2017.03.19~03.20 北アルプス 西尾根より霞沢岳
お彼岸の北アルプス 西尾根より霞沢岳へ。
b-20170323103318ee4.jpg


前夜発19日(土) 
名神高速・東海北陸自動車道にて平湯温泉午前0時着 
あたりは1mくらいの残雪があったが国道と駐車場は除雪されていた。
気温0℃、車外では静かに小雪が舞っていた。

20日(日) 6:00起床 
身支度をし予約しているタクシーにて安房トンネルを越え、釜トンネル前で下車。
釜トンネルはゲートで閉鎖されていてトンネル内を歩く。
トンネル内は真っ暗でヘッデンを装着。
少し上り坂の道路はあちこちで凍っているので滑らないように気をつける。
昔のように掘ったままの露岩トンネルではなく綺麗なトンネルになっていた。
1310Mを越えると次に上高地トンネル650Mがあり通過するのに35分。
10分ほど進むと国土交通省砂防工事事務所の看板があり東に曲がる。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 013


積雪が1mくらいあり150mほど進むと、北方向に西尾根取り付きの鉄塔が尾根上に二基立っている。
急な斜面を乗り越え、西尾根最下部に到着。 標高1500M、ここでアイゼン装着。

8:30 これより熊笹とモミの木のミックスした雪尾根の急登が延々と続く。
我々の他に3パーティがいた。
西尾根には赤テープが適当な間隔で張られており、トレースもしっかりしていた。
迷うことなく1900M地点に着く。 良いテン場であったがもう少し上部でテントを張ることにした。
最後となるテン場、2180M地点にてテント設営。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 023


11:00 積雪は思ったほどなく 50cmほど掘ると地面が見えた。
外張りの四隅を固定しトイレを設営すると、テント内でコーヒーと紅茶を頂く。

12:00 今から頂上に向かえないことは無い。
登り3時間下り2時間で5時間あれば17:00にはテン場に帰れる。
しかし下山してくる人に聞くと、頂上付近はガスでなにも見えなかったとの事。
アタックは明朝にすることに決め、宴会に入り19時に就寝。

b-201703231033107e9.jpg

3:00 起床。 強風でテントをやかましく叩いている。

5:00 出発。 気温‐7度、樹林帯の急登が続く。 ピッケルのピックを差しながら登る。

b-20170323103312d4a.jpg

6:00 標高2450M位で夜が明け、森林限界を超える。

6:15 垂直にそそり立った岩峰が50Mほどあり、いよいよ核心部の到来である。
少し古いフィックスロープが張られてあり、プルージックを使いアイゼンをひっかけないように登る。
岩峰の上には頑強な支点が固定されていた。 ロープを使う人も多いのだろう。
目の前にはナイフリッジが50Mほど続く。 北側を慎重に進み赤テープの付いた稜線に出る。
進路を北寄りに曲がると広々とした雪田に出ると頂上は間近だ。 目の前に奥穂高岳と前穂高岳の吊尾根が見える。

s-2017.03.19-20 霞沢岳 045


7:00 誰一人といない霞沢岳2646M到着。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 051

b-20170323103315055.jpg

b-201703231033196ef.jpg


b-20170323103321b9e.jpg

真青な空と真っ白な穂高連峰が出迎えてくれていた。 
360度の大パノラマ。 雲一つなく北アルプスの空は澄み切っている。
目を追うと西穂高から少し奥に笠ケ岳、目の前には焼岳から乗鞍岳、御嶽山、遠くに中央アルプス。 
今まで一度も見たことのなかった3月のアルプス絶景を楽しむことができた。

7:25 気温‐5℃やや強風。 記念撮影をし、なごり惜しいが下山開始。
下りのナイフリッジまで穂高連峰が見送ってくれている。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 060

s-2017.03.19-20 霞沢岳 063


慎重に岩峰を下り、ピッケルのピックを差しながらクライムダウンをし樹林帯へと戻って行く。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 064


8:15 テン場到着。 早速、テント撤収。

9:00 テン場出発。 トレースの付いた樹林帯をどんどんと下って行く。

途中、1800M付近で急にトレースが消える。
40Mほど登り返すと急斜面の雪壁のような下山道が見つかった。
2000M付近のジャンクションピークでは尾根の分岐点にテントが張ってあり迷うことは無かった。
時折、真青な大正池が顔を覗かしてくれる。 こんなに長かったかなと思うくらい下りを下って行く。

10:16 砂防事務所看板着。

11:16 発高山行きバスに乗る。

12:00 平湯温泉着。 温泉に入り一路大阪へ。
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2017.03.18~20 東天狗岳~根石岳/北八ヶ岳 | メイン | 2017.03.11 縫ヶ原山 スノーハイキング>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/572-acede8a4
| メイン |