2017.03.18~20 東天狗岳~根石岳/北八ヶ岳
2017年3月18日~20日 小屋泊2泊3日  

3月18日(土) 稲子湯(1,500m)~みどり池(2,030m) しらびそ小屋泊
3月19日(日) みどり池~中山峠(2,410m)~東天狗岳(2,645m)~根石岳(2,603m)~夏沢峠(2,430m)~本沢温泉(2,150m) 本沢温泉泊
3月20日(月) 本沢温泉~みどり池~稲子湯

b-20170327161358c41.jpg
3月18日(土) 晴れのち曇り
森之宮を6時15分に出発し中央高速道 長坂ICで降り、国道141号線を佐久方面へ、松原湖入口を左折し稲子湯。
稲子湯12時半到着。 しらびそ小屋に16時までに着かなくてはならないので、この日は稲子湯に何時に着くかが核心だった。
予想以上に早く到着できてひと安心。 稲子湯旅館の有料駐車場に車を止めて身支度を整える。

13時10分 出発。 
b-201703271611214a5.jpg


駐車場も道路にもほとんど雪はなく、スノーシューは車に置いて出発した。
登山口よりすぐのところより氷が張り付いており、さっそくアイゼンを装着。 稲子湯より15分ほどで林道ゲート。
ゲート前は少し広くなっており数台の駐車スペースがある。 ゲート脇に設置されている登山ポストに登山届けを投函した。
b-20170327161123478.jpg

13時30分 ゲートより橋を渡りみどり池方面という標柱のある登山道を入っていく。
すっかり葉を落としたカラマツ林の中をゆるゆると高度を上げていくと、こまどり沢に15時到着。
木の根元に「みどり池 がんばって40分」と看板があり、ここより急勾配のつづら折れになる。
b-201703271611245f6.jpg

15時40分 本当に約40分でしらびそ小屋に到着した。
b-201703271611293a1.jpg

小屋の受付を済まして、談話室に入ると大きなコタツを囲んで当日の宿泊客が揃って宴会しており仲間に入れてもらった。
夕食後は小屋の大番頭氏の山の歌とヒマラヤ談義の独演会に参加させていただいて夜は更けていった。
冬の小さな山小屋は独特の一体感のような雰囲気が感じられた。

3月19日(日) 晴れ時々曇り (午前7時 気温マイナス6℃)
モルゲンロートを期待して窓の外を眺めてみると、うっすらピンク色に染まった天狗岳が眺められたが、
どうもガスが湧いておりすっきりしない。 大番頭氏によるとピーカン晴れの日はもっとオレンジ色に輝くと言っていた。

7時10分 小屋を出発。 
b-20170327161355f9c.jpg

10分ほどで本沢温泉と中山峠への分岐。 中山峠方面を緩やかに登っていく。 
b-20170327161356c59.jpg

稲子岳東壁を登るクライマーのコールが木の間越しに聞こえてくる。
中山峠直下はかなりの急斜面であったがしっかりトレースがあり、雪が締まっているので足元は安心だった。
ひとつ間違えば滑落の恐れ大の今日一番の核心部だった。

9時10分 中山峠に到着。
b-20170327161358c41.jpg

稜線歩きが始まるのでカッパの下にフリースを着込みしっかり身支度を整えて出発。
稜線は風がビシバシ吹きつけてくる。 標高が上がるに従って雪は氷の粉末のようにサラサラのパウダー。
b-20170327161359118.jpg


ピッケルを突く度に金属音のようなキーキーキュッキュという不思議な音を発てて面白い。
元気のよい高校生がお揃いの黄色のジャケットと黒のパンツで勢いよく東天狗岳を目指して突進して行った。

10時50分 東天狗岳に到着。 
b-20170327161401df0.jpg

360度の展望だが、春霞がかかってるようで遠くは霞んでいた。
b-201703271616246ef.jpg


頂上より南へ伸びるリッジ状の尾根を5~6メートル渡り斜面を下って根石岳とのコルで休憩。
b-20170327161625968.jpg

b-20170327161626f0c.jpg


風は予想外に吹いていない。 ここは本沢温泉へ下る白砂新道への分岐点だが冬季通行禁止である。
根石岳を乗越していくと雪が吹き飛ばされて赤茶色の土がむき出しの砂利道となり、鞍部は風が猛烈に吹いている。
強風に耐えながら根石山荘に逃げ込んだ。

11時40分 根石山荘で大休止。
硫黄岳に登頂する時間的余裕もないので、ゆっくりとすることとした。

12時20分出発。
またもや強風に煽られてフラフラしながら箕冠山を登り、樹林帯に入るとホっとした。
オーレン小屋方面との分岐を夏沢峠方面へ進む。
ツガが縞枯れたようなところより左手に根石・天狗がドーんと見え、右手側には硫黄と阿弥陀が見える。

13時10分 夏沢峠に到着。
b-201703271616283b6.jpg

硫黄岳の白い肩の線と黒と白の縞模様の爆裂火口が青空に映えて美しい。
ここより硫黄岳往復に夏道でも2時間半はかかる。 後ろ髪を引かれながら本沢温泉へ下山することとした。
夏沢峠より樹林帯のつづら折れを下っていく。 登山道はよく踏まれており歩きやすい。
30分ほど下ると眼下の湯川の川原に野天風呂が見えた。 せっかく来たのだからと立ち寄ることとした。
b-20170327161629724.jpg


本沢温泉野天風呂は日本最高所2,150mにあり、川原の端に木枠で囲んだだけの湯船の温泉。
勇気を振り絞って入浴した。 濁った灰緑色のすこしぬるいお湯は滑らかで硫黄臭がした。
湯船より視線を上げると硫黄岳が見えて最高のロケーションだった。 野天風呂より5分ほど下って小屋に15時過ぎに到着した。
小屋には外湯の「石楠花の湯」という温泉小屋がある。
こちらのお湯は有馬温泉のような茶色の湯で、とても熱くて体の芯から温まることが出来た。
b-20170327161631cb7.jpg

b-20170327161632fb9.jpg

3月20日(月)ピーカン晴れ (午前7時 気温マイナス4℃)

今日は雲ひとつない真っ青な空に真っ白な稜線がとても眩しい。
名残惜しいが、小屋前で記念撮影をして7時40分出発した。
b-2017032716194107d.jpg

本沢温泉よりメルヘンチックな八ヶ岳の森をトラバースしてみどり池に9時に到着。
みどり池より望む天狗岳の眺めは素晴らしく、また感慨深かった。 しらびそ小屋に集まってくるリスや野鳥に癒される。
自宅に帰ってから調べたらウソという鳥だった。 文鳥によく似ており頬がオレンジ色でチャーミングだ。
b-20170327161943418.jpg


しらびそ小屋よりもと来た道を陽春の光の中ゆっくり下って稲子湯に10時30分に戻った。
天候に恵まれて、雪山も温泉も山小屋ライフも満喫した北八ヶ岳周回でした。
b-20170327161944dfd.jpg


帰りは、一宮で八日市より25kmの渋滞と知り、すでにのろのろ運転だったので、一宮で名古屋高速に乗り換え、
東名阪四日市で少々渋滞にあったものの、西名阪経由でスムーズに大阪に戻った。
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2017.03.25 比良中谷αルンゼ~大岩谷 | メイン |  2017.03.19~03.20 北アルプス 西尾根より霞沢岳>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/573-622e6236
| メイン |