来の計画では福井県の荒島岳を登頂する予定だったが、天気予報から天候悪化が見込まれ危険回避のため行先を変更した。変更先は容易に登れ天候も荒島岳に比べ安定していると想定される滋賀県の高島トレイル。2月11日は三国山、2月12日は笹ヶ峰を目指した。
2月11日
 三国山山行で予定したルートは黒河林道沿いから稜線へ直登する破線ルートを検討していたが、積雪が約1.5m程度あり破線ルートは不明瞭で道迷いなどのリスクがあったのでルートが明瞭な黒河林道を進み一般登山道から尾根沿いにピークを目指すルートへと変更した。黒河林道は全く除雪されておらず車の侵入は不可であった、スノーシューやワカンを装着していても腰近くまで沈み込んでしまい一時間に1km程度しか進行することができなかった、加えて天候に関しても雪が降り続け視界も良好ではなかった。予想以上のラッセルと天候悪化からピークハントは困難と判断し黒川林道の途中13時頃に来た道から撤退を開始した。その後、食事のために14時頃にツエルトを張り行動食を食べた。15時15分に車を駐車した黒河林道の分岐地点に到着。行程には山スキーのトレースがあったが、スノーシューやワカンでは浮力の差がありすぎてあまり役に立たなかった。今回の三国山山行で積雪時は普段自動車が通るような道でも除雪が行われないことがあることを知った、次回同条件の山行を行う場合はその部分を留意する。

2月12日
小屋の前からスノーシューを装着して出発。しばらくすると、綺麗な川が流れている。夏は蛍が出るようだ。取り付きは急斜面で、新雪で腰の辺りまで沈み込む。やがて傾斜は緩やかになり、スノーシューには快適な斜面だ。笹ヶ峰に着くと竹生島と琵琶湖が見えた。早めに切り上げて、帰路に就く。いつも渋滞の湖西道路も空いており、17時前に帰阪。
荒島には行けなかったが新雪と戯れた二日間であった。

s-ta29.jpg

s-ta1.jpg


s-ta112.jpg


s-ta18.jpg


s-ta54.jpg


この記事のURL | スノーシュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2017.02.14 白髭山 | メイン | 2017.01.29 雪上訓練/比良>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/562-eb0f4438
| メイン |