2017.07.08-09 空木岳/初級登山講習会
- 2017/07/12(Wed) -
第四回の初級登山講習会が中央アルプス 空木岳(うつぎだけ)で1泊2日で実施しました。

空木岳は標高2863m 百名山です。

【講習内容】
パッキング、読図、共同生活、夜間歩行、雪渓の歩き方

【日程】2017年7月8日(土)~9日(日) 前夜発
【行程】21:00森ノ宮駅集合→中央道駒ヶ根IC→1:00光前寺周辺の適所にて仮眠
 
7/8(土)5:20車両移動→池山林道終点駐車場⇒6:40池山尾根登山口⇒7:45鷹打場⇒8:40池山小屋水場9:00⇒9:40マセナギ10:20⇒12:00ヨナ沢の頭近く12:30⇒13:10分岐⇒13:40空木平避難小屋→15:00宴会→19:00就寝

 7/9(日)3:00起床→3:30避難小屋発⇒4:30空木岳(2864m)5:20⇒5:55避難小屋着7:00⇒8:10
迷い尾根分岐⇒9:00マセナギ⇒9:35池山小屋水場⇒10:50池山尾根登山口→入浴・食事・帰阪
【参加者】8名

【記録】今年の初級登山講習の最後は、空木岳(うつぎだけ)は中央アルプス(木曽山脈)のほぼ中央に位置する秀峰で、日本百名山にも選定されている標高2,864mの山の池山尾根ルートの登山。
 旧林道終点までは林道の崩落によって車が入らないため、進入禁止前の駐車場に車を停めようと向かうと、なんと満車。空木岳は実はかなり人気がある山?天気が雨予報から良くなったから?日帰りの人が多いのかな?など想像し、林道の脇の空きを見つけて停める。
500mほど林道を戻った所にある登山口から出発。初級講習として新人(4人)が交代で1番前を歩くように指示がある。
登り始めると旧林道終点に合流した。次の分岐タカウチ場で野生動物観察棟にも寄ってみる。分岐を左に進むと池山小屋近くの水場へ。水量が多くとても冷たい水だったので、飲んだり、顔を洗ったり、頭からかぶったり。
ここで上部で最終的には合流する分岐があり、どちらも同距離・同時間と書かれているが左を選ぶ。緩い登りに新緑が美しい。花もたくさん咲いている。花の名前をたくさん教えてもらうが、なかなか私の脳には留まらないのが残念。
池山尾根には滑落・転倒事故が多発している難所がある。その名も大地獄。その辺りのみ階段や鎖が現れる。高度感もなく特に難しさはないが、緩やかな歩きやすい道から突然急な階段を連続で登るのは地獄のようだと思えてしまうのかも?
大地獄や小地獄の区切りは明確には分からなかったが、迷い尾根との分岐に到着。「迷い尾根」なので気づいたらその尾根に乗ってしまっているのでは!?と細心の注意を払っていたのに、明確な分岐に立入禁止のロープが張ってあり、分かりやすすぎる!
また道はなだらかに戻り、尾根道と空木平避難小屋への分岐を経て、避難小屋に到着。
本日の天候は午前中は晴れていたが、午後から予報通り霧に覆われ始めたので、登頂は明日にすることにして、少しゆっくりしてから宴会に入る。本日の小屋泊は私たち以外に4人いた。避難小屋の泊まりはテントより空間が広いので快適だけど、テントの方が温かい。

翌朝3:00起床で暗い中、頂上を目指す。夜間歩行は回数を重ねててきて怖さも減り、少しは慣れてきたけど、空木平避難小屋からのルートは雪渓があるせいか少し分かりにくく、注意をしないと外れてしまう。前日の明るいうちの偵察は必須だと思った。
頂上で日の出を見る。太陽と反対の雲に山の影も見えた。日の出前後の景色の移り変わりをのんびりと頂上で見て過ごすのは、とても有意義な時間だった。
アイゼンは持参していたが、雪渓では結果的に使用しなかった。
空木平避難小屋に戻り、朝食を取って帰り支度をする。
下りは特に難所もないが、単調な緩い下りが長くて気持ちがダレてしまったけど、みな無事に下山。

今年も夏山が始まりました。
今回はこの夏始めての登山になる人が多かったので、暑さや、長時間の歩行に、体が慣れるまでしんどいので、ゆっくりめ山行となる。何年続けても毎年同じ段階を踏んでいくのだろう。
今年の初回講習は全て受講しました。ご指導ありがとうございました。

s-2017.07.08-09 空木岳 002

池山林道途中の駐車場は一杯であったが、何とか車を駐車し歩き出す。
本来の林道終点に着くとシモツケソウが咲いていた。
s-2017.07.08-09 空木岳 007


野生動物観察棟 立派な小屋があり展望も良い。
s-2017.07.08-09 空木岳 013


池山尾根の水場 中央アルプスの天然水 冷たくて美味しい
s-2017.07.08-09 空木岳 015


苔むす森、シラビソの樹林帯を歩いていく。
s-2017.07.08-09 空木岳 023


大地獄、小地獄 名の通り急登、梯子、鎖場と続く
s-2017.07.08-09 空木岳 031

コイワカガミ
s-2017.07.08-09 空木岳 037


ミツバオウレン
s-2017.07.08-09 空木岳 040


オオサクラソウ
s-2017.07.08-09 空木岳 046

ミヤバキンバイ 
s-2017.07.08-09 空木岳 047


分岐を過ぎるとと空木平避難小屋に着く。
前に小川が流れ、花が咲き気持ちのいい立地場所でした。
s-2017.07.08-09 空木岳 051


小屋の前にチングルマが咲く
s-2017.07.08-09 空木岳 054


今日の工程はここまで。小屋泊です。
s-u41.jpg


共同で担いだ食事を頂く 
プチトマト、セロリ、イカ燻製のマヨポン和え、キャベツ、ミョウガの酢の物、ブロッコリー&ベーコン、鶏の梅肉しそチーズ
あんかけご飯 等々沢山の食事を頂きました。
s-2017.07.08-09 空木岳 068


7/9 早朝3時30分山頂に向けて出発
s-2017.07.08-09 空木岳 071


真っ暗な中、雪渓を歩いていく
s-2017.07.08-09 空木岳 074


駒峰ヒュッテに到着。
s-2017.07.08-09 空木岳 077


朝日に染まる空木岳
s-2017.07.08-09 空木岳 081


南駒が岳への稜線
s-2017.07.08-09 空木岳 084


ご来光
s-2017.07.08-09 空木岳 088


遠望 南アルプス 
s-2017.07.08-09 空木岳 093


山頂からは御嶽山、乗鞍岳、北アルプス、八ヶ岳、南アルプス等々が見え 360度の大パノラマでした。
s-2017.07.08-09 空木岳 095


s-u74.jpg


駒峰ヒュッテのテラスにて
s-2017.07.08-09 空木岳 098


再び、雪渓を下り 空木平非難小屋に戻り サンドウィッチ、プチトマト、コーヒーを頂き下山しました。
s-2017.07.08-09 空木岳 106

梅雨の晴れ間のいい講習会でした。
この記事のURL | 初級講習会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2017.07.01 ヌタハラ谷沢登り | メイン | 2017.07.02 荷歩トレーニング/奈良>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/602-7e953c51
| メイン |