Entries

2018.09.22-24 屏風岩東壁 雲稜ルート

北アルプス、涸沢に行く道中に否でも応でも眼に飛び込んでくる屏風岩、日本国内最大、高さ 600m、幅 1,500mの、垂直の1枚岩壁で日本を代表するビックウォールの一つである。急俊で手がかりに乏しい花崗岩が長い間、登攀不可能とされ、その歴史は意外に浅い。その東壁 初登ルートを狙います。

c-P9230116.jpg


c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 100




9/22 雨。午後から雨があがり天気が回復する予報。車内で遅くまで仮眠し、10時上高地に入る。上高地インフォメーションセンターでは、企画展示「見て!触って!どうぶつ展」が開催されていて雨が上がるまで見物する。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 004


10時30分歩きだし、横尾を通り過ぎ13時50分渡渉点。ここ2~3日の長雨の為、川は増水し急な流れが我々の行く道を憚る。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 016


上流に木が倒れ跨いで行けば行けそうな気がするが失敗すれば激流に呑み込まれ、恐らく救助は不可能だろうと思わせる。
c-P9220074.jpg



本谷橋まで歩き、対岸に渡りまた戻ってくる事を思案する、延々続く藪漕ぎを考えると3時間はかかりそうである。
行くか行かないか、3人で話し合い、ここで指を咥えて見ているよりやってみようと意見一致で行動開始。
途中で雲稜ルートを確認する。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 019



15時10分本谷橋。横の小橋は今にも流されそうだ。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 021


右岸に渡り延々藪を漕ぎ16時50分、およそ3時間をかけようやく対岸に渡った。3人の行くぞと言う強い意志が、誰もやらない、なかばクレージーに思える行動に移せた強いチームワーク作業であった。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 022


c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 025


本来の予定では初日に登攀を開始し、途中でビバーグ予定だったが、日の入り時刻が迫っており今日は対岸に渡った場所でビバーグとした。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 026


9/23 4時50分歩きだし。暗い中、ガレ場の1ルンゼ押し出しを登高し、5時40分T4尾根取り付き。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 031


一番乗りに取り付いた。後方を見ると続々人が上がってきた。後で話を聞くと全員が危険な丸太木を渡って来たそうだ。見た感じ15名は居る。
6時 緊張の中、登攀開始。
1P 30m Ⅳ+ クラック沿いに登る。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 036

高度感が出てきた。
c-P9230095.jpg


c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 042


2P 40m 5.7 かぶったカンテから左の凹角。
岩は薄らと濡れ、フリクションが効かなく、角の丸い岩肌の登攀は、アプローチと言えども決して簡単ではなかった。一旦コンテに変更し土のルンゼを100m移動する。
3P 20m Ⅲ+ チムニーを超えT4テラスに着く。テラスはツエルトが3つ程張れるスペースがある。空は青空、絶好のクライミング日和であった。
ここから雲稜ルートに入って行く。
4P 50m 5.7 クラックから凹角 35m登った所にハングがあり少し手強い。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 053


c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 058



5P 40m 5.9 ピナクルからフェースを登りルンゼ。
登りだしてすぐに右側に大きく回り込みリード者が見えない。声で確認すると、「ここ難しいです」と返答があった。行ってみるとホールドが細かい傾斜の強いフェース、私はAOで突破した。登り終えると扇岩に到着する。

6P 35m 人工ライン エイドクライミング ホールドがほとんどない垂壁、アブミで登って行く。
年代を思わせる古いリングボルト、リングが無くなり2mmの細引きで補強してあるランニング、今にも切れそうな腐食したシュリンゲ、無くなったリングの穴に恐らくホームセンターで購入し加工して作られた思うネジのついたランニングと多種多用のランニングが続く。時折、全体重をかけて落ちないかと思うピンもあり緊張する。後方を見ると高度感が半端ない。ヌンチャクが無くなりそうだったので、途中何度が間引いたが、30m登った場所で15本のヌンチャクが底をついたので信頼のないピンであったが終了点とした。
c-P9230116.jpg

c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 068


7P 20mアブミ+8mトラバース 5.10a 緊張のアブミはまだ続き、今にも剥がれそうなフレークに体重をかけバンドに乗り上がる。幅15cmほどのトラバース道に入る、高度感満点で簡単ではあるがとても緊張した。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 080


8P 30m Ⅳ 凹角 ここから東稜ルンゼに入って行く
9P 40m 5.8 ルンゼ状スラブ 濡れていてグレード以上に難しい
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 092


10P 30m 5.8 ルンゼ状スラブ 草付きが滑って悪い
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 094


11P 40m 泥の中のルンゼ よく滑る
14時10分 大テラス 登攀終了。
ここから藪に突入。30分で着くと思ったがかなり時間がかかった。
16時 屏風ノ頭 この辺りの紅葉が素晴らしい。
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 100


16時20分 屏風ノ耳 ここでようやく一般道と合流する。
涸沢方面
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 110


前穂高岳北尾根
c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 111


c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 113

途中で水がなくなり、沢水を飲み18時45分徳沢に戻る。

徳沢でビールを購入しまずは乾杯。一泊の予定で来たので食料はほとんど無かったので非常食をあてに旨いビールを飲む。
小さなツエルトに大人3名、シュラフもマットもなく、寒くて二日目の夜も寝むれなかった。
夜、息苦しくて起きたら呼吸困難になっていた。濡れたツエルトで内部が酸欠状態になっていたようだった。

9/24 5時すぎに徳沢を後にし、7時上高地。7時30分の始発に乗り込み平湯に戻った。

岩場に一番に取り付けた事、いつもの練習通りにスムーズにこなせた事、いいチームワーク、最高の天気に恵まれた事がいい結果に繋がりました。
思いで深い一本となりました。



関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/712-16e9ac9f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する