Entries

2018.01.07 阿弥陀岳北稜登攀

もう何年越しだろうか?幾度となく赤岳主稜の計画をしては悪天で中止。
晴天率の高い、八ヶ岳を裏目に今回も悪天の為中止にした。今回の為に3回もトレーニングを重ねてきたので中止はもったいない、幸いにも一日目だけ好天予報なので再度、参加者にアナウンスし一日で阿弥陀岳北稜を登る計画をした。冬期の八ヶ岳で12時間行動をすると言う前提なので多少辛いが、新人2名に経験を積むためにいいチャンスだと思い弾丸登山を決行した。

18時半大阪発~24時15分美濃戸口~3時半起床~4時20分登山開始~7時30分行者小屋~8時30分歩きだし~10時北稜登攀開始~12時阿弥陀岳山頂~13時行者小屋~16時10分美濃戸口~22時大阪解散

s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 051



深夜0時すぎ美濃戸口に到着。少し車の中で仮眠。3時半起床、4時20分に歩き出す。
手が痛いほど寒いが汗をかくのを防ぐ為薄着で出発した。テント装備が無いので荷物は軽い。コースタイム通り3時間で行者小屋に着いた。天気がいいが稜線では雪煙がまっていた。あまりの寒さに手が言う事が効かず準備に手間取った。とにかく寒い。
1時間かけ準備をし出発した。
s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 005


中岳沢を辿る、前回に来た時よりも上部から尾根に這い上がった。
s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 008


s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 009


ジャンクションピークでゆっくり準備をするつもりだったが、強風の為先を急ぐ。暫く進むと前方には10名ほどの人が見えた。その内3名が下ってきた。強風の為登攀出来なので帰ると言う。東風が強い風の中、とにかく取り付きまでいった。前方のパーティーは諦めた模様で第一岩峰の左から巻いて左の尾根に取り付き始めていた。
登攀渋滞を覚悟してきたのでなんとラッキーな事だろうか。
風速は12~3mぐらいだろうか?なんとか登攀は出来そうだったのですぐに準備を始める。
s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 010


s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 014


強風の中、1ピッチ目 登攀動画



Kさんが登り始めた頃には後続に6名が待機していた。強風が声をかき消し、緊張と寒さでHさんが戸惑っていたがなんとか後押しをし、登り始めた。
2ピッチ目終了点
s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 019


晴天 主峰赤岳を見ながら 大パノラマの中 寒いながらも楽しいクライミング
s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 023


3ピッチ目のナイフリッジ
s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 024


3ピッチ目 終了点 富士山の景観が素晴らしい
s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 026


練習通りに3ピッチをこなし最後はコンテで阿弥陀岳山頂に着き、全員で硬い握手をした。
阿弥陀に着いた頃には風は収まり、360度大展望が出迎えてくれた。
s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 046


s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 051


s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 028


雪も安定しており、中岳のコルからの下降を決断し下り始めた。雪崩の心配があるのでいつもはあまり使用しない中岳沢の下降は早い。13時行者小屋に戻る。15時までに戻らない場合は小屋泊を決めていたが、こんなに早く戻ってくるとは思わなかった。全員まだまだ元気そうで、その日の内に大阪に帰る事を決断した。

多少弾丸ではあったが、冬の八ヶ岳、12時間行動、強風の体験、冬期登攀と新人2名にとっては次に繋がるとてもいい経験になった事でしょう。


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/647-f2009ccb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する