Entries

2017.10.27 へク谷沢登り

山  域 :安曇川水系 ヘク谷
山行日 :2017年10月27日(金)
メンバー:3名

 先週末は、大型台風21号が来襲。今週末には、台風22号が日本列島に上陸する可能性があると気象庁が伝えていた。運良く、金曜日は天気に恵まれて山行を潰されずに済む。坊村役場の駐車場に車が皆無なのはウイークデイの威力である。夜の坊村は気温が8度で寒い。
 翌朝、R367を坂下トンネル手前まで戻り、右手の集落へ続く道を進みR367をくぐるとすぐに駐車スペースが見つかった。目の前を安曇川が流れ対岸にヘク谷が目視できるが、水嵩もあり流れも早く渡渉点が見つけられず上流に移動した。集落に入ったすぐのところに堰が設けてあり対岸に渡る。7:30入渓。出合の標高は約380M。
安曇川の水は少し濁っていたが、 ヘク谷の流れに濁りは認められず少しホッとする。しかし、大型台風21号の影響で長雨が続いたせいか、水量が多く、滝は白い飛沫を立てて落ちて勢いも凄い。資料には積極的に水と戯れたいとあるが、とても面倒を見る気がしない。
谷は、2段8M、岩間6M、2条15M、トイ状7M、とテンポよく滝が連続するが、どれもが凄い迫力で水を落としているので濡れ鼠になる覚悟が起きずに全て巻いた。2段15M左岸の巻きが少しいやらしくピトンを打とうとしたら残置を見つけた。ピトンのアイは腐食で切れて使える状態ではなく新たにピトンを打つ。岩質のせいか、手頃なリスがたくさん見つかる。横方向に少し効きが甘いが、荷重がかかるのは鉛直方向なのでよしとする。
初沢のAさんが力で登ろうとスリップしていた所を、Fさんがテクニックで軽くこなしている様を見ると流石だなと思う。遡行中は、2〜3回お助けとロープを出した。実戦で使う結びの種類はそんなに多くはないが、状況に合わせて選択するのには慣れと経験が必要なので初級者が同行するときは経験者が2名必要だと思った。巻き道の斜面も、きつめのところは一旦下って登り返す方法をとる。Aさんを気にかけていると、笑顔と真剣な表情が交互に出入りするのが見て取れて自分の初沢の時の表情を見た気がした。
12時を過ぎて、標高850M付近。1060Mの小女郎ヶ池は諦めて、ここで時間切りすることを決めた。 ここから、サカ谷道登山道を目指して詰め上がりP964から北に派生する支尾根に乗る。そのまま西にトラバースして登山道を目指すのが距離は近いが、傾斜が滑りやすかったので支尾根をP964付近まで詰めて登山道に出て下山。

s-IMGP6353.jpg


s-IMGP6349.jpg


s-IMGP6360.jpg


s-IMGP6361.jpg


s-IMGP6363.jpg


s-IMGP6367.jpg


s-IMGP6371.jpg


s-IMGP6375.jpg


s-IMGP6376.jpg

追記
尾根付近では、たくさんの大木が台風に倒されていました。倒れた大木の根があまりにも浅いので気になって下山後に調べてみたら、実生苗と挿し木苗とがあって、前者は実から直根が出てまっすぐに地中に伸びる。後者は挿し木の幹から不定根が伸びて横に広がるようです。挿し木するのは主に植林で材木にする針葉樹ですが、広葉樹も倒れていました。下草が鹿に食べられて土が流されてしまったのかもしれません。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/628-aac3c3f5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する