Entries

2018.02.12 三国山 山スキー

湖北三国山
参加者 3名
8:30マキノ白谷(224)→黒河林道→黒河峠→県界尾根→12:20三国山(876.1)→12:50下降開始→県界尾根→黒河峠→黒河林道→14:20駐車場所

三連休の最終日、湖北三国山へ山スキーに行ってきました。
週末も寒波が来ており、降雪の予報。積雪量が多ければ途中まで行って、引き返す予定であったが、現地に着くと思ったより積雪量が少なく、予定通り山頂まで行く事が出来た。雪質は少し湿った新雪であったが、登行時はふかふかの雪を、終始一面の銀世界を楽しめた。

a-0404.jpg



5時過ぎ大阪出発。名神高速道路から湖西道路を経てマキノスキー場方面へ。高島方面はどんよりとした雪雲で覆われていたが、マキノ到着時は晴れていた。
マキノスキー場から行くコースもあるが、私達は黒河林道からのアクセスである。メタセコイア並木の駐車場で準備し、黒河林道入口手前の道路脇に駐車。数台の車が駐車しており、山スキーの人もいる。シールを付けたスキーをはき、林道をゆっくりと歩いていく。先行者のトレースがあり辿らせて頂いた。
林道はなだらかであったが、峠からはブナ林の急斜面。1時間程登ると小ピーク、そこから30分程で三国山山頂。山頂からは遠くまで見渡せ、まるで水墨画のような景色。ここでスキーに貼っているシールを外し滑降準備。Oさんに「斜滑降、キックターンで降りるように」と転ばないように滑る為の滑走時の指導を受け、下降開始。木々の間を滑り下りていく。「曲がったらあかん」と言われていたがスーパーボーゲンでターンしてみたら曲がれた。もう少し軽い雪ならターンがしやすいだろうが、雪が少し重い。13時半峠のトイレ近くで大休止。その後長い林道を下り、林道入り口へ。登り4時間、下りは1時間程。アッと言う間であった。

世間は三連休だが、ちょうど12日だけ休みだった私達は「どこか雪山に行きたい」と話していたら、Oさんが山スキーに連れていって下さる事になり、思いがけずMさんの山スキーデビューとなった。いつもの雪山同様楽しめたようだ。Oさん、今回も色々御指導頂きありがとうございました。

a-0202.jpg


a-0303.jpg


a-0505.jpg
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/656-4b0beba8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する