Entries

2018.09.17 地蔵岳正面壁 加古川~紅稜会ルート

何度も通って見ている地蔵岳。正面から見ると圧倒的な威圧感に押され、とても人が登れる様なルートが通っているとは信じがたい。真っ直ぐに垂直に切り出された大岩壁。見れば見るほど溜息しか出ない、困難な登攀になりそうな予感がした。

c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 006



早朝の景色
c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 002


c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 009



前夜に集合し、東屋6時歩きだし、7時前に取り付きに着く。
7時15分、加古川ルートに入って行く。巧みに逆層をついていき、アブミを出して慎重に登って行く、40m右に確保点を見つけ1ピッチ終了。
逆層の上、ホールドが細かく、時より出てくる薄被りの処理が難しくセカンドはAOで登った。以外にピンはしっかりしており、ピンは豊富であったのが救われた。5.10C
c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 014


c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 016


2ピッチ目。オフセットクラックが頭上に走りピンが豊富に見えたので安心したが、実際登ってみると簡単ではない。5.9  20m
c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 017


c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 018


3ピッチ目。中央バンドトラバース Ⅲ 10m
c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 021


4ピッチ目。頭上の白い凹状フェースがルートの核心であるが、ピンが連打されているのでアブミの架け替え作業を淡々と熟せれば、途中クラックも交え人工登攀が楽しめる。
長いピッチで薄被りもあるので腕力が必要だか、心配していたピンの腐食はあまり見られなかった。A1  35m
c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 022

5ピッチ目。脆い岩、草付チムニーを快適に登り地蔵岳山頂直下に突き上げる爽快なルート。Ⅳ 20m

11時45分終了。あれだけ緊張していた正面壁。登り終えてみればピンの腐食も少なく、ピンも豊富で、落石も少なく、最近では珍しく、イメージ通りの登攀が出来ました。このルートに関しては再来してみたいと思う気持ちになりました。
c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 030

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/709-e0b86206

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する