Entries

2018.09.08-09 甲斐駒岳 黒戸尾根/南アルプス

参加者:3名

天候:9/8雨のち曇りのち雨 9/9雨のち曇り時々雨

9/7 25:30道の駅はくしゅう→26:00就寝

9/8 5:00起床→6:50尾白川渓谷駐車場登山開始→竹宇駒ヶ岳神社→尾白川渓谷周回路分岐→笹ノ平分岐→刀利天狗→五合目→13:50七丈小屋 (テン泊)

9/9 5:15起床→6:50下山開始→竹宇駒ヶ岳神社→11:50尾白川渓谷駐車場 <ピストン>

c-IMG_3382.jpg

9/7
全国的に雨模様だが、甲斐駒ヶ岳や麓の山梨県総社市辺りの天候は曇り予報。雨のち曇りを期待して出発。
だが、道の駅はくしゅうに到着したタイミングで雨が降り始める。駐車台数多くほぼ埋まっていている、車で仮眠する

9/8
睡眠時間3時間だが長丁場につき5時起き。雨は止み雲が多いものの晴れ間も見える。尾白川渓谷駐車場へ移動。雨が降ったり止んだりし始める。こちらも駐車台数は10台を超えており出発準備中の人も見える。人気のコースだと見て取れる。ほぼ林間である事と晴れ間も現れる為、曇りへの天候展開を信じて私達も登る事を決める。朝食を取った後、閉店している店の軒先を借り荷造り。雨の様子を見ながら出発タイミングを見計らったので計画より遅い6:50出発となる。駐車場から神社へ向かう地点すぐ左に登山ポストがあり登山届を入れ、神社へ進む。
c-IMGP7499.jpg


神社では左側から社を回り奥へ進むと左手に吊橋。渡ると登山道になる。
c-IMGP7500.jpg


c-IMGP7501.jpg


登り始めて20分程で尾白川渓谷周遊路分岐。ここは、事前の現地情報で熊やスズメバチへの注意があった為、さっさと通り過ぎる(現地は看板で注意書きもあり整備が行き届いている)。その後、緩やかな登りが続くが、長丁場に加え、レインウェア着用。暑さ等のバテを考え、30分程ごと休憩を入れながらゆっくり登る事とする。初回の休憩中、後から来た外国人男性含む3人パーティにFさんが本日のゴール地を尋ねると、甲斐駒ヶ岳山頂を越え鋸岳へ向かう六合目避難小屋まで行くとの事。タフな話しである。その後も、単独の方や数人パーティに追い越されつつも私達はマイペースに笹ノ平分岐まで登る。天候は小雨が降ったり止んだり、強く降ったりと雨模様継続。笹ノ平分岐からは追い越しされた方々と抜きつ抜かれつの繰り返しとなる。皆、登りの連続で暑くなりペースダウンした様だ。笹ノ平分岐からは八丁登りで急登。11:00刃渡りを通り、樹林帯、鎖場を越え、梯子を上り刀利天狗(刃渡りはしっかりした足場で鎖も設置、見た目ほど恐怖感なし。
c-IMGP7512.jpg


c-IMGP7514.jpg


刀利天狗は祠あり。祠に向かって左手に休憩可能な大き目スペースあり)。この頃には天候は曇りに。刀利天狗から登り、下りを経て五合目小屋跡へ。
c-IMGP7519.jpg


進行方向を向いて右側へ回り込むと古屋義成翁の肖像銅版がつけられた大きな石(岩室?)あり。五合目小屋跡から更に下り鞍部へ着くと、目の前に屏風岩。長い梯子がかかっている。この後、鎖つき岩場と数回の梯子を経て七丈小屋へ。ここまで何度も顔を合わせている方々と自然に「お疲れ様でした!」の声を交わす。テント設営し、濡れた体を休ませると同時に雨が降り始める。食事中も弱く強くの降りを繰り返す雨。18時就寝。
c-IMGP7524.jpg


9/9
就寝時間中ずっと雨。結構強く降っていた。朝3時も雨につき5時起床へ変更。朝食中にかなり小雨となるが、携帯で秋雨前線の状態を見ても停滞状態。更に強い雨が来る可能性も否めず。一回だけだが稲光も。登頂しても景色はなく、下山も濡れた岩場・鎖場・梯子の通過を考えると、今回は無理をせず、登頂は諦め下山を選択する。雨の中、テント撤収し6:50下山開始。
c-IMGP7529.jpg


c-IMGP7532.jpg


屏風岩の下の鞍部に到着する頃には曇りとなるが、結構強く風が吹いていた為、登頂していたら強い風にあっていたと想像。ただ、強い風のお陰で雲が流れ、空から鳳凰三山の地蔵岳が顔を見せる。一瞬でその姿も隠されてしまうが、その後下山を続けていると、黒戸山の稜線で地蔵岳が現れ、その後ろに富士山がくっきり顔を出す。景色は諦めていたが、ほんの少しだけでも拝めてテンションが上がる。下山の歩を進め刃渡り8:44。既に何人ものトレイルランナーや軽装のピークハント登山者とすれ違う。八丁登りを下り、笹ノ平を過ぎ、長い下山のゴールは目前。ドロドロになった靴などの汚れを落とす為、吊橋手前で河原に降り泥を落とし、11:50尾白川渓谷駐車場へゴール。既に下界は晴れていたものの、山頂を見るとガスに覆われていて、その姿は拝めず。

今回は残念にも雨で抜群の景色も登頂も叶わずでした。山行に思う様に行けていないAさんには酷な事となりましたが、Fさん、Aさんのお陰で私にとっては、なんだか疲れも感じず楽しく登山ができました。
「もう黒戸尾根はいいわ」と呟いていたFさんも、「軽装でピークハント当日日帰り、最悪小屋泊まりやったら行けるな!次はそれで計画してみっ」と。その言葉、記録しました。次はこれで決まりです(笑)。
この様な天気の中、同行頂き、本当にありがとうございました。          

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/708-5af02f80

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する