2017.05.03-05 春山合宿/鹿島槍ヶ岳

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



春山合宿 2泊3日で鹿島槍ヶ岳で行われました。

●登攀班 6名 鹿島槍ヶ岳東尾根
●登頂班 5名 鹿島槍ヶ岳登頂


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 079


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 121


5/3 大谷原~大冷沢左岸~小冷沢出合~赤岩尾根組~東尾根取付~東尾根~一ノ沢ノ頭~二ノ沢ノ頭(幕営)
5/4 幕営地~第一岩峰~第二岩峰~鹿島槍北峰~鹿島槍南峰~登頂班と合流~冷池山荘~冷乗越~高千穂平(幕営)
5/5 幕営地~赤岩尾根~大谷原

春山合宿は、後立山連峰の鹿島槍ヶ岳。天気予報では全日程天候が良さそう。東尾根ルートは鹿島槍の東面を全貌する抜群の眺望に加え、ナイフリッジ、雪壁、岩と色々な要素が楽しめる、後立山を代表するバリエーションルートとのこと。雪のある時期だけに登ることができるルート。
前夜幕営地に到着できたのは2:00過ぎで、寝たのは3:00過ぎ。
翌朝5:30起床で仮眠時間は長くは取れずに出発。車での移動中は、後立山連峰が町からくっきり見え、町では桜が咲いていた。
1時間ほどで大谷原の駐車場に着き準備をして、7:10出発。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 002


東尾根には末端から取りつかず大冷沢の林道をたどって赤布のある所で取りつく。7:35登頂班とお別れ。
急な斜面にはカタクリが咲いていた。8:20尾根に乗る。ここからは少しなだらかになり、徐々に高度を上げていく。登るにつれて杉、檜からブナに変わっていく。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 019


薄雲がかかっているがいい天気。なので汗だく。雪は水分たっぷりのザラメ状。今日はアイゼンなしで登る。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 028

爺ヶ岳が美しかった。10:00ジャンクションピーク、10:50一ノ沢ノ頭
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 035

s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 051


段々細尾根になってきて、雪が緩いので今にも崩れるのではとヒヤヒヤする。安定させるために、ピッケルをもっとしっかり刺すように指導を受ける。何度か遠くで小さな雪崩が起きているのも見えた。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 056


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 057


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 061


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 068


12:00二ノ沢ノ頭に到着。ここで幕営することに。テントはペグの代わりにピッケルやスノーバーで固定するのは初めて。バリエーションルートなので、荷物の軽量化を前もって言われていたが、想像以上にお酒やアテが出てきた(笑) 到着すぐのボンベイサファイアとビールはやっぱり格別!初めて雪のテーブルも作りました!!天気が良く、風もなく、目の前は鹿島槍の絶景で、美味しいもの食べて飲んで、みんなで笑って、至極の時間を過ごせました。これぞ春山の醍醐味とのこと。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 079


夕方風が出てきて少し寒くなったので、テントに入る。今日は寝不足で明日も早いので、18時頃に就寝。二ノ沢の頭に着いた時にはテントは1つしかなかったが、最終的には8テント出来ていた。明日の第2岩峰の順番はこのメンバーで競うことになる。

2日目、2:30起床。周りのテントでももう灯りが。やはりみんな早い。満天の星空。3:54出発。二ノ沢ノ頭で幕営した中ではトップで出発できた。第1岩峰の前で幕営しているパーティもいたので1番ではないが、渋滞でかなり待つことは避けられそう。昨日ずっと眺めていたルートを登り始める。雪が凍るほど温度は下がらず、今日も早いうちに目的地まで到着したほうが良さそう。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 094


雪壁の急登を登り、5:10第一岩峰の雪面ルンゼに取り付く。右手にピッケル、左手には貸していただいたスノーバーで登る。初心者の私がいるので、念のためザイルを出していただく。そのセット中に1パーティに抜かされるが、確実に1歩ずつ進む。取り付き始めは怖かったが、その後は慣れたのか傾斜が緩くなったのか、なんとかブッシュ帯もクリア。雪斜面を細い雪稜まで出るが、落ちたらサヨウナラの斜面をトラバースする緊張感を初めて味わえた。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 098


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 100


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 109


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 110


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 121



6:10第二岩峰に到着。先に3組が取りついていたので、準備をしながら、どのように登るのか確認。みな大変そう。昨日の幕営地で言われたのだが、今回の核心部のチムニーをまだ教えていないステミングで登ると。一気に不安がよぎる。6:50順番が来たのでSさんが登り始める。セカンドのUさんと同時に、次のトップのTさんがついて登る。と言う事は私が登る時は後ろのKさんがついて登ってくれるということ。お手数おかけします。始めからもう緊張してしまって体が硬くなってしまう。核心部前に着いてチョックストンを見上げてみたら、全く登れる気がしない。でも何としても越えるしかない。右上に残置スリングがあるがどう使っていいか分からず、前もって教えてもらったように足を置いてみたら上のガバに両手とも届いた!後は上がるだけなのに腕力がなく上がれない。結局もたもた、最終的にTさんが置いてくれたスリングを使わせてもらって何とか上がることが出来た。
s-20170506_170513_0012.jpg


s-20170506_170513_0010.jpg



ほっとひと安心したいところだが、この後もナイフリッジは続く。天気がいいので、高度感があるが、こんな素敵なコースを歩けていることに感激。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 125


9:00北峰に到着。東尾根ルートの終了点。皆で完登できたことを喜び合う。北峰山頂から見るカクネ里は美しかった。
白馬岳方面
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 132


南峰に向かう
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 133



s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 137


途中、雷鳥に出会う。この山行では昨日は雌、今日は雄だ。色が変わり始めているが、まだ白い。南峰に向かうルートは結構危険だったと言われたが、慣れたのか麻痺したのか気づいていなかった。10:00南峰に到着すると、赤岩尾根組が待っていてくれた。全員合流。頂上からの眺めは最高。かっこいい剱岳が見える。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 151


南峰からの下りは地面の露出部が多く、アイゼン歩行が悲しい。雪も腐っていて何度か踏み抜く。冷池山荘でビールを購入。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 171



冷乗越から赤岩尾根に入るも、なかなか急な下りで慎重に降りる。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 177


14:30赤岩尾根組のBCである高千穂平に到着。昨日作られた大きな雪のテーブルを再度固めて全員で宴会。
s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 180


s-P5040367.jpg


21:00には就寝。
3日目6:00起床とのことだったが、長く寝られないのか5:00過ぎから外に気配が。5:30にはみんな起きてしまった。今日も相変わらずいい天気で後立山連峰のスカイラインを見ながらゆったり朝食。7:52下山開始。急斜面を慎重に降りて9:40林道に出る。大谷原の駐車場には10:35到着。大町温泉郷「薬師の湯」で汚れと疲れを落とし、時々渋滞に合いながら帰阪。各自解散。

とても素晴らしい春山合宿でした。合宿のための練習日を作っていただけたことは、とてもいい練習・勉強になりました。本当にありがとうございました。
Category: 合宿
Published on: Sat,  06 2017 21:42
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment