Entries

2017.12.29-31 蓼科山/冬山合宿

雪山合宿 北八ヶ岳/蓼科山
日にち:平成29年12月29日(金)~平成29年12月31日(日)
参加者:5名
アクセス:名神吹田IC→中央道諏訪IC→R152→r192→竜源橋
行程:竜源橋→天祥寺原手前適地にて幕営(1960m)→蓼科山(2530.7m)

s-qq555.jpg


一日目
 7:15名神吹田ICを出発し12:00竜源橋の駐車地に到着した。駐車地には足首程度の積雪があった。
身支度を整え12:50竜源橋の脇にある登山道より入山した。先行者のトレースを辿りツボ足で緩やかに登っていく。
樹林帯の中を一時間半程登ったところで視界が開け天祥寺原手前に到着した。ここで登山道から外れ西に向きを変え樹林帯に再度入っていった。少し登ったところ標高1960m付近に程よい平地で周囲も木々に囲まれて風除けとなりそうな適地があり、ここで幕営することとなった。
 14:40早速、全員で整地に取り掛かるが雪がサラサラでなかなか踏み固まらなかったが平らにしてテントを張った。男性陣2人は川の水を汲みに出掛けたが、川は上流で凍っているらしく流れていなかったとのことであった。その後は夕食を摂り20:10就寝。

二日目
 4:40起床。朝食を摂取し6:40日の出と共にアイゼンを装着しBCを出発する。
s-qq111.jpg


BCより西に蓼科山山頂があったため樹林帯を西に登りながら北にある登山道への合流を目指した。
s-qq222.jpg


杉の木々を縫って登っていくとすぐに藪漕ぎが始まった。枝を掻き分け踏み抜きに気を付けながら進むと幅20m程のルンゼに出た。視界は良好で目指す蓼科山がよく見えた。積雪はルンゼの深いところでは膝丈程度、縁の部分では足首程度であった。雪と岩のミックスでアイゼンが決まらず登り難い斜面だった。登山道への合流を目指そうとルンゼから再度樹林帯に入り藪漕ぎを始めたが、藪が密で踏み抜きも多く進み難かったため引き返し再度ルンゼを詰めることになった。
標高が上がると積雪は膝上から股下程になった。交代でラッセルしながら登っていく。ルンゼを登り切り樹林帯へ入る。踏み抜くと1~2m程の穴に落ちるため足元に気を付け枝に掴まりながら登っていく。
シャクナゲに助けられながら樹林帯を抜けると視界が開けたが山頂は見えず、あとどれくらい登るのだろうかと思いながら雪と岩のミックスを登っていくとついに蓼科山頂ヒュッテが見えてきた。最後の急登を登り詰めると登山道に合流した。山頂付近には沢山の登山客が歩いていた。
12:00蓼科山山頂に到着。快晴で北アルプスの槍ヶ岳、大キレット、御岳山、八ヶ岳と360度遠くまで見渡せた。風は強くはないが冷たく長居はできないほど寒かった。全員で記念撮影を行った後は下山を始めた。
s-qq444.jpg


s-qq666.jpg


蓼科山頂ヒュッテから蓼科山荘へ下山しようとするがトレースは全くなかった。登山道を示すポールを目印に膝上ラッセルを開始した。下降してしばらくすると蓼科山荘から一人ラッセルしながら登ってきていた男性とすれ違った。聞くと蓼科山荘まではトレースがあったがそこから先はトレースが無く一人ラッセルしてきたとのことだった。
蓼科山荘で昼食を摂り登山道を下山した。積雪は膝下程度でトレースがあり歩き易かった。樹林帯の中を快適に下山していく。登りは5時間以上かかったが下りは早く1時間半程で下山した。13:37BCに到着。夕食を摂取しながら本日のバリエーションルートについて振り返る。22:00就寝。

三日目
 6:15起床。朝食を摂取しテント撤収する。8:10近くの斜面でロープワークを開始する。セカンドがエイト環、肩がらみでビレイする練習を行った後、フィックスロープを辿りながらトラバースする練習を行い10:00に終了した。パッキングを行い元来た道を下山し11:00駐車地に到着した。
 今回は雪山の藪漕ぎ。また、様々な状況でのラッセルが出来て良い経験となった。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/649-8e3f1c2e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する