Entries

2018.03.17-18 赤岳主稜

参加者 4名

コースタイム
17日8:30赤岳山荘Ⓟ~11:30行者小屋
18日4:40行者小屋~6:00トラバース地点~6:15CS取付~9:55登攀終了~10:10赤岳山頂10:55~
11:50行者小屋12:20~14:10赤岳山荘Ⓟ

a-2017.9.9 083




8時半、橋を渡り美濃戸山荘から南沢へ。登山道は氷結し足場が悪くアイゼン装着で行者小屋に至る。
お昼前に到着。幕営場所の雪慣らしをしてテント設営しくつろぐ。偵察を考えていたが人気ルートなので取付は分かるであろうと判断、昨日の寝不足解消と明日は早出を考慮し即宴会に突入、早々に就寝した。
a-IMGP6783.jpg


a-IMGP6785.jpg


18日3時起床、空は満天の星。今日の天候は大丈夫。
朝食を済ませドタバタしながら4時半過ぎ出発。
ヘッドランプで足元を確認しながら文三郎登山道を登る。トラバース地点へ次々と他のパーティーが追従。Kさんが先を譲るもトレースが無いのが嫌なのか?辞退する。結局我々のパーティーがトップで取付へ。60メートル程トラバースしチョックストンの取付点。

6時15分、登攀開始。
a-IMGP6787.jpg


a-IMGP6789.jpg


我々はスタカットで登攀、1ピッチ目、チョックストンは固い雪で埋まり左側の岩稜から登る。切れそうな長いスリングを掴み左上する。余りの古さとホツレ具合に自分のスリングで補強残置する。右の凹角に乗りうつり雪で詰まった雪面を登高。20m登り小さなピナクルで確保しピッチを切る。2ピッチ目は緩いリッジを右上し左に巻き残置の確保点で切る。(15m)
a-IMGP6790.jpg


3ピッチ目、左側のリッジから巻き上がり右上、緩い雪壁を登り残置の確保点へ。(25m)
4ピッチ目、リッジ伝いに20m登り岩稜上の確保点へ。5ピッチ目、緩い雪壁を登り凹角手前の確保点まで。(30m)6ピッチ目、脆い岩稜を直上し右から巻くように攀じり右側に切れ落ちた残置確保点で切る。(25m)
7ピッチ目、被り気味の岩場を直上しリッジに出て右上しロープいっぱいでリッジ上の岩場にハーケンを打ち確保。(45m)8ピッチ目、雪壁を右上、SABで支点構築確保。(45m)
9ピッチ目、途中の中間支点(25m)まで確保点とする。
10ピッチ目、上部岸壁下の確保点でビレー。(40m)
11ピッチ目、凹角からミックス壁を攀じり小ピナクルで確保。(30m)
a-2017.9.9 101


a-IMGP6793.jpg


a-2017.9.9 104


ここからコンテで緩い雪面を登高し地蔵からの登山道に出る。赤岳頂上山荘横から赤岳山頂(南峰)まで登り終了した。
a-IMGP6792.jpg


a-IMGP6795.jpg


a-2017.9.9 113


a-2017.9.9 118


後続のパーティーを待ち風除けの東面側で待機。日差しは温かいが、時々強風が通り抜けて寒い。
20分後、後続のパーティー組と合流。完登を讃えあう。
11時前、下降開始。赤岳頂上から地蔵尾根を経て行者小屋へ。デポした装備を回収。
登山道で駐車地点へ戻り帰阪した。

3月の赤岳主稜は、確保点が雪の下で尚且つ残置は古く、スリングはボロボロ、ナチュラルプロテクションが必要なルートであった。硬い雪面にSAB(スタンディングアックスビレー)は取り辛く、アイゼンも前爪のみしか掛らず緊張した。多くのパーティーが順番待ちになる程の人気ルート、その割には不確実の支点が多く難渋した。
最近の登り方は、トップを目指して朝一取り付くのではなく、セカンドでトレースを追うのが今のスタイルなのか。
確信部は追従し、楽して登攀するのが良いのか疑問を感じた。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/661-ec524097

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する