2017.05.03-04 唐松岳
参加者:4名

b-22222.jpg


5月2日
20:00大阪から一路白馬へ。
3:00ごろ白馬着。付近の駐車場で仮眠。

5月3日
本日は快晴。
白馬八方尾根スキー場から、リフトを3つ乗り継ぎ、八方池山荘までワープ!
8:50山荘を出発。八方山までは、整備された木道の階段。
登山道には雪がほとんどついていない。
9:20八方山着。気温が高く、カッパを着ずに歩く。

八方池までは、なだらかな広い尾根を歩く。
天気がよく、隣の五竜岳に続く遠見尾根がよく見えた。
10:20八方池着。(池といってもまだ雪原だった。帰りに見ると、テント張ってました)
b-11111a.jpg


しばらく進み、積雪が増えたのでアイゼン装着。他の登山者もほとんどが同じ場所でアイゼンをはいていた。
天気がいいので雪がやわらかい。ゆっくり進んでいくと、隣の遠見尾根よりも目線が高くなってくる。
進行方向に見える、不帰(かえらず)の峰々がかっこいい。
丸山ケルンの手前で、カッパ装着。天気は良いが風が強くなり、少し肌寒い。
12:40丸山ケルン着。雪が柔らかいので、前の人が踏みしめて固くなっている場所を探して進む。
どんどん近くなる不帰(かえらず)に見とれながら進む。

14:15唐松岳頂上山荘着。先に受付を済ませ、荷物をデポ。空荷で唐松岳山頂へ。
山荘から近く見えるが、思ったより距離があった。(それでもコースタイム20分ですが)

14:40唐松岳山頂着。みんな唐松岳よりも、遠くに見える剱岳を見て感動する。(日本海も見えた!)
b-22222.jpg


b-33333.jpg


15:30 山荘に戻り、チェックイン。夕食を食べた後、夕暮れまでの間を思い思いに過ごす。

18:15 山荘からの夕暮れは、ちょうど唐松岳の陰になって、夕日が沈むのは見えなかった。
20:00就寝。

5月4日
4:40起床。日の出を探して、山荘裏の小ピークへ。
唐松岳、不帰、剱岳がピンク色に染まっていくのを眺める。
(写真は剱岳)
b-44444.jpg


その後、朝食を済ませ、7:50山荘出発。
b-55555.jpg


今日も天気はよかった。
ただ、昨日より気温は高くなりそうで、遠くの山々は少しガスっぽかった。
昨日と同じ場所でカッパ、アイゼンを脱ぎ捨てる。
途中の休憩中、不帰の二峰をアタックしている3人?パーティーを発見。
しばらく見ていたが、一向に動かない。
(その後別の場所で休憩しているときに、動いていたことを確認しました。
大丈夫だったみたい。)

稜線を眺め、ゆっくり進む。
雲一つない青空と、白い雪のコントラストが素晴らしい。

10:45 八方池山荘着。リフトを乗り継ぎ、無事下山。
リフト乗り場前でソフトクリームを食べる。

その後、白馬八方温泉で入浴。
(シャワーが出しっぱなしにできるので最高だった!)

23:00ごろ帰阪。


二日とも(暑すぎるぐらいでしたが)天気がよく、
すばらしい景色を見ることができました。
また、個人的には、会で行くのは初めてのごはんが出てくる山小屋泊でした。
一番景色が綺麗な時間帯(夕暮れ・朝焼け)にゆったりと時間を過ごすことができ、
こんな山行もすごく楽しいと思います。

最後になりますが、運転していただいた皆様お疲れ様でした!
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2017.05.13 段ヶ峰・倉谷沢登り | メイン | 2017.04.22 名倉谷川中の谷沢登り>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/594-6840304c
| メイン |