2017.03.19 大峯山脈 釈迦ヶ岳

0 0
連休中に仕事で、間の1日だけ休みだった2人で残雪期の釈迦ヶ岳へ。 
鬼の末裔の伝説が残る前鬼から取付き釈迦ヶ岳へと向かった。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (25)
2:50 前鬼車止めゲート出発。
予定よりやや早く前鬼に到着し、準備が出来たので山行を開始。
3月下旬と言えど、低山帯でも奈良の山奥、前鬼川の麓は身を切るような寒さだ。
凍結した長い林道をしばらく進み、小仲坊より登山道へ。
20170319釈迦ヶ岳 JPG (1)

前鬼には大峯に移り住んだ鬼の伝説が残る。 役行者が従者としていた前鬼と後鬼の末裔が宿坊を構えていた。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (2)

3:20 小仲坊 通過。
非常に静かな宿坊を静かに通り抜け、闇夜の深い森の中へ足を踏み入れる。
道迷いが多発し、毎年の様に道迷いの遭難者が出るこのルート、しっかりと方向を確認しつつ進んで行く。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (3)

二つ岩の手前からアイゼンを装着し、固目の雪を踏みしめて高度を上げていく。

4:40 二つ岩 通過。
33番目の靡、二つ岩は不動明王の眷属である矜羯羅童子と制多迦童子とされている。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (4)

所々、雪の表面が氷っていて岩に付着しているので慎重に進んでいく。
トラバースをする個所が数回あり斜面が切れ落ちているので注意が必要だった。
夏道を外れて大日沢より大日岳の南側から登り詰めて奥駈道へ登り詰める。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (23)

6:05 太古の辻 通過。
奥駈道に出る頃に夜明けを迎えた。 山々が紅く染まり始め、眠っていた山が目覚め始めた。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (6)

20170319釈迦ヶ岳 JPG (8)

6:30 深仙ノ宿 通過。
深仙ノ宿にて小休止の後、釈迦ヶ岳の山頂へ一気に登り詰める。

第39靡 都津門。
かつて修験者たちは、岩壁の穴を胎内くぐりの行場として挑んだそうだが、昭和35年を最後に中止されている。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (9)

ピラミダルな山容からも判るように、コルから山頂までは急登が連続する。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (7)

20170319釈迦ヶ岳 JPG (24)

7:30 釈迦ヶ岳 山頂 到着。
第40靡 釈迦ヶ岳。 
山頂の釈迦如来像は、大正13年に岡田雅行という強力が、たった一人で道をつくりながら、3分割して担ぎ上げたと伝えられる。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (25)

20170319釈迦ヶ岳 JPG (11)

山頂から北側、奥駈道と七面山、その奥には八経ヶ岳を臨む事が出来る。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (10)

季節折、しっかりと雪の乗っている箇所、そうでない箇所、ある意味ミックスの状態がよいアイゼン歩行訓練になった。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (26)

小屋に戻って軽く朝食を摂り、ゆっくりと休憩した後に大日岳へと向かう。
雪両登攀のイメージトレーニングとして、アイゼンを履いたままで登る。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (12)

11:00 大日岳 山頂 到着。
第35靡 大日岳。
大日岳の山頂は大日如来の座像が設置してあり、山頂より釈迦が岳方面を臨む事が出来る。

20170319釈迦ヶ岳 JPG (20)

20170319釈迦ヶ岳 JPG (13)

大日岳山頂から巻き道で奥駈道に合流し、太古の辻を経てピストンで前鬼へ下山。

13:30 前鬼車止めゲート 到着。

ページトップ