2017.04.29~30 立山御山谷山スキー
- 2017/05/29(Mon) -
天候:4/29 晴れのち曇りのち霰と雷、雨(午後は天候変化多)  
4/30快晴

行程:4/28 20:40玉造→扇沢駐車場 26:00就寝
4/29 5:30起床→扇沢~室堂(乗車移動)9:00→一ノ越→御山谷→16:30ロッジくろよん(山小屋)
4/30 5:00起床→6:30山小屋出発→7:00黒部湖駅~室堂(乗車移動)9:00→11:00一ノ越
   →12:00東一ノ越→タンボ平→14:30黒部平駅~扇沢(乗車移動)→帰阪

b-2017053010322454c.jpg
4/28
翌日の午後は天候が荒れる予報。メインを御山谷に絞るプランへ決めた為、立山でなく扇沢入りとする。

4/29
始発7:30の関電トロリーバスに6:00過ぎから既に人が集まり出す。
6:30には列に加わり7:00過ぎチケット購入。
スキー板やボードにはカバーをしていないと乗車不可との事。 カバーを300円で購入し取り付け乗車。
黒部ダム駅から黒部湖駅まで歩き黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルトロリーバスと乗り継ぎ8:30室堂着。
立山ではまだまだ白銀の世界。 
板へのシールの貼り方、ビンディングの踵の固定の外し方等、初の山スキーなので、指導を受ける。
一ノ越へ向け出発。 結構歩けるものだ!とシールの威力にビックリ。 緩やかな登りだが動いていると暑い。

b-201705301032213df.jpg


一ノ越へ着く少し前から風が吹きつける。 リーダーが風が強い場所と言っていた通りだ。 
シールを剥がし、11:30滑走開始。 午後からの天候の崩れの予報を心配してか滑り出す頃には御山谷は3人だけ。
不格好でも転ばずに滑る様にと事前にリーダーが伝えてくれていたが、滑り出して即転ぶ。
御山谷は大きな谷、雪質も降りる中で色々と変化する。 

b-2017053010322454c.jpg


いつもなら既に雪崩れているはずの右側(龍王岳・鬼岳側)が未だ雪崩を起こしていない。
左側寄りに滑る様にリーダーから指示あり、長い谷を左右に滑り下りる。
12:00頃からどんどん白い雲が背後に迫り12:30には一時ホワイトアウトになった。

b-20170530103223e83.jpg

この後、ころころ気候が変わり晴れ間がでたり、霰が降ったりする。
黒部湖近くの河原まで滑り下りた後、今度は板を背負って小屋に向けての歩行。
15:00雷が鳴りだす。 夏道を歩くべく探すが、雪に隠れていて斜面状態。
既に雪が溶けだした危険個所もある為、トレース確認とGPSでルートファイティングしながらの下りとなる。
背負ったスキー板が木に阻まれる事、数回。まさかの藪漕ぎやアイゼンをつけて急な下りでのクライムダウン。
山スキーは沢と同様、総合的な雪山技術が必要と本で読んだがその通りであった。 
16:30小屋到着と同時に雷が轟き出し、みぞれが降り出す。

4/30
黒部湖駅8:10発を考えると時間は早いが6:30に小屋前で板にシールを取り付けし出発、40分ほどで到着。

b-20170530103226ef2.jpg


一番乗り。 時間があるので、駅に荷物を置き黒部湖まで散歩。 五竜岳や水晶岳等を鑑賞・撮影。
朝の静謐な空気の中、贅沢なゆっくりした時間が流れる。今日も昨日同様黒部ケーブル等を使い室堂へ。

b-20170530103227242.jpg


前日はなかった風が室堂から吹いている。 今日は人が多い。 室堂から一ノ越まで歩く。
一ノ越では遠く槍ヶ岳、真っ白な笠ヶ岳など見える。 斜面左側を斜滑降し東一ノ越へ向かう。
東一ノ越には水平に走る夏道を辿るのだが、夏道の斜面は岩が出ており途中から歩きとなる。
夏道に滑り込むには上過ぎても下過ぎても駄目で、リーダーのルート取りに付いて行く。
夏道の入り口の岩場でスキー靴にアイゼン装着し板を背負う。
強い風が吹く瞬間(風速15mはある)と弱くなる瞬間があり、弱くなる瞬間に斜面をトラバースしてゆく。
左が山側で右側は急斜面。 足を踏み外したら下まで滑り落ちる為、慎重に東一ノ越まで移動する。
東一ノ越では更なる風。 立ってまともには歩けず、ザックから外したスキー板を風が吹き飛ばそうとする。

b-2017053010322910e.jpg


タンボ平の斜面は少しきつめで、吹き付ける風が更に斜面への怖さを増長させる。
滑走時、必要以上に滑りにブレーキをかけ、その事で雪にエッジを食い込ませ引っかかり転倒。
起き上がり滑り始めるが無意識に体が強張り後傾になり、また転倒。
リーダーが表層雪崩を確認し早く危険地帯を通過しようと指示。その頃には乳酸が足に溜まり思う様に動かなかった。
少し滑っては止まりを繰り返してしまう。Kさんや途中でご一緒になった婦人から励ましの声をかけて貰いつつ下降。
デブリの上は滑りを諦め、板を外して歩行。 その後、安全地帯まで滑り休憩。
目の前の黒部平駅で終了するか林間を黒部湖まで滑るかとなるが、休憩後の滑りでも板に乗っている感覚がなく無理と判断。
リーダーに黒部平終了でお願いし終了。

要所要所でリーダーが雪崩回避を含めて、滑る方向や全体像を説明してくれ走行した為、安心して滑れた。
その判断や知識、滑り下りた後のルート取り等、本当に総合力だと思った。
タンボ平で足が遅く迷惑をかけたが、今回の経験を生かして来シーズンに挑みたい。
この記事のURL | 山スキー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2017.05.28 初級沢登り講習会 神童子谷 | メイン | 2017.05.21 第三回初級登山講習会>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/590-fa29db81
| メイン |