2017.07.22 焼岳
- 2017/07/23(Sun) -
参加者4名

岩登りを始めたら、穂高連峰でも屈指の岩稜帯歩きが出来るジャンダルム周辺を歩きたいと思うはずだ、まだ行っていないメンバーに是非とも西穂高岳から奥穂高岳を体験して欲しいと思い、天気が安定するであろう、梅雨明け十日を狙いこの日に設定した。梅雨が明けて五日目、何故か梅雨前線は日本海側に停滞していた。
ヤマテンの情報では土曜日、午後から小雨。日曜日、午後から崩れるとの情報であったが天気が好転してくれる事を祈り現地入りする。

ロープウェイ乗り場、鍋平高原駐車場は閑散としていた、3時間ほど仮眠。
6時45分起床、天気は晴れている。念の為に天気予報を確認すると、日曜日の天気予報が更に悪化していた。雨の中、無理に岩稜帯通過は危険と判断し、日帰りで焼岳に登る事に決める。

s-2017.07.22 焼岳 058


10分ほどの車移動で焼岳登山口に着いた。
中尾温泉から焼岳のピストン登山である、本来なら中の湯からの往復が有名だが今回は少しマイナーな中尾温泉からである。コースタイムは8時間、標高差は1400m、簡単なハイキングだと思っていたが以外に苦戦しそうである。
8時20分スタート。
タマガワホトトギス
s-2017.07.22 焼岳 002


s-2017.07.22 焼岳 005


白水の滝
s-2017.07.22 焼岳 012


センジュガンピ
s-2017.07.22 焼岳 013


人の居ない静かな森、ブナ、オオシラビソの樹林帯の急登を登って行く。荷物は軽いが大汗が出る。
オダマキ
s-2017.07.22 焼岳 016


s-2017.07.22 焼岳 019


こまめな水分補給をしながら高度を稼いでいく。苔むしている岩、倒木が多く、ヒカリゴケが緑色に光る小洞窟を見つけた。
s-2017.07.22 焼岳 031


秀綱神社
s-2017.07.22 焼岳 035



3時間かけて、分岐に着く。焼岳小屋経由で山頂を目指す。小屋からは山頂が綺麗に見えた。
s-2017.07.22 焼岳 040


ニガナ
s-2017.07.22 焼岳 046


s-2017.07.22 焼岳 048


小屋前でしっかり休憩し、森林限界を抜けると、シナノオトギリが群生する斜面に出る。
s-2017.07.22 焼岳 051


s-2017.07.22 焼岳 101


すぐ先に中尾峠、中尾峠からは上高地から登ってくる人と合流し、登山道は混雑する。火山噴火の爪痕残す登山道を登って行く。最近は外国人も多い。
Hさんは外国人と気さくに話をしている。以外な一面を見た。外国人にシャッターを押してもらい集合写真を撮る。
s-2017.07.22 焼岳 060



目の前に聳える、黒い岩の塊の山頂部周辺、足元に咲き誇る高山植物、心地よい風、焼岳は思っていたよりいい山である。まさに北アルプスに居るんだと実感させられる山であった。
s-2017.07.22 焼岳 068


s-2017.07.22 焼岳 069


s-2017.07.22 焼岳 078


大きく広がる展望、しかし、穂高周辺はガスの中である。ここに来てようやく、穂高に行かなくて良かったと実感させられた。気持ちを切り替え今を楽しむ。
s-2017.07.22 焼岳 097


12時30分山頂。
s-2017.07.22 焼岳 091


火山湖の正賀池
s-2017.07.22 焼岳 082

山頂でゆっくり休憩し下山していく。途中、平坦地で湯を沸かしコーヒーを頂く。たまには山でまったりタイムもいい。
焼岳を十分堪能し樹林帯を下って行く。このまま行けば16時ごろ下山か?
16時ならなんとか今日中に自宅に帰れると思い先を急ぐ。15時50分駐車場。
とにかく喉が渇く、自販機を見つけ喉を潤す。一旦、平湯に戻り温泉で汗を流す。
17時30分、前日3時間の仮眠だけで睡眠不足で疲れているが、なんとか今日中に大阪帰れる時間だ。頑張って帰ろう。車が走り出した途端、大雨が降ってきた。稜線も大雨だろうと思いながら22時大阪解散となった。
この記事のURL | アルプス登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<★★ 体験ハイキングのお知らせ ★★ | メイン | 2017.07.04 元越谷/沢登り>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/605-57e33650
| メイン |