2017.03.11 縫ヶ原山 スノーハイキング

  
天候:晴れのち曇り

行程:真名川ダム管理支所→林道→持籠谷左岸支尾根→縫ヶ原山西尾根稜線(1060m)

201703縫ヶ原山JPG (1)

5:30西勝原を出発。
6:00真名川ダム管理支所前に駐車し身支度を整える。

6:30出発。
ダムの上を半分くらい歩いた所で雪が深くなりスノーシューを装着した。
持籠谷に掛かる橋を渡り林道を歩く。
どこかで林道をショートカットできればと思うが、傾斜が急でスノーシューで登るには厳しく諦めて長い林道を歩く。

林道を暫く歩いた後、持籠谷左岸の広く緩やかな支尾根に取り付いた。
雪は膝くらいのラッセルで時にはモナカ状、時にはふかふかのパウダースノー。

201703縫ヶ原山JPG (4)

水分の多い重い雪、様々な状態になっており先頭を交替しながら進んだ。
北陸特有の日本海の水分を含んだ独特の湿雪が足取りを重くする。
休憩を3回挟みながら尾根を登り詰めた。

201703縫ヶ原山JPG (3)

11:40縫ヶ原山西尾根稜線(1060m)到着。
縫ヶ原山など遠くまで見渡せた。 稜線に出るとやや風が強い。 
北西の風が吹いていたため風を避けて南向きの斜面の雪を掘り昼休憩にする。
春の日差し、ぽかぽか陽気、眺望も最高でついつい長居をしてしまう。

201703縫ヶ原山JPG (5)

201703縫ヶ原山JPG (6)

12:50下山開始。
南側に張り出した雪庇を見ながら稜線歩きを少し楽しむ。
北西に進路を換え美しいブナ林とふかふかの雪を堪能した。

201703縫ヶ原山JPG (2)

登りのトレースに合流し尾根を下って行く。
途中、リーダーより林道側壁からの雪崩に注意するよう指導を受け注意しながら下った。

14:50真名川ダム管理支所に到着。
Category: スノーシュー
Published on: Thu,  16 2017 11:31
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment