2017.02.12 綿向山

  
参加者4名
今シーズン2度目の冬型気圧配置で週の中頃から近畿各地は大雪。
当日も凍結の為通行止めになっている道路があちらこちら。登山口まで辿り着けるかが核心でした。
名神竜王で高速を降りてからは思ったより道路上の雪は少なく御幸橋駐車場へ無事到着。
先着車10台程。用意をして9:20出発。川沿いの道、積雪20㎝~30㎝ 約20分でヒミズ谷出合小屋に着き登山届をポストに投函。ここで橋を渡りつづら折れの登山道を進む。積雪は多いが登山者も多いので夏道より快適な道になっている。三合目を過ぎるころ雪が舞い始める。途中のあざみ小屋で小休憩。
11:00 5合目小屋着「夢咲の鐘」を突いて30分弱で七合目。此処より尾根の冬期ルートを行く。念のためアイゼン装着し霧氷の森を進み12:20山頂到着。天気が良ければ鈴鹿の山々を望める山頂ながら、生憎の小雪舞う曇り空。
ツエルトを広げて昼食。13:20下山開始。エビの尻尾のトンネルを走り抜けあっという間に登山口14:50でした。

s-IMGP5013.jpg




s-IMGP4984.jpg


s-IMGP4991.jpg


s-IMGP4997.jpg


s-IMGP4998.jpg


s-IMGP5000.jpg


s-IMGP5014.jpg

Category: 雪山
Published on: Wed,  22 2017 00:46
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment