2017.03.12 仁川渓谷 岩トレ
仁川渓谷の岩場は住宅街の傍にあり、駅からほど近くアクセスの良い岩場。
昭和の歌謡曲を思わせる様なノスタルジーな名称の付いたルートが特徴的だ。
今回は新人向けに基本的な登攀技術を含めたトレーニングを中心に行われた。

b-P3120200.jpg
午前中はムーンライトにて3級のへそルート、4級のミニレイバックルートをトライする。
ハングルートとミニレイバックルートの間にもう一つのルートを登る。
へそルートではへそと呼ばれる穴に出入りする動作が特徴的だ。
しっかりとした基本的な動作が学べる良いルートだ。
ミニレイバックルートでは細かなムーブが学べる。 特に足の使い方が学習出来る。

b-P3120183.jpg


b-P3120184.jpg


新人にトップを取らせ、ランニングの取り方、支点構築、セカンドビレイのレクチャーを実施。
短いルートながらもリードクライマーの緊張感を味わえる良い経験になったと思う。
懸垂下降、トップロープ、リードクライミング、時間の許す限り何度もトライし続けた。

b-P3120163.jpg


b-P3120165.jpg


昼食を済ませ、午後からは少し移動してバットレスへ。
ここではまずトップロープを構築し懸垂下降で下部へ降りる。

b-P3120185.jpg


b-P3120186.jpg


b-P3120191.jpg

4級の南面左クラックルートと4級+の南面右クラックルートをトライする。
右クラックにて新人にカンテを使わず中央のクラックのみをジャミングで登らせる。
適度な緊張感を与える為にテンションは少し緩め。 時間は掛かったが何とかクリアさせた。

b-P3120211.jpg


b-P3120217.jpg

単純に登るだけでなく、取付き前のイメージ、詰まった時の対処を考えさせる。
外岩2回目の新人も果敢にトライし、何とか自力で登り詰めることが出来た。
2人ともこの達成感を糧に更なる精進を期待したいところである。
女性2名もフィジカル面の差を思わせない鋭いエッジの効いたクライミングで他を圧倒していた。

b-P3120200.jpg


b-P3120230.jpg

ベテラン勢の動き一挙手一投足から学ぶ。 一つ一つの動きから学べるものが沢山ある。

b-P3120235.jpg

春の気配を感じさせる陽気の中、確かなる成長を感じた1日であった。
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2017.03.11 縫ヶ原山 スノーハイキング | メイン | 2017.03.05 金糞岳 スノーハイキング>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/570-1def262d
| メイン |