Entries

2017.11.10 岩湧山周辺ハイキング

2017.11.10 扇山・岩湧山・南葛城山

参加者:2名
天候:晴天
行程:7:15滝畑ダム駐車場→7:35登山開始→9:45扇山→10:15岩湧山→13:00一本杉(昼食)→13:35南葛城山→14:50大滝→15:35駐車場

s-IMGP6478.jpg




車を降りると寒い!慌ててダウン着用。気温5度で息も白い。今日は夕月橋近くから取り付き、破線道で扇山へ向かう為、まずは駐車場から夕月橋まで移動。夕月橋から岩湧山登山口側に向け山を左手に入山ポイントを見つけようと歩いて行くと、小さな沢の右手にピンクテープがあるが微妙な踏み跡。見送り、立ち入り禁止私有地を除外し進む。当初予定の地点ではないが、これ以上先に進むと岩湧山登山道と合流してしまう為、、同じく突き上げ出来そうとリーダが判断したポイントより入山。来た方向の左手上部へと扇山方向へ杣道を辿りながら進むとピンクテープも現れだす。
コルが現れ地図を確認。一旦下がり登る尾根伝いに扇山へ進めるはずと右斜め前の尾根を進んで行くと、ピンクテープが所どころ現れる檜林。檜の葉の絨毯で覆われた斜面をせっせと汗をかきながら登る。尾根に出た後少し進むと、前方が緩やかな下り、右手に少しだけ小高くなった場所がありそこへ上がると扇山頂の札。写真を1枚撮り、岩湧山へと進む。直ぐに一般登山道と合流しススキが見ごろな岩湧山頂への道を晴天の中歩く。気持ちが良い。頂上は見晴らしが良く進行方向には高見山が鋭角な山容を見せる。歩を進め、五ツ辻、阿弥陀山前分岐を経て、残念な舗装道を一本杉へと向かう。一本杉迄0.6㎞の看板を過ぎ軽快に進むが、標高100m程下っているのでおかしいとリーダが気づき位置を確認。高野口方向へ進んでいる事が分かり看板まで戻る。良く見ると看板の示す矢印が、杭が3つある細い山道を指し若干右寄りに折れている。そこを進んでゆくと笹原を経て一本杉に到着。
一本杉から南葛城山は直ぐ。南葛城山頂に手作りの道看板があり参考しつつ首丈まである笹路をかき分けながら進むと地図通、1つ目の四等三角点との分岐に着。方向を取り道なりに進む。また笹をかき分け進むが2つ目の分岐を見落としたのか、予定とは別の千石谷への破線道を下っている様子。踏み跡も明瞭で下る方向も同じである為、この道で下る。下り終え林間道と合流し、少し下るとその名の通りの大滝が左手に現れる。そのまま林間道を下り、予定だった関電道との合流地点も確認しつつ、駐車場へ下山。約19キロの周回でした。

s-IMGP6464.jpg


s-IMGP6468.jpg


s-IMGP6469.jpg


s-IMGP6475.jpg
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/630-faf53ffa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する