Entries

2018.01.07 綿向山

参加者:2名
天候:晴れ
行程:9:15御幸橋駐車場→10:45五合目→11:40綿向山頂上 昼食12:15→13:45オンバノフトコロ→14:10竜王山→15:00竜王山登山口→15:30御幸橋駐車場

1/6-8は土日祝の3連休。1/7のみ休みで山行を諦めていた私に舞い込んだ山のお誘い。
しかも霧氷で人気の綿向山。初めてで嬉しく、しかも竜王山への周回ルート。棚ぼた山行である♪

s-s-IMGP6610.jpg



御幸橋駐車場手前のトイレ側から駐車は満車。御幸橋駐車場ももちろん満車。駐車場横の雪が整備されていない駐車箇所も5割埋まっている。流石の人気。身支度している最中もひっ切り無しに人が入山してゆく。登山口から緩やかな参道を登り、つづら折りの道へ歩を進める。
s-s-IMGP6602.jpg



二合目、三合目で立ち休憩をいれつつ、登りの道を進んでゆく。雪質は朝でもあり踏み固められた跡は若干固め。ツボ足での登りは足の付け根の筋肉が刺激され、トレーニング感あり。五合目小屋では嬉しがって“夢咲の鐘”を叩かせてもらう。
s-s-IMGP6604.jpg



七合目近くなると霧氷が現れだし美しい。七合目は風が抜ける場所で、冷風が吹く。
s-s-IMGP6608.jpg


祠の陰で小休憩と冷風対策をさせて貰い山頂を目指す。此処からは尾根通しの冬道を進む、少し急登だが、霧氷が綺麗で登りきると、あっという間の頂上である。
s-s-IMGP6609.jpg


s-s-IMGP6614.jpg


s-s-IMGP6615.jpg



頂上は太陽の恵みで温かく風もあまり吹かず青い空の下、皆ゆっくり昼食と景色を楽しんでいる。私達も御嶽山や乗鞍を遠くに見ながら温かい食事を取り、竜王山へと向かう。
綿向山から竜王山へ向かう稜線は美しい。稜線途中に「ブナの珍変木(幸福のブナ)」と看板があり風雪で輪の状態となった幹をくぐると幸福が訪れるとの事。今年もおみくじで「凶」を引いた私は迷わずくぐる。
s-s-IMGP6623.jpg

s-s-IMGP6621.jpg




稜線を進むと竜王山と雨乞岳との分岐が出てきて、そこからが、斜面が急となる情報。アイゼンを付け、竜王山へ向かう。確かに足元が非常に厭らしくアイゼンを付けて良かったと感じる。竜王山方面へもトレースはきっちり有るが、綿向山と異なり人がほぼおらず静かな山を満喫できる。こちら側から綿向山を振り返るのも美しい。どんどん下って行く為、竜王山への登り返しが不安となるが、緩やかな登りを数回するだけであった。ただ、向かう途中に出てくる送電線の鉄塔から、お天気が良いだけに溶け落ちる高所からの氷の落下が思い掛けず怖く、そこだけは速やかに通り過ぎる。
s-s-IMGP6624.jpg


s-s-IMGP6626.jpg


竜王山頂も天候良く無風。
s-s-IMGP6634.jpg


ゆっくり休憩を取り、アイゼンを外して下山。
s-s-IMGP6628.jpg


30分ほどで竜王山登山口に着。
晴れの日の雪山ハイキングを堪能できた1日でした。   
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/648-e4f70dc4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する