2017.04.22-23 野伏ヶ岳・薙刀山

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



両白山地 野伏ヶ岳と薙刀山に登ってきました。
参加者:3名

二日間晴天の中、基本的な雪山歩行、女性のみでテント設営、トイレ作り、テーブルを作る。
急な斜面でのトラバース、登下降、カラビナスルー、滑落停止訓練、弱層テスト、ビーコン発見訓練を実施。
積雪は山頂部で2m

s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 081
4/22
立派な杉の木に囲まれた白山中居神社でお参り後、石徹白橋横の駐車場に。登山者に加え釣り人の姿。
石徹白橋を渡り登山開始。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 005


林道端の蕗の薹、ネコノメソウ、キクザキイチゲを楽しみながら小心谷橋を渡り、更に林道を進む。緩やかだが長い林道を経て和田山牧場跡へ。和田山牧場跡は視界が一気に開かれ、青空に映える野伏ヶ岳と薙刀山の姿。気分も上がる。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 013


ダイレクト尾根へと左へルートを取り進む。トレースあり。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 018



550m程登り続きとなるダイレクト尾根、1500mから空気も薄くなった様に感じて、息もあがる。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 033



太陽の周りに虹色の光の輪、ハロ(日暈)が出現していた。 この輪は天気が下り坂のはずだが・・・
(その後天気は崩れなかった。)
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 040


11:30野伏ヶ岳到着。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 067



荒島岳、赤兎山、白山などの景色を楽しんだ後、薙刀平へ向け少し進んだ
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 070



鞍部をテン場と決め、テント設営。テント設営場所の整地、トイレ設営、雪のテーブル作り、全てが初めてのAさんと私。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 072


s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 076


s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 081


s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 084



リーダの教えと監督、協力の元、嬉々として工事現場員となり切り13:30設営完了。出来に自己満足。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 074



雪のテーブルで昼食後、リーダにカラビナスルー、滑落停止、ゾンデ・ビーコンの利用方法を講習して頂く。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 092


s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 095

16:00、夕食の準備。テント設営時に除けて置いた綺麗な雪で水の作り方を教えて貰う。盛沢山な1日だった。

4/23
前夜20時就寝なので4時起き。起きて皆が口した言葉は寒かったー!寒気が来る予報通りマイナス5度。
寒い~と言う気持ちを超えたのは幻想的な早朝の景色。快晴間違いない空の色に日の出への気分も高まる。
日の出5:11に合わせ、朝食を食べ、日の昇るのを待つ。高い山に阻まれ太陽は中々顔を出さないものの
野伏ヶ岳と薙刀山が赤く染まる。5:20太陽が山のてっぺんから顔を出し、その力強さを見せつける。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 136


s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 140



今日は安全とトレーニングを兼ねてアイゼン装着。6:45薙刀山へ登山開始。トレースは無いと想像していたが有り、雪もしまっていて歩き易い。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 143


途中、大きく口の開いたシュルンドがあり注意して渡る。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 160


7:40薙刀山到着。白山が恰好よく目の前にそびえる。雲一つない空の元、遠く富士山も見える。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 162


下山はトレースも期待できない為(実際にない)、和田山牧場跡へコンパスを合わせ下山開始。早くも日の当たる斜面は雪が緩くなっていて滑り易い。山頂直下の急な斜面を下り若干左よりに前進し二つ尾根を越えなければならないが、左下方へ下り気味な私をAさんが軌道修正しながら進む。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 184


途中、数時間前に通ったであろう熊の足跡が点々と続く
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 195



既に雪下が川となっている箇所2回の渡渉(リーダが安全地を選び、先に渡り、安全確認後1人ずつ渡る)
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 198


無事和田山牧場跡へ到着。天候が良く見晴らしが良い事が大きく味方してくれた。
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 202


Aさんの希望もあり、林道ではショートカット経験しようと、雪がまだ残っている場所をリーダが選んでくれ実施。
緩んだ雪に足を取られながらもAさんも楽しそうだ。最後はゆっくりお花撮影しながら駐車場へ到着。
キクザキイチゲ
s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 207


Aさんと共に色々な経験が出来た2日間でした。ありがとうございました。

下山したら桜が満開でした。
s-野伏ヶ岳・薙刀山_170430_0265


4/22 5:00起床→6:30白山中居神社/740m→6:50登山開始→林道→8:47和田山牧場跡/1120m→ダイレクト尾根→11:30野伏ヶ岳/1674m→12:20野伏ヶ岳と薙刀平の中間鞍部/1520m
(テント、トイレ、雪のテーブル設営。カラビナスルー、滑落停止、ゾンデ・ビーコンの利用方法講習)

4/23 4:00起床→6:45出発→7:40薙刀山/1647m→8:05下山開始→9:50和田山牧場跡→11:00白山中居神社

s-s-1111 - コピー

Category: 雪山
Published on: Sun,  30 2017 18:36
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment